閉じる
黒 斑 山

2002年(平成14年) 3月24日(日)


コース・タイム
 3月23日(土)
   宇都宮 ⇒ 足利 ⇒ 伊勢崎IC ⇒ 高崎JCT ⇒ 藤岡JCT ⇒ 佐久IC ⇒ 高峰高原ホテル
 3月24日(日)
     登山口(8:47) → トーミの頭(10:46) → 黒斑山(11:04) → 登山口(12:23)
  ホテル(13:30)  ⇒ 軽井沢 ⇒  高崎 ⇒ 宇都宮(自宅)

同行者
    チコ

 毎年この時期には,別に暮らしている子ども達と一緒になり1泊旅行に出ている。その機会を利用し,一昨年は 岩戸山,昨年は金時山 へ登った。今年は子ども達の都合が悪くなり,夫婦二人の旅行となった。まず,どこに行こうかと行き先を探した。 少しの山登りができ,温泉のある宿で,あまり遠くないところというと,かなり条件は厳しくなる。この時期,高い山には雪が残っており, 簡単には登れない。と言って雪のない低い山で魅力的なところは数少ない。
 まず,宿を探した。温泉のある宿となると,意外と少ない。できれば山の中の静かな温泉宿が良い。いろいろ探した結果, 車山峠にある高峰温泉 に気持ちが動いた。高峰には2軒の宿がある。「高峰温泉」 「高峰高原ホテル」 だ。高峰温泉は車山峠から少し地蔵峠寄りに林道を進んだ所にあり,積雪期は車山峠にある 「あさま2000パークスキー場」 の駐車場に車を停め,そこまで雪上車で送迎する。一方,高峰高原ホテルは車山峠にあり,ホテルまで車で行ける。 スキー場の駐車場に車を放置したくないので,「高峰高原ホテル」を選んだ。電話で問い合わせたところ空室があるというので即予約した。 別に,予約金等は請求されなかった。しかしその後心配になったことがあった。信州の温泉宿についてインターネットや本で調べると, 「高峰温泉」は必ず紹介されているが,「高峰高原ホテル」の方はどこにも出ていない。もしかして温泉ではないかも知れない。実際には 天然温泉 だったのだが,ここに湧出しているのではなかった。「成分分析表」の中に「タンクローリーで移送後の・・・」とあり, 何処かから運び,沸かし直しているらしい。でも,24時間入浴可能であり,湧出温泉と変わりはなかった。
 当日は,まずホテルに直行し,一泊した翌日に黒斑山 に登ることにした。コースの状態にもよるが,念のため軽アイゼン スノーシューを持っていくことにした

3月23日(土)
 宇都宮から国道293号線で足利を通って伊勢崎に向かい「伊勢崎IC」 から北関東道路に乗った。ここから「高崎JCT」で関越道に出,「藤岡JCT」で上信越道に出る。道路は空いており,快調に進んだ。 このまま行ったら早く着きすぎるので,甘楽PA,横川SA,佐久平PAと,次々と休憩していった。 佐久ICを出たのは3時少し前,途中のコンビニで明日の昼食となるおむすびを買った。黒斑山に登るとすると1日行程となるので,昼食が必要になる。
 建物の間から浅間山が見えてきているが,車坂峠の方は雲に隠れていて見えない。峠に登る道の途中, 浅間山荘 への分岐で車を停め,休憩した。この辺りでもすでに雪は融けてしまい,残ってはいない。ここには 「浅間山登山口」 と書かれた大きな標柱が立っている。浅間山荘の奥に一の鳥居,二の鳥居などがあり,かつてはここが浅間登山のメインだったようだ。 昔は噴火口の縁までいけたのが,火山活動の活発化の影響を受けて, 火口から半径2km以内は立入禁止になっている。ところが,昨年7月,この 立入禁止区域が狭められ ,賽の河原付近への立ち入りが可能になった。しかし,まだ,中央火口丘への立ち入りはできず, 「日本百名山」でも浅間山の代替で黒斑山 が紹介されている。 
 標高が上がるに従って日陰に雪が残っているようになり,雪が舞い始めた。日陰の路面には融雪剤が撒かれている。
 車坂峠 の駐車場に着いたとき,丁度雲が切れ,陽が当たってきた。黒斑山に生えている木々が雪の衣をまとい,陽射しに輝いていた。


 気温は低く,駐車場の路面は日中に融けて流れた水が凍り付き,滑って危険だ。早々にホテルに入った。
 ホテルは,地下1階地上2階の3階建てで,私たちの洋室は地下1階。地下と言っても床面が窓の外の地面の高さなので,景色は見える。 もちろん1階2階の方が見晴しは良い。
 部屋の暖房が,小型のセラミックヒーターだけで,ちょっと寒かった。さっそく温泉に入ろうとしたが,浴室が大混雑で, 脱いだ着物を置く場所すらない。スキー客が,1人500円を払って,帰る前に入浴しているのだった。 私はそのまま部屋に戻り,浴場が空くのを待った。5時になったら,さすがにスキー客は殆どいなくなり,ゆっくり入れた。
 夕食が7時30分からと言うことでかなり待たされた。食事は2階の展望レストランで洋食のコース料理。 室内の照明を落とし,窓の外の夜景が楽しめるようになっている。私たちは窓際の席だったので, 眼下の佐久の街灯りが宝石のようにきらめいている のを見ることができた。気温が低いせいか,遠くの光が瞬いている。 窓の外には,相変わらず雪が舞っており,ライトアップの光にきらきら光っている。これも ダイアモンドスノー と言うらしい。朝夕などに太陽の光を受けると太陽の上下にきらきらと光る帯ができ, 「光柱現象」(サンピラー)と言うものが見られることもあるという。 地下1階の自分たちの部屋からも,窓際によって少し背伸びをすれば,街の灯りを見ることができた。外では雪が舞っている。

