閉じる
太 平 山

1999年(平成11年) 2月21日(日)


コース・タイム
 自宅 ⇒ 六角堂駐車場
  駐車場 → 六角堂(10:37) → 太平山神社(11:00) → 太平山 → ぐみの木峠(11:23) → → 晃石山神社(11:54) → 晃石山頂(昼食 11:57-12:35) → 大中寺(13:30) → 駐車場(14:15)
 駐車場 ⇒ 自宅

同行者
 チコ

 19日午後に降った雪がどのくらい残っているかを心配しながら,体慣らしのため 太平山 へ出かけた。
 六角堂からの「あじさい坂」 には,心配したほどには雪はなく,石段の半分ほどをわずかに覆っていた。歩き始めていきなりの石段急登をスローペースでスタートした。 しかし,中程にある 「随神門」辺りまで登ってくると,かなり息も上がってきた。


 太平山神社の右側の「晃石山ハイキングコース入口」 の標識からコースに入る。コースはよく整備され,大人二人が並んで歩けるくらいの幅があり,傾斜も緩い。 雪は,所々に残っていたが,じゃまになるほどではない。


 「富士山浅間神社」 の標識があったが,これをパスし,巻き道のコースをとった。これが太平山の頂上だったことは後で気が付いた。 と言うわけで,太平山の頂上はパスし, 晃石山に向かった。
 ぐみの木峠で,大中寺 に下る道を分け,晃石山 を目指す。日陰の雪が多くなり,風が急に冷たくなった。尾根歩きの途中で,開けた場所があり,行ってみるとそこは パラグライダーのテイクオフポイント だった。南方面が開けており,見晴らしがよかった。 晃石山神社 は立派な社殿があり,境内にはベンチなども整備されていた。先客が大勢おり,賑わっていた。
 晃石山頂 へは,境内から登って数分。見晴らしは良くない。頂上の西よりの窪地で昼食にした。 強い風が2度ほど吹き抜けていったが,それ以外は穏やかで,暖かかった。よく見ると,木々の芽が膨らんできている。春は近い。


 晃石山から清水寺 へ下る予定だったが,その道が工事中で通行止め。やむなく,その脇に付けられている踏み跡を下ってみることにした。 このみちは,パラグライダーをする人たちが作った道らしく,山麓の林道におりることができた。
 林道を更に進み,大中寺 にでる。30年以上も前にきたことがあるが,そのころと比べて,本堂や周囲の建物など,殆ど変わっていない。
 大中寺から,謙信平 へ行ける道があったのだが,いまは通れないようだ。遊歩道を歩いて謙信平 へ向かう。この道が遠回りで,30分以上もかかった。遊歩道は大平少年自然の家 の少し上で車道にでた。車道を少し下り,歩道を下り六角堂 に戻った。
 帰路,車で再び謙信平に行った。駐車場に車を止め,謙信平を散策。南方面の見晴らしがよく, 新宿の高層ビル群や,横浜みなと未来地区の高層ビル群も眺められた。古賀志山から見るのに比べると,ずいぶんと近くに見える。



 謙信平には,山本有三の文学碑がある。



 ページトップへ