焼   岳
西穂高岳・焼岳・乗鞍岳登山の第3日

期日 2002年(平成14年) 7月28日(日)
 →(第1,2日 西穂高岳)

  →(第4日 乗鞍岳)


コース・タイム

 「山の宿](6:21) ⇒ 栃尾 ⇒ 平湯 ⇒ 中ノ湯温泉(6:50)

  中ノ湯温泉(7:17) →
    → りんどう平(9:14) →
    → 山頂(10:50-11:17) →
    → りんどう平(12:13) →
    → 中ノ湯温泉(13:35)
  中ノ湯温泉(泊)



同行者
   チコ


1 中ノ湯温泉まで
 山の宿の朝食は6時だという。食事を済ませたら直ぐに出かけられるように準備し,食事をした。今日も良い天気で,暑くなるだろう。できるだけ早く登りたい。
 
中ノ湯温泉までは約30分。旅館の駐車場は満杯なので,フロントに連絡し,キーを預けていくことにした。フロントに行ったとき,ロビーで,一昨日西穂山荘で再会した御夫婦に三度お会いした。昨日,焼岳を越えてここに泊まったらしい。

2 登り
 旅館を出発したのは7時17分になってしまった。真夏の太陽が照りつけ,木陰ではあるが汗が吹き出てくる。これだけ暑いと,水分補給を十分にしなければならない。水は十分に持ったつもりだったが,二人で2.5リットルではちょっと心配になった。旅館の右手から登り始める。安房峠の旧道に沿って登り,2カーブ目で道路を横切る。ここは道路が広くなり,乗用車なら20〜30台は停められる駐車スペースになっている。既に,大型バスを含め,20台以上が停まっており,ここまで車で来れば良かったと,ちょっと残念だった。
 樹間の登りは,直射日光がまともには当たらないだけいいのだが,湿度が高いせいか汗が噴き出してくる。
やけに足がだるく,あまり調子は良くない。疲労が回復していないのか。妻より私の方がまいっている。標準タイム1時間30分のところ,2時間かけてバス停への分岐がある「リンドウ平」まで登った。この辺りまで来ると,焼岳の山頂が見えてくる。

 山頂はかなり遠く,そこまでのルートが,太陽の直射を受けて白く輝いて見える。かなりの数の登山者が登っており,ガレたルートを登る姿や,頂上に続く稜線に立つ姿が見える。登山道は,南峰と北峰の間の鞍部に登っていく。

 もうこの先は日陰はない。 活火山の特徴として,大きな岩がゴロゴロしている。足元に注意しながら,ゆっくりと登った。といってもそれが精一杯だった。急な登りだが,その分確実に高度を稼ぐことができた。1時間20分で鞍部まで登ることができた。こちらは,ほぼ標準タイムだった。
 崩壊が進んで危険なため,三角点のある南峰(2455m)へは登れない。噴気孔の下を廻って,北峰(2343m)へ登った。ここが焼岳の山頂となっている。



 
3 山頂で 
 ここで昼食としてのパンを食べたが,唾液がなかなか出てこない。なんとか水で流し込んだ。下り用として二人にそれぞれ500ccの水を残して,あとは飲んでしまった。
 ガスの切れ間から火口湖が見えた。

 時々,ガスが舞い上がり,陽射しを遮ってくれる。陽射しが遮られると凌ぎやすくなるが,依然として暑い。頂上に30分ほどいて下山にかかった。山頂にはたくさんの人が休んでいた。


 噴火口からガスが登ってきた。


4 下山
 下山は登りに比べ随分と楽だ。登りでは,珍しい花の姿を見ても,写真を撮る余裕がなかったが,下りでは花の写真もいくつか撮った。下ってくると再び陽射しが強くなってきた。山頂からリンドウ平まで1時間弱で下った。ここから先は樹間の道になり,陽射しが遮られるので,随分と楽になった。最後の休憩で残りの水を全部飲んでしまった。こんなことは初めてだ。いつもは必ず水を残して下山するようにしているのだが,今日はそんなことは言っていられなかった。水を飲まずに我慢することはできるのだが,熱中症にならないためには,水を補給しなければならない。今日は一日中熱中症の恐怖が付いてまわった。こんな経験は,若い頃の山歩きを含めても初めてだった。

5 中ノ湯温泉旅館
 通された部屋は別館で,本館からは一度外に出て差し掛けの付いた通路を通って行く。部屋はきれいだが,暑い。冷房のスイッチを探したが,どこにもない。暖房機は付いているのだが,エアコンではなく暖房専用のようだ。スイッチを入れると風が出てくるが,特別に冷えた風ではない。冷房が無くては暑くて寝られないのではと思ったが,それは思い過ごしだった。ここは標高1500m,夕方になると涼しくなる。部屋の窓から前穂高から明神岳にかけての稜線が見える。前穂から奥穂にかけての吊尾根も半分くらい見えている。離れへの往復がおっくうだったが,部屋はきれいだし,何よりも温泉がきれいで気持ちよかった。

 明日は乗鞍へ行く。

ページトップへ