閉じる
庚 申 山

1999年(平成11年) 11月7日(日)


コース・タイム
 宇都宮(7:30) ⇒ 銀山平かじか荘駐車場(9:20)
  駐車場(9:30) → 一の鳥居(10:40) → 鏡岩(11:20) → 昼食(11:50-12:35) → 一の鳥居(13:20) → 駐車場(14:15)
 駐車場(14:20) ⇒ 宇都宮(16:20)

同行者
 チコ

 今日の天気予報はあまり良くない。今回は庚申山荘 まで行くことを目標に,朝はゆっくりと出発した。
 自宅を出たのは7時半。昨年,庚申山へ登ったとき(11月3日)より2時間遅い出発だ。 日光バイパスは混んでいるだろうということで, 粕尾峠を越えて足尾に入った。さすがにいつもと違い車が多い。随分とゆっくり走ったので, 銀山平 の駐車場に着いたのは9時20分だった。前回は気が付かずに,かじか荘でトイレを借りたのだが, 駐車場の少し手前に公園があり公衆便所もあったのでそこで用を済ませた。
 少し上にある登山者用?の駐車場は満車だったので,かじか荘の前にある駐車場 に車を止め,身支度して出発した。登山の出発としては遅い時間だったので,歩いている人はあまりいなかった。 年輩者のグル-プが何組か休んでいたが,ゆっくりと追い越し先に進んだ。
 車道は大きくカーブしながら急傾斜で登っていく。少し進んだところで振り返ると,銀山平 が見渡せる。かじか荘の建物と,その奥の 公園が見える。


 上空を覆っていた雲も少しずつ切れ始め,対岸の頂に朝日が当たり始めた。 紅葉は,陽が当たるとその輝きを増し鮮やかに自己主張を始める。

 昨年もすばらしい紅葉を見せてくれたここのモミジは,今年も鮮やかに輝いていた。今日の目的は登山ではなく, 紅葉見物なので,この段階で目的の半分くらいは達成できたことになる。

 妻の体調があまり良くなく,ゆっくり歩いたので,一の鳥居 まではちょうど70分かかった。周囲の紅葉を見ながら楽しく歩いた。
 一の鳥居からは徐々に傾斜が出てきたが,それでも鏡岩 までは楽な登りだった。

 鏡岩から夫婦蛙岩 を過ぎ,庚申山荘 の少し手前まできたところで今日の登りはこれまでとし,ここで昼食にした。
 バーナーでインスタントラーメンを作り,それぞれを二人で分けて食べた。コーヒーも湧かして飲んだ。
 時折雲が切れて陽が射してくる。予報よりは随分といい天気になった。

 秋から冬にかけてはこんな山歩きもいい。先を急がず,ゆっくりと自然の中に浸るのもこんな季節だからできるのかも知れない。
 下りは,駐車場まで2時間かかった。
 宇都宮への帰路も,粕尾峠を越えたが,さすがに交通量が多く,なれない車は,すれ違いに苦労していた。
 宇都宮まで約2時間かかった。

 ページトップへ