谷 川 岳

期日 1999年(平成11年) 9月11日(土)
 


コース・タイム
 9月10日(金)
  宇都宮(自宅) ⇒ 高崎(Sさん宅)
 9月11日(土)
  高崎(Sさん宅)(3:55) ⇒ 関越道 ⇒ 土合(ロープウエイ土合口駅)駐車場(5:20)
   土合口(6:00) ⇒(ロープウエイ10)⇒ 天神平駅(6:18) →熊穴避難小屋(87:12-17) → 天狗岩(7:50-8:06) → トマの耳(8:54) →
    → オキの耳(9:19-10:52) → 天狗岩(11:53) → 熊穴避難小屋(12:33) → ロープウエイ天神平駅(13:10) ⇒ 土合駅(13:40)
  駐車場(14:00) ⇒ 水上 ⇒ 奥平温泉(新治村)(14:50-15:40) ⇒ 月夜野 ⇒ 前橋 ⇒ 高崎(Sさん宅)(17:00)
 9月12日(日)
  高崎山周辺 (護国神社 → 野鳥の森 → 染料植物園 → 百衣観音 → 護国神社)
  高崎 ⇒ 駒形 ⇒ 桐生 ⇒ 足利 ⇒ 田沼 ⇒ 葛生 ⇒ 西方 ⇒ 自宅


メンバー 
 Sさん夫妻,チコ

 高崎に住むSさんから,明日,谷川岳に登ろうと誘いがあった。Sさん宅に泊めてもらうことにして,前日午後に宇都宮を発った。
 4時には出発したいと言うことで3時過ぎに起床。軽く食事をして4時5分前に出発。外は霧雨が降ったりやんだりの中を,
関越道を一路北へ。夜が明けるにしたがって,空は明るくなって来たが,依然霧雨か霧の中で,近くの山肌さえ見えない。
 
土合のロープウエイ駅に着いたが,空模様ははっきりしない。ロープウエイ駅の前には,マイクロバスが止まっており,若い人たちのグル−プが集まっていた。
 駐車場の6Fの入り口は閉じている。入口がどこか探して,少し戻って建物の1Fの入り口へまわって,やっと駐車できた。

 ロープウエイは6時始発というので,時間は十分にあり,ゆっくり身支度を整えた。早めに駅に行き,6時始発の先頭のゴンドラに乗った。先ほど駅前にいた若者のグル−プは姿が見えない。ロープウエイを使わないで,西黒尾根を登るのだろう。
 
ゴンドラがスターとするとまもなく霧の中に突入。何も見えない。天神平に近づくと,少し霧が開け,西黒尾根からラクダのコブがチラッと見えた。案外,上はいい天気なのかも知れないと淡い期待を持ったが,天神平でも視界は数百メートル程度しかなかった。
 とりあえず雨は落ちていないので,雨具は付けずに歩き始めた。
天神平からの登山道はよく整備されている。木道が渡してあり,熊穴沢避難小屋までは特に問題もなく到着できた。古い地図では,天神平−熊穴避難小屋間の標準タイムは1時間30分となっていたが,最近の地図では40分となっている。多分,登山道が整備され,時間が短縮されたのだろう。
 熊穴避難小屋で,登山道の刈り払いをするという人にあった。今年
西黒尾根の道を全部刈り払ったそうだ。昨年まで,西黒尾根は草が覆い被さっており,登山者が少なかったのが,今年刈り払いをしたことで,西黒尾根を登る人が急増したとのこと。そのほかいろいろな話を聞いたが,今日の天気はあまり期待が持てないということも聞かされた。残念だが仕方ない。
 10人ほどのグル−プが追いついてきたので,出発した。ここから
天狗岩までがきつい岩場の登りとのこと,覚悟して登った。
 
天狗岩で雨がぱらぱらと来たので,雨具を付けた。これは正解だった。間もなく雨がひとしきり降った。天狗岩で雨具を付けている間に,先ほどのグル−プに追いつかれてしまい,かれらの後になってしまった。しかし彼らは,降り出した雨の中で立ち止まり雨具をつけなければならず,その間にグル−プの前に出ることができた。
 
天狗岩から肩の広場までの登りは,傾斜は急ではなかったが,結構きつかった。直下の登りは,幅広いガレをジグザグに登るもので,浮き石も多く,ルートも取り辛かった。
 
肩の小屋は見間違えた。確かに18年ほど前に登ったときには,もっと大きな小屋で宿泊できる営業小屋だったが,小さな無人の避難小屋になっていた。ガイドブックによると6年前の1993年に立て替えて今のようになったのだそうだ。天神平からの登山道が整備され,日帰りが可能になったため,小屋の必要性が無くなったためと想像される。
 トマの耳には三角点があり,地図ではここが谷川岳山頂となっているが,実はオキの耳の方が約7mほど高い。(トマノ耳1963.2m,オキの耳1977m)どちらにも「谷川岳山頂」の標柱が立っている。

 霧の晴れ間を求め,
オキの耳に1時間以上も留まった。その間にほんの数回,一ノ倉岳茂倉岳トマの耳などが姿を現してくれた。このような天気では,これで満足しなければならないのだろう。眺望は次回の登山に期待して下山にかかった。
 オキの耳周辺にはあまり人がいなかったが,トマノ耳や肩の広場周辺には,驚くほど多くの登山者がいた。やはり,谷川岳の人気の高さには感心した。正午近い時間なのに,まだまだ登ってくる人が多くいる。
 ロープカエイ天神平駅では,靴を洗うための水道とブラシが用意してある。(安達太良山でもそうだった)売店などが,泥靴で入るのをいやがっているのだろう。これは,登山者にとってもいいことだ。
 売店でバッチを買った。


 今回の登山は,実動,登り3時間,下り2時間20分の合計5時間20分程度で,標高差も約600mと,軽いものだった。次回は,ロープカエイを使わずに,西黒尾根を登りたい。西黒尾根の登りは標高差1100m,4時間半ほどの登りとなる。

ページトップへ