閉じる
吾 妻 耶 山

2002年(平成14年) 5月25日(土)


コース・タイム
 宇都宮(4:30) ⇒ 金精峠 ⇒ 沼田(6:38) ⇒ 駐車場(7:00)
    駐車場(7:26) → 大峰沼(8:01) → 大峰山(8:50) → 吾妻耶山(10::-11:15) → 大峰沼(12:30) → 駐車場(13:00)
 駐車場(13:10) ⇒ 金精峠 ⇒ やしおの湯(16:00-17:10 )⇒ 自宅(18:00)
同行者 
   チコ

 今日は早朝から良い天気だ。1週間ほど前から,どこに行こうかと考えた結果, 「谷川岳の展望台」」と言われる「吾妻耶山」 に行くことにした。他には,尾瀬なども候補に挙がったが,混雑を避けて吾妻耶山にした。 登山口までの距離は,尾瀬の方が(大清水にしろ鳩待口にしろ)短いが,初めて行く興味もあり, また,「東京付近の山」(実業之日本社)に紹介された吾妻耶山に 「行くなら,レンゲツツジ,シャクナゲが咲く5月」とあったことなどから決心した。
 宇都宮の自宅から,金精峠を越え,月夜野から入った登山口まで約150km。3時間半くらいかかると見て,4時半に出発した。 沼田から月夜野まで関越道を使い,2時間半で到着した。登山口には立派な駐車場があり,車が2台停まっていた。

 天気は良く,朝の冷気が心地よい。朝食を食べ,出発した。 今日のコースは,高低差はあまりなく,ゆっくりした山歩きができるはずだ。 歩き出して間もなく,左手に分かれる道があった。この道を少し入ると モリアオガエルの繁殖地になっている古沼 がある。

 モリアオガエル は,本州から九州の山間部の限られた地域に群棲していて,毎年6〜7月の梅雨期に産卵のために沼などの水辺に集まり, 夜半〜未明にかけて水面に張り出した樹の枝上で一匹の雌に複数の雄が重なり合い,直径10cmほどの白色泡状の卵塊を産み付ける 樹上産卵という変わった習性を持っている。卵塊中には300〜500粒程の卵が見られ,2〜3週間でオタマジャクシとなって水中に落ち, 2〜3か月程で変態を終えて陸上生活に移るといわれる。古沼のモリアオガエルは 群馬県指定の天然記念物になっており,付近一帯は県の 自然環境保全地域に指定されている。 古沼 は,渇水状態で水面が極端に小さくなっており,このままではモリアオガエルの繁殖にも影響が出そうだ。 元の道まで戻って,更に少し歩くと 大峰沼に着く。

 大峰沼は,標高約1000mの所にあり,沼の中には大きな 浮島 がある。しかしこの沼も渇水で殆ど水がなく,浮島も沼の底についてしまっていた。沼の畔に1本だけ レンゲツツジが花を付けていた。時期が遅かったのか,ガイドブックに書いてあった レンゲツツジシャクナゲ もこの1本以外は見られなかった。

  大峰沼から少し進んだ所にある分岐を左にとって, 大峰山に向かった。大峰山から尾根伝いに 吾妻耶山 へ行くコースを選んだ。大峰山への登りがこのコース唯一に近い登りで,200m強を一気に登る。斜面に付けられたジグザグコースで歩きやすい。 大峰山の山頂付近の尾根には無線のアンテナ塔がいくつか建てられている。作業道も通じており,大型の作業機械がエンジン音を立てて作業していた。 2階建ての 展望台 があったが,周囲の樹木が生長してしまい,見晴を妨害している。 このような例は今までにも何度か出会ったが,見晴しのためにはじゃまな木を切るべきなのか,自然のままが良いのか悩んでしまう。 大峰山山頂は大きな樹木に囲まれ,見晴らしはないが,ここには 一等三角点があった。


 北東方向には武尊山 が見えた。この角度から武尊山を見るのは初めてだ。いつかは登ってみたい山なのだが,まだ機会がなく登っていない。
 尾根伝いに吾妻耶山 へ向かった。100mほど降ってから,200mほど登り返すのだが,急な登りではない。


 吾妻耶山の山頂には小さな祠が3つ あり,信仰の山であることを示している。その祠の先が北に開けており,谷川連邦 を間近に見ることができる。


 まず,正面の谷川岳 が目に飛び込んでくる。山頂から右手前に伸びているのが天神尾根 で,右奥に伸びているのが西黒尾根だ。 天神尾根の左側の雪が融けたあとの黒い山肌が,「牛」 の姿に見えるという。そう言われてみると,確かにそう見える。 天神尾根が背中になり,山頂の方を頭にしてたたずんでいる。これも「雪形」という。



 左には,万太郎山から 仙ノ倉山平標山 への稜線が続く。谷川岳の右側には,白毛門,笠ヶ岳,朝日岳 がひとかたまりになって見える。



 更にもう少し右に目を移せば,武尊山 のどっしりした姿が間近に見え,その右奥には奥白根山 の特徴的な形を持つ日光連山が望める。更に大きく右に目を移せば,赤城山 の姿も見える。双眼鏡で谷川岳を覗くと,天神尾根上部の雪渓を登っているパーティーの姿も確認することができた。 足元に見える大きな建物群は 水上温泉 ワラビを採りに来たという地元の人から,天神尾根の雪型の話を聞いた。
 吾妻耶山からの帰路は,山腹を通る道を選んだ。どこで道を間違えたか覚えがないのだが,途中で道を失った。 ほどなく正しい道を探すことができたが,作業道の多い低山では,十分に注意しなければならない。


 途中で,きれいな植物を見つけた。小さな8〜9枚の葉が輪生しており,小さな白い花を咲かせている。帰宅して図鑑で調べたら, 「クルマバソウ」と言うのだそうだ。そのものズバリの名前で,もう忘れない。


 ページトップへ