筑 波 山

期日 1998年(平成10年) 12月12日(土)
 


コース・タイム
  自宅(7:05) ⇒ キクさん宅(7:55) ⇒ 筑波山神社駐車場(8:40)
     駐車場(8:52) → 休憩(9:35) → つつじヶ丘(10:00-10) → 休憩所(10:42-49) →
        → 女体山頂(11:22-27) → 男体山頂(12:00) → 昼食(12:20-13:10) →
        → 御幸ケ原(13:34) → 男女川(14:00) → 神社(14:37)→ 駐車場(15:00)
  駐車場 ⇒ 高根沢温泉(入浴) ⇒ キクさん宅(夕食) ⇒ 自宅

同行者
 キクさん夫妻,チコ

 自宅発7時ということで,朝は少しゆっくりできた。前回(足利行道山)の反省を踏まえ,準備は前日にしておいた。寒さがどのくらいなのか分からないので,何を着ていくかが決めにくかった。私は,行動中は汗をかくのでシャツにして,寒いときは薄いコートを着ることとした。なお,フリースの上着はザックに入れて持っていく。朝のうち寒いのでフリースのチョッキを着ていた。妻はシャツを2枚着ていたが,歩き出してから1枚脱いだ。
 駐車場から
つつじヶ丘までは,樹林帯の中のゆるい登りの巻き道で,高度差はあまりない。相変わらずヒノキやスギの植林地が多かったが,アカカシなどの常緑の広葉樹も混じり,高山の樹林帯とは趣を異にしていた。夏には良い木陰を提供してくれるだろうが,冬には薄暗く冷気が厳しい。長くのびた霜柱が融けずにそっくり残っていることから,気温の低さを確認した。
 
つつじヶ丘には大きな駐車場があり,筑波山スカイラインの終点になっている。ここから女体山頂の直下までロープウエイが通じている。
 つつじヶ丘からは,岩付きの灌木地帯で,一気に展望が開ける。駐車場からは急斜面につけられた階段道で一気に高度を稼ぐ。風もなく天気はいいが気温は相変わらず低く,日陰の霜柱は形を保ったままである。汗が噴き出してきたが気分は爽快,快適な登りだった。
 中程の
休憩所(売店)で甘酒を一杯買い,2人で飲んだ。筑波山のバッジを買ったが,後でもっといい物を見つけまた買うことになる。
 女体山頂は神社の脇のほんの小さなスペース。三角点標識にタッチして,写真を撮り,直ぐに出発。女体山と男体山の鞍部を「御幸ケ原」ということなどすっかり忘れていた。御幸ケ原には山麓からケーブルカー(地上ケーブル)が通じていて,多くの人がいた。
 昼食は,男体山頂を周回するハイキングコースの中程にある東屋でとった。今年1年間の山行の無事を感謝し,山の神に御神酒を供えた。

 今回の山歩きでは,最後尾を歩いた。気分的にはずいぶん楽である。ペースを作ってしっかり登るような場合には,先頭もそれなりに歩きいいものだが,ハイキング程度の場合には,交代で先頭を歩くようにしたい。
 帰路,高根沢の温泉に入り,キクさんの家で夕食をごちそうになり帰宅した。

ページトップへ