閉じる
行 道 山

1998年(平成10年) 11月28日(土)



コース・タイム
 自宅(9:15) ⇒ 行道山駐車場(10:30)
  駐車場(10:40) → 寝釈迦(11:11) → 石尊山(11:25) → 毘沙門堂(11:55) → 4等三角点ピーク(昼食12:15-42) → 両崖山(13:20) → 鏡岩広場(13:42) → 織姫神社(13:55)
 織姫神社(14:00) ⇒(タクシー)⇒ 行道山(14:19-25) ⇒ 自宅(15:40)

同行者
 チコ

 今回のハイキングは,反省 させられることがたくさんあった。まず第1に食料の準備 である。ガスコンロを持ったので,昼食はカップラーメンを作って食べることとし,他には用意しなかった。 ところが,稜線は風が強く,危うくコンロが使えないところであった。今回はどうにか湯を沸かすことができたが,当然のこととして, コンロが使えない状況も考えに入れておかなければならない。2番目は,汗拭きの タオルを忘れてしまった ことである。汗といえども馬鹿にはならない。天候が急変すれば体温の降下につながることもある。
 今回は,ハイキングということで,準備も当日の朝にするなど,甘く見ていた。 実際,コースは易しく,逃げ道もいくつか有り,人家も近いことから,危険や不安は感じなかったが,よい教訓となった。

 行道山は,足利の市街地の北部に位置し, 浄因寺がある。ちなみに, 「行道山」は山の名前ではなく,浄因寺の「山号」である。 栃木県の名勝第一号に選ばれた景勝地で,岩壁に囲まれた境内は,山形県の「山寺」を思わせる。急傾斜の石段を登り詰め, 境内脇からハイキング道に入った。とてもよく整備されている。境内から少し登ると, 涅槃台があり,長さ50cmほどの 寝釈迦像 がある。かつて盗まれたことがあったとかで,いまはコンクリートで固定してあった。ここからの見晴らしはすばらしい。 自動車で登ってきた道がよく見えた。
 石尊山 の山頂も見晴らしがいい。ベンチがあり,先客が休んでいた。駐車場にはあまり自動車が無かったが,歩いている人はけっこう多かった。 天気は良かったが,時折強い風が稜線を吹き抜け,「ゴーッ」と音を立てていた。
 毘沙門堂 は,剣が峰から下って車道に出たところにあった。大きなお堂で驚いた。車道を少し歩き,再び山道に入って少し登ったところが, 4等三角点のピークである。この少し先の灌木の陰で昼食にした。時折風が強くなり,コンロの火が消えないかと心配したが, 何とか湯を沸かすことができ,カップラーメンを食べることができた。寒い中,温かなラーメンはやはり美味しかった。 先が長いので早々に切り上げ,先を急ぐこととした。

 両崖山 までは,小さな上り下りが連続する道で,階段状によく整備されている。両崖山は 足利城のあった址で,石垣などが残っている。両崖山から 鏡岩展望台 までは,岩の露出した明るい尾根道で,快適だった。鏡岩展望台では,南方がよく開け,眼下に渡良瀬川,遠くには利根の流れが白く光っていた。 富士山の姿を求めて目を凝らしたが,見つけることはできなかった。
 織姫公園 から織姫神社を通って国道50号線に出た。 駅に向かって少し歩いたところでタクシーを拾い,車を置いた浄因寺まで戻った。(タクシー代\1180)

 ページトップへ