閉じる
古 賀 志 山

2000年(平成12年) 2月13日(日)


コース・タイム
 自宅(10:00) ⇒ 赤川ダム駐車場(10:35)
  駐車場(10:41) → 北登山口 → 東尾根(11:07) → 東陵登山口分岐(11:34) → 東陵見晴(12:01) → 西ピーク(12:40-13:52) → 南登山口(14:35) → 駐車場(15:08)
 赤川ダム駐車場 ⇒ 自宅

同行者
 チコ 

 2週間ぶりの古賀志山 である。10時半過ぎに駐車場に着いたが,駐車場は満車状態で通路の空きスペースを見つけて車を止めた。ダムの反対側に大勢集まっており, スピーカーで何か言っていた。関係者らしい人がいたので聞いてみると,ある地区の 学童野球のマラソン大会 が行われるらしい。天気もいいので,山に登っている人も少なくないだろう。
 前回(1月30日)と同じく,北登山口から東陵見晴 へ直登するコースをとった。やや余裕ができて,周囲を見ながら登ることができた。尾根の東端へ登ったところで一休みし,水を補給した。 すると,直ぐ近くに何か花が咲いているのをチコが見つけた。
 マンサク だった。前回登ったときに,他の登山者が「マンサクが咲いている」と話していたので,注意しながら歩いたが,そのときは見つけられなかった。 野生のマンサクは,庭木のそれと違い,花びらが細く小さく,花びらよりもガクの暗褐色が目立っていた。 注意してみるとそのほかにも周囲に数本の木が確認された。今回の山歩きの最大の収穫はコレだ。


 東陵見晴には,大勢のグル-プが昼食をとっていた。私たちは,東陵見晴から 山頂,御岳山を経て更に西に進んだ。
 赤岩岳 の隣のピークまで行こうと思ったが,空模様が怪しくなってきたので少し手前で引き返した。 ここまで来るとパラの基地がよく見え,頭上を通過するパラに声をかけたら手を振って応えてくれた。


 御岳山 の山頂直下で昼食にした。ガスコンロのガスが残り少なく,ラーメンが作れるか心配だったが,結局ラーメンを作り, コーヒーまで湧かすことができた。しかし,もう残りは僅かだ。新しいガスコンロを買うか,ガスボンベを買うかしなければならない。
 昼食後山頂まで引き返し,直接南登山口に下るコースをとった。 途中には雪は無かったが,舗装道路の日陰になる部分には雪が残っていた。
 赤川ダムの西にある梅の木のなかで1本だけ特に早く咲く紅梅がある。昨年2月7日に来たときに2つ3つ花を咲かせていたので, 今日はどうかなと思って回り道をしてみたところ予想通り花をたくさん咲かせていた。春は確実に近づいている。

 ページトップへ