閉じる
石 裂 山

2002年(平成14年) 4月14日(日)


コース・タイム
 宇都宮(7:46) ⇒ 樅山 ⇒ 塩山 ⇒ 上日向 ⇒ 加蘇山神社(8:37)
  加蘇山神社(8:43) → 千本桂(9:15) → 中の宮(9:34) → 東剣ノ峰(10:17) → 石裂山(10:45-55) → 月山(11:05-12:15) → 竜が滝(13:06) → 加蘇山神社(13:27)
 加蘇山神社(13:33) ⇒ 宇都宮(14:45)
同行者
 チコ

 昨日は不安定な天気だったが,今日は,春特有の霞がかかった穏やかな日。遠く日光連山も,霞の中に見えている。
 今日は,石裂山(オザクサン) を目指して家を出た。1周3時間ほどのコースなので,朝もゆっくりと家を出た。途中の道も空いていたので,45分ほどで 加蘇山神社社務所まで行けた。ここの公衆トイレで用を済ませ,更に奥にある 駐車場 まで進んだが,ここで驚いた。なんと,駐車場がほぼ満車状態なのだ。 それほど人気のある山でもないだろうと勝手に判断して, こんなに登山者が多いことは考えてもみなかった。
 もともと石裂山は信仰の山で,全国にある オザク信仰の一つとしてかなり信仰を集めていたのだが,更にこの時期は, アカヤシオ の満開時期でもあり,近県からの登山者も多かった。何とか,空いているスペースに車を停め,身支度に取りかかった。

 今日は,今まで履いていた靴とは違う靴 を持ってきていた。この靴は,15年ほど前に,私の息子が学校のキャンプに行くというので購入したもので,革靴である。 サイズは同じなので私でも履くことができる。今まで1~2度履いただけで,しまい込んであった。 当時は,今のようなゴアテックス製の軽登山靴は無く,選択肢は,ビニル製のキャラバンシューズか革靴のどちらかだった。 後になっても履けるものということで,ビブラム底の革靴を買った。私には,靴底には一つのこだわりがある。どうしても 「ビブラム」でないと納得しないのである。
 私が初めて登山靴と言うものに出会ったのは学生の時だった。当時3000円のお金を持って「キャラバンシューズ」でも買おうと思い, 宇都宮市内の「オーハシ」という山靴専門店へ行った。3000円で買えるキャラバンシューズは有ったのだが, そこの主人の薦めで中古の革靴を買うことになった。靴の程度は良く,しかも,靴底を ビブラムの新品に張り替えて 3000円にしてくれると言う。その当時,ビブラムがどういうものなのかも知らず,「イタリア製で,ヨーロッパアルプスで鍛えられた靴底」 ということぐらいしか分からなかった。良いものなのだろうなという漠然とした期待感程度しかなかった。
 その靴はなかなかのくせ者で,容易に私の足にはなじんではくれなかった。その靴でいろいろな山を歩いたが, 山歩きは足にできるマメとの戦いでもあった。でも,その靴には絶対の信頼が持てた。 5年ほど履いていたが,寄る年波には勝てず, 現役を引退してもらった。
 次に買ったのが,「ミズノ」の軽登山靴 だった。価格は1万円で革靴だった。とても気に入ったのだが,底がビブラムではない。 そこで,1万円で購入したその軽登山靴をその場で「オーハシ」に持っていき,底を ビブラムに張り替えて もらった。張り替え賃が1万円だった。この靴は,それまで履いていた登山靴に比べると,とてもソフトで,直ぐに足になじんでくれた。 マメとの戦いにも終止符を打った。
 この靴は,20年以上 も私と行動を共にしてくれた。といっても,そのころは山歩きは年に1~2回程度だった。その代わり,手入れは良く行った。 山歩きをした後は,必ず 水洗いし,陰干しした後, 保革油をタップ塗って靴入れに 保存した。おかげで,20年以上立っても革は弾力性を失わず,十分な機能を果たしてくれた。しかし,この靴もさすがに痛みが出てきて, 水漏れがひどくなった。しかたなく,3年前の5月,現在履いている靴に履き替えた。現在履いているこの靴のことは,またいずれ書きたい。

