清 水 平

期日 2001年(平成13年) 6月9日(土)
 


コース・タイム
 宇都宮(自宅)発 (5:00) ⇒ 駐車場(6:31)
   駐車場(7:00) → 峰の茶屋(7:55) → 朝日の肩(8:28) → 清水平(9:00-30) → 峰の茶屋(10:30) → 駐車場(11:35)
 駐車場発(11:50) ⇒ (寄り道)⇒ 自宅(16:20)

同行者
    チコ

 昨年の同時期(6月10日)にシャクナゲが満開だった清水平に,今年も行ってみようと言うことで,計画していた。2日前に梅雨入りが宣言されたばかりで,好天は望めないものと覚悟していたが,午前中は降らないという予報が出ていたので,早めに下山することで早めに自宅を出発した。
 曇天ながら,雲の厚みもまばらで,薄日も射してきた。
田原(たわら)街道から新上平(うわだいら)橋を渡り,大宮に入った。新上平橋は3月17日に開通したばかりの新しい橋で,通るのは今回が初めて。新上平橋の開通に伴って旧上平橋は取り壊されるらしい。旧上平橋は,(多分)私が小学校1年生の時,祖母に連れられてその開通式のお祭りに,肘内(旧大宮村肘内)から歩いてきた記憶がある。橋のたもとで道が直角に曲がり,その所にあったお店で「かき氷」を食べさせてもらったことをはっきりと覚えている。橋の寿命は約50年だったことになる。そのときにできたのは北側の部分で,幅が狭く,今では普通車同士でもすれ違うのに苦労する所だが,当時は,今のように自動車が普及することなど予測できなかったのだろう。南側の,幅がやや広い部分は,後になってから作られたもので,それまでは,河原の上を通っていた。
 大宮から矢板に抜け,関谷から広谷地那須街道に出た。走っている車は少ない。天気は,雲は多いが降るような気配はない。
 
峠の茶屋駐車場に着いた。駐車場に停まっている車も多くはない。眼下に雲海が広がっている。



  朝食を食べ,身支度をして出発した。雨の心配は今のところ無い。灌木帯の登りでは,ベニサラサドウダンが赤い花を咲かせていた。

 色が薄く,濃い色の筋が目立つのはサラサドウダン


 同じ様な釣り鐘状の花を付けるウラジロヨウラクは,まだ蕾の状態だった。

 ヤマツツジは満開を少し過ぎていたが,柔らかな朱色の花をたくさん付けていた。
 灌木の根本には
マイヅルソウの群落があり,蕾をたくさん付けていた。マイヅルソウの花は,白い粟粒のような花でとても可憐だ。


 灌木帯を抜けると,道の左右に白い花が塊まって咲いていた。「イワカガミ」だ。よく見ると,イワカガミの花には3色ある。最も多く見るうすいピンクの他,白い花と僅かだが赤に近い濃いピンクの花がある。このイワカガミの葉の形が通常のイワカガミと異なっていたので,帰ってから図鑑で調べた。これは,ヒメイワカガミという種類で,イワカガミと比べて,葉の周囲の鋸歯が大まかなことが特徴である。


 峰の茶屋に近づくと,右側に朝日岳が見えてくる。


 峰の茶屋では多くの登山者が休んでいたが,私たちは通過して先へ進んだ。昨年来たときには剣が峰を巻いた所に雪渓が残っていたが,今年は1mほどの小さなものになっていた。今年は雪が少なかったようだ。
 
朝日岳分岐を左にとって,清水平に向かった。まだ時間が早いせいか,人は少ない。
 熊見曽根の分岐を巻く道まで来るとシャクナゲの花が目に入ってくる。ピンクのとてもきれいな色だ。アズマシャクナゲだと思うが,はっきりは分からない。昨年来たときには,斜面のいたる所にシャクナゲが咲いていたが,今年は少ない。時期的に早いのか遅いのか分からないが,咲いた跡も,蕾も少ないことから,今年は花付きが少なかったのかも知れない。
 道ばたに小さな ミツバオウレン」の白い花が咲いている。清水平では雪解け水が浸みだし,少しずつ低い方へ向かって流れている。

石の間に咲いているのはフジハタザオ

  清水平でコーヒーを入れて飲んだ。昨年は,ここから見た熊見曽根の頭の斜面には,錦織のように,淡いみどりの中にピンクの塊が散在していた。今年は,まばらにしか見えない。


 帰路,咲き詰める
ヒメイワカガミの近くに腰を下ろし,大自然に包まれた,静かながら贅沢な時間を過ごした。こんなにも満ち足りた時間は経験したことがなかった。

ページトップへ