奥 白 根 山

期日 1999年(平成11年) 7月10日(土)
 


コース・タイム
 宇都宮(5:20) ⇒ 金精峠 ⇒ 菅沼(登山口)(6:40)
   登山口(6:53) → 弥陀ガ池(8:40-55) → 奥白根山頂(10:10-28) →
     → 避難小屋(11:35-51) → 前白根山(12:25) → 五色山(13:11) → 弥陀ガ池(14:03-10) → 登山口(15:30)
 登山口(15:50) ⇒ 金精峠 ⇒ 自宅(17:00)


同行者
   チコ

 天気予報では午前中は晴れで午後から雲が多くなると言うことだったが,朝の空は秋のように澄み渡り,刺すような陽射しが照りつけていた。
 天気は,
奥日光に近づくにつれ,ますます良くなり,登山口で見上げる空には雲は見られなかった。登山口には既に30台ほどの車が駐車しており,意外と多いことに驚いた。以前に来たときにはこれほどは無かったような気がするが,あるいは,時間が前回に比べてやや遅いためかも知れない。日焼け止めクリームをしっかりと塗って出発した。
 いくつかのグル−プと前後しながら登った。私たちはゆっくりと歩くので,後から追いついたグル−プは追い越していったが,結局はそういうグル−プは休憩が多く,また,追い越すことになった。
弥陀が池まで標準タイム2時間10〜20分のところを,1時間50分で登ったのだから,決して遅くはなかった。久しぶりのきつい登りに,しっかり汗をかいた。
 弥陀が池では日陰で休憩したが,直ぐに汗が冷えて冷たくなった。それだけ気温が低いということだ。朝食は車の中でサンドイッチを食べてきただけだったので,空腹を我慢しここまできた。おむすびを1個ずつたべた。
 弥陀が池周辺の
シラネアオイは全滅で,その葉さえ確認できなかった。それにひき換えオオハンゴンソウの進出はすさまじく,登山道の周囲では至る所に見られた。

 弥陀が池から奥白根山頂までの登りはさすがにきつい。一歩一歩ゆっくり登った。奥穂の「ザイテングラード」によく似ているので,リハーサルのつもりで,浮き石を落とさないよう注意しながら登る練習をした。
 高度を上げるにしたがって,
燧ガ岳至仏山会津駒ヶ岳平が岳などが見えてきた。足元には,弥陀が池,菅沼,丸沼,五色沼,湯の湖などが見える。ハクサンシャクナゲ(薄いピンク)やキバナシャクナゲ(薄い黄色)が咲き始めており,気持ちを和ませてくれる。 
 奥白根山頂は混雑していた。写真を撮り早々に後にした。避難小屋への下り口で休憩した。避難小屋へ下りる道の脇の砂礫斜面で何かの写真を撮っている人がいた。もしかと思い行ってみると,そこにはコマクサが咲いていた。幾株かが散在し,固まって咲いている所もあった。何度か奥白根山には登ったが,コマクサを見たのは初めてだった。以前は無かったように記憶している。
 避難小屋へ下る道で,紫色の濃い
ヤマオダマキがたくさん見られた。そのほか,白い花の「シロバナヘビイチゴ」や黄色い花の「キジムシロ」のような花がたくさん見られたが,正確には分からない。

 前白根山の山頂は,砂礫の露出した丸い頂で,ここからの奥白根山の姿は絶品である。しかし,奥白根山頂は,背後の群馬県側から湧き出している雲のため日陰になり,鮮やかな輝きはもう見えない。

 下山にストックを使ったが,確かに足への負担は軽くなる。
 新調した妻の靴も調子がいいようだ。


ページトップへ