閉じる
乗 鞍 岳

2002年(平成14年) 7月29日(月)

コース・タイム
 中ノ湯温泉(7:24) ⇒ 平湯 ⇒ 乗鞍スカイライン ⇒ 畳平(8:05)
   畳平(8:30) → 肩の小屋(9:19) →剣が峰(10:10) → 肩の小屋(10:56) → 畳平(11:30)
 畳平(11:56) ⇒ 乗鞍エコーライン ⇒ 前川渡(12:40) ⇒ 松本IC(13:58) ⇒ 伊勢崎IC(16:00) ⇒ 自宅(17:50)

同行者
   チコ

1 畳平まで
 旅館の朝食は7時だという。食事を済ませたら直ぐに出かけられるように準備し,食堂の開くのを待った。食事後直ぐに出発した。 来年度から乗鞍岳へ通じる道路のマイカー規制が始まる。 マイカーで畳平まで行けるのは今年が最後である。今までも畳平周辺の交通渋滞は激しく ,「駐車場待ち3時間」等という話しも聞いたが,今年は特に激しいらしい。そんなこともあって,土・日曜日を外し,月曜日に乗鞍行きを計画した。 しかし,今日も 行ってみなければ駐車できるかどうかは分からない。そのために,1分でも早く出かけたかった。 中ノ湯から安房トンネル を通り,平湯トンネルの手前で旧道を平湯峠に向かう。平湯峠で 乗鞍スカイライン に入る。この辺りでは,走っている車はまばらだ。スカイラインを登って行き,畳平に近づくに従って車が増えてきた。 前の車が第2駐車場に入ったので後に続いて 第2駐車場に入った。まだ空きスペースがたくさんあり,好きな場所に停められた。
2 山頂(剣が峰)まで
 半ズボンを履いて車から出たのだが,さすがに3000m,風が冷たくてがまんできず,車に戻って長ズボンに履き替え,山頂の 剣が峰を目指して歩き出した。畳平 からお花畑を横切って 肩の小屋に向かった。

 ハクサンイチゲ,ヨツバシオガマ,ウサギギク,イワツメクサ,ミヤマキンバイ,イワカガミ など,かなりたくさんの花が見られた。 不消(きえず)ヶ池 の縁をまわる道のほとりにはコマクサも見られた。
 不消ヶ池 には雪渓が融けきれずに残っており,青い水と白い雪渓が美しいコントラストを示している。


 コロナ観測所のある摩利支天岳 を回り込むと山頂の剣が峰 が見えてくる。かなりの高さだ。覚悟を決めて登らなければならない。

   肩の小屋からエコーライン方向に大きな雪渓 が残っており,スキーをやっているグループがあった。肩の小屋 には売店と食堂があり,賑わっていた。肩の小屋からはいよいよザレた斜面の登りになる。それにしてもかなりの混雑だ。 道幅はおおむね広がっているので,それぞれ勝手に歩いているが,ところどころ狭くなっているところですれ違いのため待たされた。  歩いている人のスタイルがバラバラなのが面白かった。私たちのように登山スタイルの人もいれば,ジャージにスニーカースタイル, ナップザックを背負った人もいれば,手提げを提げたまま登ってくる人もいる。ここは登山対象の山ではなく, ただの観光地の一つなのだ。 朝日岳 蚕玉(こだま)岳の鞍部まで登ると, 権現池が見えてくる。

 目の下に松本側に下る「乗鞍エコーライン」 が見えるが,そこには既に,駐車場待ちの長い車の列ができていた。 私たちも,もう少し遅かったらスムーズに駐車場に入ることはできなかったかも知れない。早く宿を出てきて正解だった。
 高度が上がっていくと,背後に槍ヶ岳から穂高連峰 が見えてくる。しかし,今日はガスが多く見えたり隠れたりだった。できるだけよく見える瞬間を捉えてカメラのシャッターを切った。

  山頂直下には頂上小屋 があり,飲みものやバッチなどを売っていた。 ルートは小屋の前を通るコースと小屋の後ろを通るコースがあり,おおむね一方通行のようになっていた。
 山頂には一等三角点 があった。しっかりとコンクリートで固められた立派なものだった。 山頂からの景色は素晴らしいのだろうが,周囲の山はガスがかかり殆ど見えない。早々に下山にかかった



3 下山
 剣が峰を下り,登りではパスした蚕玉岳 に登った。すると突然私の名前を呼ぶ人がいる。宇都宮で同じハイキングクラブに入っている Kさん だった。何人かのグループで来ているのだという。こんなところで会うなんて思いもよらなかった。
 イワカガミ 
 アオノツガザクラ

  ヨツバシオガマ

 この山行では思いがけない出会いがいくつかあった。これも良い思い出になる。畳平 に戻ったのは11時30分だった。

4 帰路
 少し下ったところで,適当なところが有れば車を停めてコーヒーでも飲むことにしてさっそく出発した。 結局,適当なところが無く,山を下りてしまった。国道158号線まで出て, 道の駅「風穴」まで来て車を停めた。道の反対側にあるそば屋に入ってソバを食べた。
 その後は,松本ICから高速道に入り伊勢崎ICまで走った。伊勢崎から県道39号線を足利に向かい,国道50号から佐野藤岡ICで東北道に入り, 北関東道の壬生ICで高速を降りた。高速料金が950円ほど取られたが,293号線を通るよりかなり早く帰宅できた。
 走行距離は4日間で714.8kmだった。多少疲れたが,充実した4日間だった。

 ページトップへ