閉じる
鬼 怒 沼

1998年(平成10年) 10月4日(日)


コース・タイム
 宇都宮(5:00) ⇒ 女夫淵駐車場(7:00-朝食)
  駐車場(7:35) → コザ池沢(8:20-30) → 八丁ノ湯(8:55-9:05) → 日光沢温泉(9:25-30) → 滝見台(10:10-20) → ベンチ(10:50-11:00) → 鬼怒沼(11:50-昼食-12:50) → 滝見台(14:00-10) → 日光沢温泉(14:40) → 八丁ノ湯(15:00-10) → 駐車場(16:20) 
 女夫淵駐車場(16:40) ⇒ 宇都宮(18:50)

同行者
 キクさん夫妻,妻

 朝5時少し前に玄関を出た。外はまだ暗い。オリオン座が真南に見えた。季節の移り変わりを感じる。
 5時ちょうどに キクさん夫妻 が到着。キクさんの車に乗せてもらい出発。5時半になってもまだ薄暗い。 小百 の辺りで道に迷っている頃,陽が昇る。
 女夫淵温泉駐車場 に着いたのは7時,所要時間2時間。途中ラジオをつけたら,和歌山の保険金殺人事件の容疑者が逮捕されたニュースを流していた。 私は車酔いをしてしまい,つらかった。車には慣れているのだが,他人の運転する車に乗せてもらうと,よく車酔いする。
 駐車場で朝食を済ませ,7時35分出発。朝の冷気が心地よい。鬼怒川沿いに進み,吊り橋を渡って巻道を登りだす頃は汗が噴き出 してきた。すぐに上着を脱ぎ,Tシャツ1枚になった。
 巻道は高いところを通っており,登り下りがきつい。帰りに疲れた足でここを登らなければならないことを考えると少々憂鬱。


 以前(30年以上前)には,河床を歩いた記憶があるが,今は通れないようである。そのころ,この道は,洪水で度々流されたが, 最奥の日光沢温泉まで,生活物資を運ぶジープ(当時の唯一の四輪駆動車)が通っていたため,そのたびに修復されていた。修 復されるまでの期間,巻道として使われていたのが,現在の道である。帰りに分かったことだが,河床の一部は,現在も一部分 は通れるようであった。(上流部分の半分くらい)
 今回,靴は,この春に購入したダナーのトレッキングシューズを止めて,使い古したミズノの革靴を使った。靴ひもは少しゆるめで 歩いてみた。往路の登りは,これで全く問題なかった。ズボンはニッカボッカ。
 日光沢温泉 まではややペースを速めてみた。休憩を含めて標準タイムで通過できた。
 日光沢温泉からは,急登になるため,ペースを落として進んだ。しかし,休憩を除けば標準タイム内で登れた。(日光沢−鬼怒沼間, 標準タイム125分,かかったのは140分,内休憩20分)
 オロオソロシの滝


 ベンチ


 傾斜が緩くなると,突然に湿原に飛び出す。中程まで進んで振り返ると,湿原の向こうに 奥白根山


 鬼怒沼 はさすがに人は多く,ベンチは満席だった。しかたなく木道に腰を下ろして昼食にした。


 風が冷たく,上着とヤッケを着たが,手がかじかむほどに冷たかった。バーナーで湯を沸かし,カップラーメンを食べた。 ラーメ ンもすぐに冷めてしまうほど気温が低い。早々に鬼怒沼を後にした。
 鬼怒沼からの下りは, 日光沢 まで110分(標準95分), 八丁ノ湯 まで20分かかった。さすがに,疲れたのか足取りが重い。 八丁ノ湯から駐車場 までは70分(標準80分)かかった。
 紅葉はまだだったが,好天に恵まれ,快適な山行だった。

ページトップへ