閉じる
西 ノ 湖 - 高 山

1999年(平成11年) 4月29日(木/祝)


コース・タイム
 自宅発(6:15) ⇒ 竜頭の滝駐車場(7:20)
  駐車場(7:37) → 朝食 → 赤岩(8:35) → 千手ヶ浜(9:22) → 西ノ湖(10:05-18) → アザミ橋(10:38) → 弓張峠(11:24) → 小田代(11:35-43) → 高山登山口(11:58) → 鞍部(12:27) → 高山頂上(13:09-昼食-14:00) → 竜頭の滝(14:50) → 駐車場(15:00)
 竜頭の滝駐車場(15:10) ⇒ 自宅(16:30)

同行者
 妻

 今朝の宇都宮の夜明けは「雨」  妻は不機嫌顔で 「行くのー?」と聞く。 「山の天気は行ってみないと分からない」と出発。
 西の空が明るいのがせめての救いだが依然として雨は降っている。 いろは坂では「霧」。でもこれは 好転の証であることを私は知っている。
 案の定,中禅寺湖畔 では雨も上がり,道路は乾いている。
 竜頭の滝駐車場 に着いて,外に出てみると非常に寒い。身支度を整え,とにかく歩き始めた。少しすると朝日が射してきた。 太陽の恵みは偉大である。暖かみが全身を包み,前途への希望を与えてくれた。
 昨年秋に来たときにも朝食を食べた, 赤岩の少し手前の見晴の良いところ で朝食とした。アカヤシオ が咲き始めていた。蕾が大きく膨らみ,そのうちのいくつかがほころび始めていた。


 中禅寺湖の対岸には黒檜岳 が見えた。


 いつも写真を撮る,栃窪のオオヤマザクラ の下で記念撮影


 千手ヶ浜 までの道は,前回よりずいぶん短く感じた。辺りは静まり返っており,湖岸の道では誰にも遭わなかった。
 千手ヶ浜から 千手の森遊歩道 を歩いた。全く静かな道で,2組の二人づれに出会った他は,シカの親子連れ以外,誰にも遭わなかった。
 西ノ湖 は静まり返り,誰もいなかった。 水量は,前回よりは少なく,前回後ろから見た看板も 前から見ることができた。
 西ノ湖から 小田代原 までは舗装道路を歩いた。遊歩道を歩いても良かったのだが,足元が心配だったので舗装道路にした。
 小田代原 に着いたが,天気も良く,時間にも余裕があったので, 高山に登ることとした。
 登山口 から小鞍部までは20分あまりの行程だが,徐々に傾斜が出てくる道を,平地歩きのペースで歩いたため, 鞍部の手前でばててしまった。
 昼食を待てずに,おむすびを1個食べたら元気が出た。 小鞍部から急斜面の登りになったが,明るい樹林帯の登りで,快適だった。変化があり,楽しい登りだった。


 頂上で昼食 とした。ゆっくり時間をかけて,のんびりした。下りは50分ほどで 竜頭の滝 の橋のたもとに下った。足元もよく,天気も良かったが,北風だけが異常に冷たかった。

 ページトップへ