閉じる
女 峰 山

2001年(平成13年) 7月14日(土)


コース・タイム
 宇都宮発(4:40) ⇒ 光徳駐車場(トイレ) ⇒ 志津乗越駐車場(6:05)
  志津(6:22) → 馬立(7:37) → 水場(9:00-20) → 唐沢小屋(9:42-47) → 頂上(10:35-40) → 帝釈山(11:30-12:10) → 富士見峠(13:08) → 馬立入口(14:09) → 志津(15:10)
 志津乗越(15:25) ⇒ 光徳駐車場(トイレ) ⇒ 宇都宮(自宅)(17:45)

同行者
 チコ

 気象庁から関東甲信地方の梅雨明けが発表され,ここ数日真夏日が続いている。天候は安定し,登山日和である。予定した 槍ヶ岳登山を2週間後に控え,足慣らしのために 女峰山に登ることにした。

 女峰山には,今までに2回登っている。最初は, 昭和38年6月 ,19歳の時だ。同行者は,2歳年下の弟。本格的な山登りなどしたこともなく,ただ,登りたいという気持ちだけの登山だった。 日光市の和の代にある兄の家に泊めてもらい出発したのが5時15分。そこから 裏見の滝を経由して,イズラ峠 からモッコ平を登り, 馬立から唐沢小屋 (無人)を経て頂上に至るコースだった。帰路は,黒岩コース を下り東照宮に降りた。頂上へ着いたのは11時。5時間と45分 かかった。裏見の滝から登り初めて間もなく,後ろから追いついてきた人がいた。精銅所の山岳部の人で,トレーニングのために登っていると言う。 私たちの様子を見かね,歩き方を教えるから付いてきなさいといって,山歩きの手ほどきをしてもらった。 このとき教えてもらったことは,今の山歩きの基礎になっている。

 2回目の女峰山登山は,翌昭和39年8月 。同行者は,前年一緒に女峰山に登った弟と,兄,それに私の友人1人を加え4人だった。コースは, 日光表連山*の縦走を予定していたが,初日は朝から強い雨のため 男体山の登山を断念して戦場ヶ原 から裏男体林道をあるいて 志津小屋(無人)に一泊。次の日には 大真名子山小真名子山 を縦走し,富士見峠から 帝釈山女峰山 を経由して,唐沢小屋に宿泊。三日目に 女峰山から赤薙山 を通って霧降 に下るコースだった。初日は朝から雨,二日目,三日目も,朝の内は晴れていたが,昼前から雨。とにかく 雨の中の三日間だった。

*「日光表連山」 (西から) 男体山,大真名子山,小真名子山,女峰山,赤薙山の5山を言う

 今回は,志津乗越(しづのっこし) まで車で入ったので,下から登るのに比べ,随分と楽になった。車は,更に約1km先の遮断機前まで乗り入れることができる。  志津乗越を出発したのは6時22分。早朝のせいもあり爽やかな空気の中を快適に歩いた。約15分ほど歩くと,自動車通行止めの遮断機があり, ここにも数台の車が停めてあった。

 馬立(うまたて)分岐までのほぼ中間地点で 野州原(やしゅうっぱら)林道との分岐に出る。 女峰山へはここを左手に折れて進む。直進する道は, 野州原林道を経て,日光市内の清滝 に通じている。もちろん,一般車は通れない。志津乗越 からここまでは緩い下り坂だったが,ここから馬立分岐 までは登りになる。ここまで来るとやっと女峰山 の姿が見えるようになった。

 しかし,なんとも遠い。 馬立入り口の少し手前の日陰で軽い朝食にした。ここで,後から歩いてきた7人ほどのグル-プに追い抜かれた。 このグル-プとは,頂上まで後先になって進んだ。 馬立分岐から右に下って荒沢を渡った所が 馬立だ。「馬立」とは,「馬返し」 と同じで,馬も立ってしまうほどの急坂という意味だ

 馬立 からの登りはさすがにきつい。ペースを落として進んだが,今日はあまり調子が良くない。足の疲労感がたまるばかりで,やけに荷物が重く感じた。 汗をたくさんかいたので,水分の補給はマメに十分行った。帽子が汗でびっしょりになり,つばの先から滴が落ちてくる。
 唐沢小屋の少し手前に 水場 がある。この水場の位置は昔と変わっていない。冷たい水が湧き出しており,のどを十分に潤した。

 馬立から唐沢小屋まで約500mほどの高度差だが,かなり堪えた。

 唐沢小屋は,古い小屋の隣に新しい小屋が建っていた。古い小屋には思い出がある。


 唐沢小屋から頂上 までは約45分でついた。灌木の間から突然という感じで頂上に飛び出す。

 女峰山は面白い山で,山頂の高度は2483m,しかし, 三角点のあるのは150mほど東に離れた小ピークで 高度は2463.5m である。周囲の山は雲に覆われ,何も見えない。天候の悪化が気になるので,早々と山頂を後にした。
 女峰山頂から帝釈山までの尾根道は, ハイマツ帯に付けられた雲上の散歩道 で,多くの高山植物も見られるすばらしいコースだ。

 ハクサンシャクナゲはまだ蕾も多く,これからもしばらくは楽しめそうだ。

 ミヤマダイコウンソウの黄色い花が風に揺れている。


 振り返って女峰山頂を望んだ。山頂の登山者が見える。


 ツガザクラは,小さいながら精一杯に花を広げていた。

  コメツツジ



 帝釈山頂 には6人のグル-プが昼食を食べていた。ここまで来れば,天気が悪くなっても何とかなるだろうと言うことで,私たちも昼食にすることにした。 相変わらず辺りはガスに覆われている。時折,ガスの切れ間から 小真名子山が望めたが,他には何も見えない。

 ホソバイワベンケイ


 ゴゼンタチバナ


 帝釈山頂から富士見峠 までは,まっすぐな下り。ところどころ大きな段差もあったが,概ね歩きやすい道だった。富士見峠に降り着く少し手前で, ギンリョウソウの透き通るような花を見つけた。


 だんだんと高度が下がってくるにしたがい,暑くなってきた 。吹く風の温度が違う。山頂の涼しさが懐かしい。 富士見峠 からは林道歩きだが,この付近は荒れており,河原と大差ない状態で,大変に歩きにくい。

 下ってくるにしたがい,徐々に歩きやすくなってきたが,雨が降り出してきた。レインウエアを着るほどではないので, こうもり傘を出して差した。雨はあまり強くならずに,程なく止んだ。
 富士見峠(2036m)から馬立入り口(1800m) を過ぎ,野州原林道の分岐(1683m)までは下りだが,そこから 志津乗越(1785m) まで約100mの登りとなる。この最後の登りがきつかった。体力を消耗した後の登りであり,足や関節の痛みが出てからの登りだったので, なんとも辛かった。最後は言葉も無く,黙々と足元を見て歩いた。
 志津乗越についたのは3時10分過だった。 約9時間 で一周してきたことになる。女峰山には特別の思い入れもあり,再度チャレンジしたい。

 ページトップへ