閉じる 
古 賀 志 山

1999年(平成11年) 11月27日(土)


コース・タイム
 自宅(10:00) ⇒ 赤川ダム駐車場(10:30)
  駐車場(10:35) → 北登山口(10:50) → 東稜コース → 東陵見晴(11:55-13:05) → 昼食 → 富士見峠 → → 北登山口(13:50) → 駐車場(14:05)
 赤川ダム駐車場 ⇒ 自宅

同行者
 チコ

  ちょっと風邪気味で,23日(火)の勤労感謝の日は自宅でごろごろしていたが, かえって状態が悪くなったようだったので,今日は,軽く散歩程度に歩いてみることにした。
 10時に自宅を出て,赤川ダム駐車場 着10時30分。10時35分に歩き出した。北登山口 から,5月のときに下ってきた東コースを,今日は逆に登ることにした。

 登山口からの急登を少し登ると稜線に出る。登山口からの僅かな距離,植林の杉林が続くが,直ぐに雑木や灌木となり,明るくなる。

 杉林はいつも薄暗く,陰鬱であるが,冬の時期は特に嫌いだ。特に,冬は葉を落とした雑木林が明るくていい。
 このコースは尾根伝いの道であり,ツツジなどの灌木が多く,気分が明るくなる。 ちょうどツツジの葉が真っ赤に紅葉し,アクセントを添えている。

 コブを一つ越え,南を通っている道路への分岐のある鞍部の杉林を抜けると,ひと登りで岩場の下に着く。

 ここが,このコース一番の難所で,登るにも下るにも難儀する所である。ロープが下がっているところが2カ所あるが, いずれも,明確な足がかりが無く緊張させられる。しかし,崖の高さも低く,周囲に灌木が生えているので,恐怖感はない。 穂高や谷川岳に比べるまでもなく,楽しみながら通過した。
 二番目の崖を登ると直ぐに東陵見晴台 に着く。登り口から65分。富士見峠をまわるコースと時間的には同じである。
 相変わらず,見晴台は賑わっていた。筑波山 がやっと見える程度で, 富士山や新宿の高層ビル群 は霞んでいて見えない。北方の眺めは良かった。 高原山 の4つのピークが全部見える。


 男体山から大真名子 小真名子 女峰 赤薙山 へ続く表連山は一部雲が懸かっている。男体山の左となりに雪をかぶった白根山 が見える。双眼鏡で覗いたら,南側のガレ場付近に筋状に雪が着いていた。今年はまだ雪は少ないようだ。男体山にも雪は見られなかった。

 いつもの場所で昼食にした。このあいだ購入したヤカンで湯をわかし,カップ麺を食べた。袋入りのインスタント麺のほうが旨い。 コーヒーも飲んだ。1時間ほど居て,下山した。富士見峠を廻る,中尾根コースを下るのは初めてだったが,思ったより長く感じた。

 赤川ダム湖畔のモミジの紅葉が始まっていた。ここは四季折々けっこう楽しめる。

 帰宅し,タイヤをスタッドレスに取り替えた。 まだ雪は降りそうにないが,12月2日に仕事で益子,茂木に行くので,念のため取り替えた。

 ページトップへ