閉じる
太 平 山 - 岩 舟 山

1999年(平成11年) 5月2日(日)



コース・タイム
 自宅発 (7:10) → 西川田(7:22) ⇒(東武電車)⇒ 栃木(7:55) ⇒(バス)⇒ 國學院(8:10)
  六角堂(8:20) → 太平山神社(8:44-9:06) → 太平山頂(9:02-06) → ぐみの木峠(9:20) → 晃石山頂(9:55-10:01) → → 桜峠(10:31-35) → 馬不入山(11:08-12:22) → 車道(13:10) → 高勝寺(13:37-44) → 岩舟駅(14:11)
 岩舟(14:21) ⇒(JR電車)⇒ 栃木(14:40) ⇒(東武電車)⇒ 新栃木(14:55) ⇒ 西川田(15:23) → 自宅(15:35)

同行者
 チコ

 せっかくの連休なので,どこかに出かけたいと考えていたが,有名な行楽地はどこも交通渋滞が心配され,結局 電車で行ける「太平山」にした。

 栃木駅からは「國學院」 行きのバスに乗った。六角堂の少し手前で降ろされたが,それほど遠い距離ではない。
 六角堂は,六角形の面白い建物だ。

 いつ登っても,太平山神社 までの石段はきつい。特に,最後の数十段は息が切れる。石段の脇には,「ニリンソウ」 の白い花が咲き残っていた。「シャガ」 もきれいな花を咲かせていた。「アジサイ」 はいっせいに葉を広げ始めていたが,花が咲くのはもう少し後になる。その他, 「オドリコソウ」「ムラサキケマン」 も,野草にしては華やかな花を咲かせていた。
 
太平山神社

 神社の右脇からハイキングコースに入り,前回パスしてしまった太平山頂 までゆっくりと登った。山頂は城跡で,「浅間神社」 が祀ってあった。今日の全行程で,足元には,「チゴユリ」 が小さな花を咲かせていた。また,「ヤマツツジ」 も多くはない花を咲かせ始めていた。

 ぐみの木峠を過ぎ,晃石山頂 までは前回通ったコースだ。

 晃石山頂から桜峠 までは,小さな起伏のある尾根歩きで,気持ちの落ち着くコースだ。
 気温が上がってきたのか,登りではかなり汗をかいた。しかし,木陰ではさほどではなく,かいた汗が冷えて寒くさえ感じられた。 桜峠の手前の急坂は, 道の中央に木の手すりが設置してあるという珍しいもので,かなりの急勾配だった。
 桜峠から馬不入(うまいらず)山 までも,道のりはかなりあったが,起伏は少なく,息を切らすほどのものではなかった。 馬不入山頂はコース随一の眺望が得られるとのことで期待していたが,南西方向の見晴らしが多少良い程度で,がっかりした。 もっとも,今日はかすみが強く,遠方は殆ど見えなかった。
 峠近くの登山道脇で昼食にした。いつも通り,お湯を沸かし,カップラーメンをたべた。冬の寒さの中で食べるラーメンほどではなかったが, かなり美味く感じた。更にコーヒーを湧かして飲み,昼食に1時間以上も費やした。
 グレープロードから岩舟山高勝寺 までの登りは,舗装道路のつづれ折りの坂道で,暑さをもろに受け,苦しかった。 35年前にきたときは,たしか,尾根伝いに高勝寺まで行けたはずだった。高勝寺は山体を削り取られ,無惨な痛々しい姿をしていた。
 高勝寺南面の石段を下り,JR両毛線の岩舟駅から,栃木で 東武電車に乗り換え,西川田 に着いたのは3時30分少し前だった。

 ページトップへ