男 体 山

期日 2002年(平成14年) 8月3日(土)
 


コース・タイム


 宇都宮(5:30) ⇒ 志津乗越(6:50)

   志津乗越(7:03) →
    → 志津小屋(7:10) →
    → 頂上(9:20-10:00) →
    → 志津乗越(11:41)

 志津乗越 ⇒ 光徳牧場 ⇒
  ⇒ 金精道路 ⇒ 日光 ⇒ 宇都宮(自宅)

同行者
   チコ

 今週は,月曜日に乗鞍に登り帰ってきたばかりで,まだ,何となく疲れが残っているような記がするが,天気もまずまずなので,男体山に登ることにした。
 
男体山では,毎年8月1日の午前0時を期して登拝祭が行われる。新聞によれば,今年も1200人が一斉に山頂を目指したといわれる。登拝祭は8月1日から7日まで行われ,この期間,山頂には神主が常駐し,お祓いを受けることができる。また。お札を受けたり,バッチ,御神水も販売している。
 
男体山は,栃木県では良く知られた山だが,登るのは意外ときつい。一般的には中宮祠二荒山神社中宮から登るが,ここの標高が1270m,山頂が2484mだから,1200m余を登り降りしなければならない。登山道は良く整備されているが,登るのに3.5〜4時間は見なければならない。また,男体山は山頂付近までコメツガなどの木が生えており,別名を「黒髪山」ともいうほど,標高が高い山であるにも関わらず,アルペン的雰囲気の少ない山だ。高山植物なども多くはない。そのため,個人的にはあまり魅力を感じない山だ。唯一,裏側の志津口から登れば,標高差も少なくなり,高山植物にも会う機会が増える。もともと,志津には「志津小屋」という避難小屋があり,縦走コースのポイントになっていた。近年,小屋の近くの志津乗越に通じる林道(志津林道)が整備され,一般車でも入れるようになったため,志津口からの登山者も増えた。志津乗越の標高が1785mだから,表口から登るより高度差が500mほど少なくなり,2時間30分ほどの登りで山頂に立つことができる。
 
志津乗越の駐車スペースはあまり大きくはないので,早く行かないと満杯になってしまう。例によって前日の金曜日は飲み会。(最近非常に多い)朝起きるのが辛かったが,4時半に頑張って起きて準備をした。(前もって準備をしておけばいいのだが,最近ちょっとルーズになってきた。)準備を終えて自宅を出たのは5時半になってしまった。
 薄い霞がかかったような空だが,山に近づくに従って晴れて,陽射しが強くなってきた。
志津乗越には既に10台ほどの自動車が停まっていたが,空きスペースを見つけ,車を停めた。志津乗越から5分ほど歩くと志津小屋につく。もう30年以上も前になるが,ここには何度も来ている。当時は木造のたき火ですすけた小屋だったが,すてきなログハウス風の小屋に立て替えられていた。小屋の前にある水場は,当時もそうだったが,今も濁っていた。小屋の前の石仏群も昔と変わらなかった。この石仏たちを見ると,男体山が修験者たちの山だったのだと改めて感じる。
 登山道は,表口と異なり殆ど整備されていない。深い雨裂の底を歩くことが多く,木の根によって作られた段差も大きい。赤土の斜面も多く,滑りやすい場所も多い。「合目」標識があり,登山の目安になるが,2合目,5合目,8合目の3つだけは見逃してしまったのか確認できなかった。背後に太郎山が見える。

 
 大真名子山に雲がわき出した

 男体山は,北側に開けた大きな噴火口を持っている。噴火口と言っても,斜面は樹木で覆われ,すり鉢状の形が残っているだけだが,登山道はその縁を登っていく。真夏の登山と言うことで汗は噴き出してくるが,気温が低いせいか,それほど暑苦しく感じない。先週の焼岳登山の時には体温の発散がうまくできず,体温の上昇が感じられるほどだったが今日は快適だ。
 男体山に最後に登ったのは25年ほど前になる。たぶん,長男が小学校2年で次男が幼稚園の年長組の時だったと思う。このときは,表口から登った。山頂周辺の様子は大きく変化してはいない。ただ,「
二荒山神像」は当時は無かったと思う。

 最高点の大岩の上に「大剣」が立ててある。落雷によって倒されたものを,昨年再建したもので,男体山のシンボル的存在である。

大剣の後ろに三角点標柱がある。栃木県に7つ(正確には6つ)ある一等三角点(正点)のうちの一つで,前回登ったときには,標柱の上に測量のための櫓が組んであったのを記憶している。

 山頂の二荒山神社奥宮の西に少し進んだ岩の上に「二荒山太郎山神社」がある。この岩の上からの眺めは素晴らしい。戦場ヶ原を眼下に,小田代原から奥白根山まで連続のパノラマで見ることができる。しかし,残念ながら,今日は奥白根はガスの中で見ることはできなかった。
 ソバナ

 コバノイチヤクソウ


 今日は,暑さの中で熱中症と戦いながらの登山になると思っていたので,水はたくさん持ってきたのだが,ガスコンロは持ってこなかった。この程度の暑さならば,コンロを持ってくるのだった。
いつもながら,予想していたことと実際は異なることが多い。経験を積むことによってその差を狭めることができるのだろうが,なかなか難しい。
 山頂に40分ほどいて下山にかかった。下りは,赤土の斜面も多く,スリッピーだったが,思ったほどではなく,2時間かからずに下れた。

 時間も早いので,
光徳牧場でアイスクリームを食べ,金精道路を少し登った,見晴らしの良いところで,昼食のおむすびを食べ,帰宅した。

ページトップへ