閉じる
尾  瀬

1998年(平成10年) 7月13日(月)-14日(火)


コース・タイム
 7月13日(月)
   宇都宮(4:00) ⇒ 御池駐車場(7:00)
     御池駐車場(7:15) → 段吉新道分岐(9:20) → 三条の滝(8:50) → 赤田代休憩所(昼食11:00-40) → 
       → 見晴(12:30) → 竜宮(13:00) → 牛首三叉路(13:50) → ヨッピ橋(14:40) → 東電小屋(15:00 泊)
 7月14日(火)
     東電小屋(8:15) → ヨッピ橋(8:30) → 竜宮十字路(9:00) → 下田代(9:30) → 沼尻(11:30) →  長蔵小屋(昼食12:30-13:30) → 沼山峠(14:40)
   沼山峠(15:30)  ⇒ (バス) ⇒  御池(16:00)  ⇒  宇都宮(19:30)

同行者
 キクさん夫妻,チコ

7月13日(月)

 宇都宮を発って,尾瀬御池 までは比較的順調だった。キクさんが運転する車に乗せてもらった。
 御池に近づくに従って雨が強くなってきた。天気予報を信じ雨カッパを持ってこなかったことが悔やまれた。当時は,山歩きを始めたばかりで, 当然に持ってこなければならないレインウエアさえ持たないで出かけてしまった。 御池駐車場の車の中で朝食を食べた。雨は依然として強く降っていた。
 雨の中を,こうもり傘を差しながら出発した。はじめのうちは道も良く,傘を差しながらでも特に問題はなかった。


 シボ沢の吊り橋も,傘を差して渡った。

 ほぼ予定通りのタイムで段吉新道分岐に到着した。

三条の滝 までは傾斜がきつく,水たまりもあり,たいへんぬかるんでいた。歩行面を雨水が流れ難儀した。

 滝への下り坂でチコが滑って右手を強打してしまった。幸い,歩けないほどではなかったが,傘をさしながらの歩行は危険だった。


 三条の滝は水量も多く,轟音をとどろかせていた。

 雨は強弱を来り返しながらも,依然降り続いて いた。赤田代の休憩所で昼食をとった。


 この後,雨は小降りになった。尾瀬ヶ原を一周 して東電小屋に向かうことにした。
 湿原には,ヒメシャクナゲのピンクの花や, オゼソウの白い花,トキソウ の赤紫の花などが咲き,十分に楽しませてくれた。竜宮の小さな池塘にはヒツジグサ の小さな花が咲いていた。5センチたらずの白い花だった。三叉路の近くではゼコウホネ が黄色い花を付けていた。ニッコウキスゲもまだ咲き残っていた。


 竜宮小屋の前のベンチで休憩



 尾瀬ヶ原一周は平坦な木道歩きだったが,思ったより距離があり,足が痛くなった。




 東電小屋に宿をとった。
 小屋は混雑していたが,4人で個室を与えられた。きれいな小屋で,食事もよく快適だった。
 フロもあったが,疲れて身体を動かすのもおっくうだったので,入らなかった。
 乾燥室 があり,靴とズボン,シャツを乾かすことができ助かった。夜半には雨も上がり,月が顔を出していた。


7月14日(火)

 午前4時,窓を開けると,尾瀬ヶ原 をすっぽり包んだ霧の上に,満月に近い月が煌々とと輝いていた。しばし,時を忘れ,寒さを我慢して窓を開けて見入っていた。
 やがて,霧の上に浮かんだ至仏山 に朝日が当たり,輝いてきた。夢のような光景だった。


 小屋の朝食を食べ,出発した。昨日通った道だったが,再度 ヨッピ橋に戻り,竜宮 を通って下田代へいくことにした。


 今日は,昨日とはうって変わって良い天気だ。 尾瀬に飼育する希少種の ナガバノモウセンゴケの群落が見られた。


 ニッコウキスゲが,昨日の雨粒に濡れていた。


 快適な木道歩きだった。ヒツジグサ が咲いていた。


 トキソウ
 カラマツソウ


 竜宮から見晴 に向かうと,正面に燧ヶ岳の雄姿が見えた。


 見晴から尾瀬沼 に向かった。白砂乗越への登りがかなりきつかった。


 ヘリが木道工事用の資材を運んでいた。


 長蔵小屋売店前のベンチ で昼食をとった。
 キクさんが持っていったバーナーで湯を沸かし,カップ麺 を食べた。とても美味しかった。私たちもこれからは,バーナーとカップ麺を持って山歩きしようと思う。
 たっぷり時間をかけて昼食を食べ,沼山峠に向けて出発した。

 沼山峠 からのバスの時間が心配になり,少しペースを上げた。お陰で,発車時刻の30分以上も前に着いてしまった。
 バスの乗客は5〜6人,予約者は私たち2人を含めて3人だった。シーズン中は 予約なしでは希望した時刻に乗れないこともある という話を聞いていたので,電話で予約したのだが,その必要はなかった。

 ページトップへ