 駐車場からすぐに山道に入る。道は良く整備され,歩きやすい。靴に違和感があるが,感じを確かめながら歩く。 道はスギ林の中の緩い上り坂で,沢に沿って歩くと,ほどなく 清滝に着く。

水は透き通っていてとてもきれいだ。道標も完備しており ,道のりが細かく表示してある。更に少し行くと休憩所のあずま屋 があるが,新しくきれいで感じがいい。
 中の宮を過ぎると突然岩場が現れる。長いクサリ場 だが,傾斜はそれほどでもなく,足場が確保できるので危険ではない。しかし,慣れない人にはかなりの恐怖感を与えるだろう。先日,この山で 滑落による遭難死者が出た。そのためか, 「警告」 の張り紙がやたらと目に付く。危険な岩場があるので,安易な気持ちで入山しないように呼びかけている。
 奥の宮 へは,長いハシゴを登らなければならないが,先客があり,待たされそうなのでパスし,先へ進んだ。


  ヒゲスリ岩



 危険な斜面には,真新しいアルミ製のハシゴや橋 が取り付けられており,安全にはかなり気を使っている。取り外した鉄製のハシゴがコースの脇に置いてあり,最近掛け替えられたらしい。


 岩場を過ぎ,草付きの斜面を登ると,カタクリ の可憐な花が出迎えてくれた。
 「東剣ノ峰からクサリ場の急斜面を降りて・・・」と案内書にあったが,クサリはアルミ製の頑丈なハシゴに交換されており, 難なく鞍部まで降りることができた。斜面を登り返すと 西剣ノ峰で,見晴台があったが,さほど見晴は良くない。更に少し下り,斜面を登り返すと 石裂山頂である。ここには三等三角点 がある。ここもあまり見晴しは良くない。昼食は隣の月山 でとることにして,早々に山頂を後にした。


 月山の山頂は満開のアカヤシオ に取り囲まれていた。時期的に丁度良かったようだ。今日の賑わいの原因がこれだったのかと改めて納得した。


 山頂からは日光連山が眺められた。 奥白根山 が真っ白な特徴ある形を見せている。近くの山は初めて見る形なので何という山なのか分からない。

 山頂では,既に多くの登山者が昼食を食べていた。休むのに良い場所を探したが,あまり広くない山頂に登山者が多く, なかなか良いところがない。 風が冷たいので,日なたを探してやっとシートを広げることができた。
 今日は天気も良く,登りではかなり汗をかいた。半袖シャツで歩いていたが, 立ち止まると寒くなる。 長袖のシャツを着て,その上からウインドブレーカーを着た。さっそくお湯を沸かし,ラーメンを作った。久しぶりに美味しかった。 2月に行った戦場ヶ原では,作ったラーメンが直ぐに冷めてしまったのだが,今日は最後まで熱く,美味しかった。食後にはコーヒーを湧かして飲んだ。 最近は,ちょっと贅沢だが,レギュラーコーヒーを持参している。ラーメンを作りコーヒーを湧かして飲むと, 1時間近い時間がかかるため, 時間に余裕がないとできない。近くの山歩きの場合は, できるだけゆっくりした時間を確保する ようにしている。山に登ることも楽しいが,山の中にいて美味しい空気を吸うことだけでも十分に楽しいのだ。
 久しぶりにゆっくりした時間を過ごし,下山にかかった。下りは靴の不具合がよりきつくなる。右の内側のくるぶしが靴に当たって痛い。 靴ひもの一番上を一つ外し,残りを少し締める事で少し楽になった。もう一つ,つま先で地面を蹴るとき,つま先の甲が折れて足に当たり痛い。 これは,どうにもできないから歩き方で工夫するしかない。この登山靴もなんとか面倒をみれば使えそうだ。 近くの山歩きで少しずつ履き馴らしていくことにしよう。

 ページトップへ