閉じる
半 月 山

2000年(平成12年) 10月28日(土)


コース・タイム
 自宅(5:55) ⇒ 大沢IC ⇒(6:35-渋滞-55) ⇒ 清滝IC ⇒ 歌が浜駐車場(7:15-朝食)
  駐車場(7:40) → 登山口(8:00) → 茶ノ木平(8:50-9:00) → 第二展望所(9:10) → 車道(9:45) → 狸山(10:06) → 第一駐車場(10:15-25) → 半月山(11:08) → 昼食(11:15-12:15) → 半月峠(12:25) → 狸窪(13:05) → 旧イタリア大使館公園(13:20-45) → 駐車場(14:00)
 歌ヶ浜駐車場(14:05) ⇒ 清滝(14:55) ⇒ 大沢IC ⇒ 古賀志 ⇒ 自宅(16:15)

同行者
 妻

 紅葉時の日光殺人的な交通渋滞と混雑 になるため,もう10年以上も敬遠していた。今回は,多少の渋滞は覚悟しながらも比較的穴場的な 中禅寺湖南岸 を訪れた。朝は,早ければ早いほど渋滞からは逃れられるが,6時頃に家を出れば,大丈夫と判断して出かけた。天気は良く, 日光道路からは朝日の当たる 表日光連山 が間近に見られた。 女峰山南面の岩場 も岩ひだがはっきりと眺められた。日光道路を走る車の量は多く,終点の 清滝IC の少し手前から渋滞が始まった。
 ある程度の混雑は予想はしていたが,さすがに驚いた。 細尾大橋 脇の交差点信号まで続いており,普通なら4〜5分の所を20分かかった。その先の 「いろは坂」 では順調に流れていが, 明智平 の駐車場には多くの車が入っていた。紅葉は,いろは坂が真っ盛りというところで,下の方ではまだ緑色の葉も多く残って いたが,登るにしたがって色づいた葉が多くなった。しかし,急激な寒さのせいか,葉の周囲が縮れるように枯れて いる葉も多く,鮮やかさにおいては今一歩だった。
 中宮祠T字路 の少し手前から, 歌が浜 に抜ける近道がある。この道の途中に,茶ノ木平への 登山口 があるので確認しながら, 歌が浜駐車場 に向かった。ここは大きな駐車場で,トイレなども完備している。早朝なのに ほぼ満車状態 だったが,車の出入りが多く,前の車が出た後に停めることができた。ここまで来れば,あわてることはないので,車内で ゆっくり朝食をとり,身支度をして出発した。さすがに外は気温が低く寒い。
 駐車場から 男体山 を望む。


 いま,車で来たを戻り, 登山口 を目指した。立木観音前の食堂では,早朝にも関わらず 「朝食あります」 の看板を出し,店を開けていた。
 登山口からの登りは,丸太の土留めを兼ねた階段で,歩きづらいが一気に高度を稼ぐことができる。登山道はよく整備さ れており,通行する人の多さを示している。しかし,その大半は, ロープウエイで登った観光客が,下りに利用するもの と思われた。途中,お客をたくさん乗せたゴンドラが登っていった。しっかりした登りで,体は十分に温まり, 茶ノ木平 に着く頃には汗をかいた。登山道には落ち葉が積もっていた。この標高になると,紅葉の時期を過ぎ,落ち葉の時期になっ ていた。
 茶ノ木平 の標高は1599m, 中禅寺湖 の湖面が1269mだから,320mほど登ったことになる。 圧底のブーツにミニスカートの娘さんも含め,観光客は多かったが, それでも予想したほどではなかった。
 茶ノ木平の展望所は  第一第二 も樹木が多く,足元を見下ろすことはできなかった。湖岸から突きだした 八丁出島 だけは,紅葉最盛期の美しい姿を見せてくれた。


 右方に見える 男体山 も,中腹から上は葉を落とし,冬の姿になっている。
 遠くには 奥白根山 の姿が見えたが,まだ雪を被っては居ないので, 白嶺(シラネ) にはなっていない。


 尾根筋の道は,冬の里山のようで,心和む雰囲気がある。 第二展望所 の先では,観光客は居なくなり,登山者もまばらになった。しかし,山の雰囲気は明るく,寂しさや陰鬱さはない。結局, 何組かのグル−プと前後しながらコースを歩くことになったが,煩わしさはなかった。上空では,徐々に薄雲が広が りはじめ,日光を遮りだした。陽が陰ると急に寒くなる。樹間ではあまり感じなかった風も,開けたところでは強く, 寒かった。低気圧が西にあるせいか,今日の風は南風だったが,とにかく寒かった。
 半月山頂 は見晴は良くなかった。


 少し先の 展望台 では,スカイラインの第二駐車場から来た観光客も含め,混雑していた。プロのカメラマンとおぼしき人が,大型のTVカ メラを構え,天気が良くなるのを待機していた。


 昼食をとる場所を探したが,なかなかいい場所がなかった。南側の開けたところは眺望が良いが,風が強く寒い。
 展望台の少し先の林の中で昼食とした。風が冷たく,レインウエアの上を着て,熱いスープを飲んで,やっと人心地がつ いた。熱いコーヒーを飲んでゆっくりしてから出発した。依然として寒く,レインウエアを着たまま出発した。
 しばらく歩いて, 半月峠 から北斜面に入り,南風が当たらないようになり,やっとレインウエアを脱ぐことができた。
 狸窪 (むじなくぼ)から 歌が浜 に向かって15分ほど歩き,今月はじめに開館した, 「イタリア大使館別荘記念公園」 を見学した。明治中期から昭和初期にかけて, 中禅寺湖畔 は,各国の大使館や多くの外国人の別荘が建てられていた。この建物は,平成9年まで歴代の イタリア大使 が,夏の別荘として使用していたもので,栃木県が復元改修し公開したもので ある。 杉皮で葺いた天井など, 貴重なものを見ることができた。また,部屋からの眺めは最高で,歴代の大使がこの地を愛した理由が分かるような気がした。
 駐車場 に戻ったのはちょうど14時。直ぐに出発したが,大鳥居のT字路が混雑しており,なかなか右折できない。左折してバイ パスの方に廻ったが,ここも混雑していた。いつもだが,鳥居から華厳の滝駐車場入り口の間は混雑している。ここ を過ぎれば,比較的スムースに流れる。今日も,その後は速度がやや遅くなったぐらいで,流れていた。清滝から日 光道路に入る車は意外と少なく,日光道路は空いていた。

 ページトップへ