3月24日(日)
 全く雲一つない晴天の夜明け を迎えた。佐久の町並みを雲海が覆い隠している。徐々に周囲が明るくなり,黒斑山の肩から陽が射してきた。 外は真冬の景色だが,春分を過ぎた陽射しは力強い。  雲海の向こうには奥秩父の山が,その右手には 八ヶ岳 の山々が霞んではいるがどっしりとした姿を見せている。八ヶ岳は,その頂は雲が覆い,特徴あるスカイラインを確認することはできなかった。

 朝食は7時30分から。普通の和食で,ご飯をお代わりしてしっかりと食べた。
 身支度をして,宿を出たのは8時40分。宿泊客は次の日も自由に入浴できるという。黒斑から帰ったらまた入ろう。 フロントで黒斑山の状況を聞くと, 今は,スノーシュウは要らないが,アイゼンは必要 とのこと。どこまで行けるか分からないが,とにかくいけるところまで行こうと言うことで黒斑に向かった。

 私の服装は,下はいつものズボン,上は先日買った冬用シャツにフリースを着た。気温は低いが,寒さはさほど感じない。 陽射しの強さがカバーしているのだと思う。息を吸い込むとむせるようになるのは気温が低いからだ。
 登山口から少しの間は軽アイゼンを付けずに歩いた。しっかりしたトレース があり,足が潜るようなことはない。反対に,少し積もった雪の下は完全に凍り付いており,早々に軽アイゼンを付けた。 この軽アイゼンを付けて歩くのは初めてだが,4本爪だが思ったよりしっかりしており,滑りそうな斜面でもしっかりと支えてくれた。  しかし,アイゼンの取り付け方があまり良くない。靴の土踏まずの所にゴムベルトで取り付けるようになっているのだが, かかとの方のゴムがやや短いために張りが強く,歩いているうちに土踏まずからかかとの方にずれてしまう。布のベルトに取り替えた方がいい。 昨年,換えベルトを用品店で見かけたので探してみよう。
 少しずつ雲が出てきた。陽が陰ると極端に寒くなる。陽光のエネルギーを今更に感じた。風が殆ど無いのが救いだ。 登り初めて直ぐの車坂山のピークを下ったところで踏み跡が2つに分かれている。右の踏み跡は眼の前のピークを登っていき, 左の踏み跡は目の前のピークを回り込むように付いていた。左の踏み跡もしっかりしていたので,このコースはピークに登らずに巻く道だと判断して 左のコースを辿った。ところが,10分ほど緩い斜面を登ったところで,突然足跡が無くなった。雪が深く,そのまま進むことは無理と判断して引き返した。 「間違い道の方が踏み跡がしっかりしている」 ということを聞いたことがあるが,まさにその通りだった。間違い道では気づいたところで引き返すために,往復で踏み跡が付くのだ。 時間にして15分ほどのロスだった。

 ここからの登りは本格的な登りで,完全に凍り付いた急斜面をアイゼンを効かせながらゆっくりと登った。 もし滑ったら無事ではすまないだろう。緊張しながら慎重に登った。

 振り返ると,ホテル スキー場が遙か下に見えるようになった。シーズンも終わりに近づき,スキー客はまばらだ。

 高度が上がるに従って,水ノ塔山,篭ノ登山が見えてきた。


 四阿山は,両側に裾野を広げた雄大な山だ。

 赤ゾレの頭方向

 鞍部から浅間山 が姿を現した。山腹には木が生えていないので,パウダーシュガーを振りかけたデコーレーションケーキのようだ。

 槍が鞘には,浅間山が万が一噴火したときのために 避難壕が作られている。大きなかまぼこ状の施設で,赤黒い鉄板でできていた。

 さらに少し登ると赤ゾレの頭 といわれるピークに着く。たくさんの登山者が休んでいた。みんな,完全な冬装備で来ている。 アイゼンは10〜12本爪でピッケルも持っている。雪山に登るのならば,これくらいの装備は必要なのだ。

 ここまできて初めて浅間山 の全体が見えるようになる。みんながカメラのシャッターを切る絶景ポイントだ。

 トーミの頭

 ここからガレた急斜面を少し下って登り返すとトーミの頭 に着く。このコースは右側が深く切れ込んだ崖になっており,慎重に進まなければならない。

 トーミの頭から更に少し進むと黒斑山の山頂だ。


 正面の浅間山の右側には剣ヶ峰


 左には,足元から蛇骨岳,Jバンド へと続く外輪山の岩壁が望める。眼下には火口原の「湯の平」 が広がっている。


 写真を撮っているうちに,見る見るガスが巻いてきて浅間山の山頂を隠しだした。山頂で昼食にするはずだったが,天候の悪化が心配されるので, そのまま下山することにした。今朝は朝食をしっかり食べてきたので我慢できるだろう。
 斜面の下降には,登るとき以上に神経を使う。アイゼンがずれたので,直そうとしたが簡単ではなかった。 ゴムが固い上に手がかじかんで指先が言うことをきかない。やっとの思いで直して斜面の下降にかかった。 凍った急な斜面もなんとか無事に通過し,1時間半ほどで登山口に戻った。

 ホテルで温泉に入り,ストレッチで体をほぐした。ホテルの駐車場を出発したのは1時30分だった。 ソバの美味い店をホテルで聞き,そこに向かった。その店は,国道18号を軽井沢方面に走り,軽井沢に入って直ぐの所にあったが, 特別美味しいというものでもなかった。ここまで来てしまうと上信越道に入るまでもないので,18号線を高崎に向かった。 碓氷峠を下り,横川のドライブインで休憩し,高崎を経由して宇都宮の自宅にたどり着いた。

 ページトップへ