三 本 槍 岳

期日 2002年(平成14年) 6月8日(土)
 


コース・タイム
 宇都宮(自宅)発 (5:00) ⇒ 駐車場(6:30)
   駐車場(6:45) → 峰の茶屋(7:41) → 朝日岳分岐(8:10) → 清水平(8:40-50) → 三本槍岳(9:25-35) →
    → ケルン(9:50-10:05) → 大峠(10:50-11:20) → 三斗小屋温泉(12:56-13:05) → 延命水(13:35-14:05) →
    → 避難小屋(14:16) → 峰の茶屋(14:53) → 駐車場(15:27)  
 駐車場発(15:45) ⇒  自宅(18:00)

  歩行距離 13.6km     歩数 27,408歩     累積高度 +1,075m     歩行時間 6時間45分

同行者
    チコ

 那須の清水平周辺はシャクナゲの群生地で,毎年,この時期になると多くのハイカーがここを訪れる。一昨年,その素晴らしい光景を目にして,昨年もシャクナゲを見たくて清水平を訪れた。しかし,昨年は花付きが悪く,期待通りではなかった。今年こそはと,期待を持って清水平を訪れた。結果から言うと,今年は昨年より更に花付きが悪く,またしても期待は裏切られた。昨年は,コイワカガミの花が満開で,ピンクや白の絨毯を敷き詰めたような光景が見られたが,今年は,コイワカガミも,昨年ほどではなかった。しかし,天気には恵まれ,思う存分山歩きを満喫することができた。
 ザレた急斜面を登り切ると,
朝日岳への分岐に着く。ここから朝日岳の頂上へは10分もかからない。

 熊見曽根に向かって少し進み,振り返ると,茶臼岳が大きく見える。手前の三角形の山は剣が峰だ。登山道は剣が峰を巻いている。

 灌木帯ではアズマシャクナゲが咲いていた。



 清水平から更に三本槍岳まで足を伸ばした。


 三本槍岳の頂上付近でミネザクラが花を付けていた。


 三本槍岳というと尖鋭峰を連想させるが実際はなだらかな山頂である。かつて,会津,那須,黒羽の三藩が国境確認のために槍を立てたことに由来する名前だという。

 三本槍岳から更に少し北に進むと,見晴らしの良い場所がある。ここまで行くと鏡沼が見えるので,そこまで行ってみることにした。


 三本槍岳の頂上にはかなりたくさんの人が来るが,ここまで来る人は少ない。少し休んでいると,中年の男性が一人やってきた。来週,会津駒ヶ岳に行くので足慣らしに来たという。この先,大峠から三斗小屋温泉を廻って帰りたいが,一人では不安なので,だれか同行者が来ないかなと言っていた。足が速そうなので尻込みしていると,別の,年輩の夫婦(後で聞いたがご主人は72歳という)がやってきた。大峠から三斗小屋温泉へ行くという。話を聞くと,そんなに大変ではないというので,私たちも同行することにした

 このコースは以前から知ってはいたが,熊が頻繁に出没するということで,後込みをしていたコースだ。5人いれば怖くはない。ところが,この年輩の夫婦を甘く見ていたことに直ぐに気が付いた。歩くのがなんとも速いのだ。下り道でも,付いていくのが大変だった。この夫婦に先導されながら何とか歩くことができた。 大峠の少し手前で,私の後ろを歩いていたチコが,ピンクの花を見つけた。ハクサンコザクラだった。ほんの数株だったが,貴重な花を見ることができた。



 大峠で昼食にし,三斗小屋温泉に向かった。


 大峠から三斗小屋温泉まで3本の沢を渉るが,この夫婦は先行ししていても,私たちが追いつくまでそこで待っていてくれた。
大峠から少し下ったところで,大きな袋に何かをいっぱいに詰めて重そうに担ぎながら登ってくる数人の人たちに会った。ネマガリダケのタケノコを採りに来たのだそうだ。これから峠を越えて福島県側に行くらしい。福島県側は,会津田島から林道が近くまで通じており,比較的簡単に担ぎ降ろせるのだ。
 私たちも道ばたに生えているタケノコを採ってみたが,もっと太いものでなければ硬くて食べられないと言われた。まあ話の種にでもと,幾本か採ってリックに入れた。帰宅して,柔らかい先の方だけをみそ汁に入れて食べたのだが,やはり,思ったより硬かった。

 先導してくれた夫婦に遅れまいと懸命に歩いたので,植物など見る余裕は殆ど無かったのだが,イチリンソウエンレイソウは写真に収めることができた。


 三斗小屋温泉には「大黒屋」と「煙草屋」という2軒の宿がある。大黒屋の前には冷たい水が出ており,腹一杯に飲んだ。


 今日は,ひさしぶりで大汗をかいた。水もたくさん飲んだが,ここの水は格別美味しかった。ここから峰の茶屋までは登らなければならない。
 少し歩くと,
沼原への分岐がある。

 峰の茶屋までのほぼ中間地点に「
延命水」という水場がある。古くから知られている名水で,私も1リットルの水筒2本に「延命水」を満たした。これで飲む水割りは絶品だという。
 避難小屋までは比較的緩やかだが,避難小屋から峰の茶屋までは急な登りとなる。
 避難小屋まで来ると,先導してくれていた夫婦が遙か上の方から手を振ってくれた。私たちも手を振って別れを告げた。 

 避難小屋から少し登ると視界が開け,茶臼岳剣が峰の西面の威容が迫ってくる。日本アルプス3000m級の雰囲気を持っているすばらしい光景だ。ここまで来ればもう安心なので,岩角に腰を下ろし,雄大な雰囲気を腹の底まで堪能した。



ページトップへ