閉じる
燧 ヶ 岳

2002年(平成14年) 10月12日(土)

コース・タイム
 宇都宮(4:00) ⇒ 山王峠 ⇒ 御池(6:48)
  御池(7:06) → 広沢田代(8:03-16) → 熊沢田代(9:04-12) → 爼ぐら(10:38-45) → 柴安ぐら(11:10-50) →
   → 爼ぐら(12:12) → 長蔵小屋(14:35-50) → 沼山峠(15:45)
  沼山峠(15:50) ⇒ 御池(16:05)
 御池(16:20) ⇒ 尾瀬アルザの郷(16:40-17:42) ⇒ 宇都宮自宅(20:21)

同行者
  キクさん,Tさん,チコ,私

1 尾瀬御池駐車場まで
 この3連休(10/12,13,14)は,数日前からの天気予報でも,天気が安定し,絶好の行楽日和になると伝えていた。先週の 谷川岳に続き2週連続になるのだが,今週は 燧ヶ岳 に登ろうと決めていた。同行は,キクさんとTさんの二人。キクさんに我が家に来てもらい,今回は私の車で出かけた。
 4時丁度に自宅を出発し,途中でTさんを乗せ,鬼怒川温泉経由で尾瀬御池 (みいけ)に向かった。車のカーナビは東北道を通り,塩原経由のルートを示しているが,この時間なら,大差はない。途中, 道の駅「たじま」 でトイレ休憩をしたが,こんな時間なのに,駐車場は満車状態だった。尾瀬に行く車が多いのだろうか。
 だんだんと車の数は増えて行き,会津田島から先は, 行列を作っての走行 だった。こんなに車が多いのでは,御池の駐車場に車が置けないのではないかという不安が湧いてきた。 七入(なないり)では,もう交通整理員が出て,車の誘導をしていた。 「先に進め」という指示は,御池に駐車できることを示している。ひとまず安心した。
 2時間45分で御池駐車場に着いた。  3年前に来たときにはこの駐車場は無料だったのだが,今は有料になっていた。1回1000円だった。7時が始発という 沼山峠行きのバス が,エンジンをかけて停まっていた。臨時切符売り場にいた係員に聞いたところ,今日は時間を決めないで ピストン輸送だそうだ。座席が埋まり次第発車するという。 山頂から尾瀬沼方面に下ったときのことを考えて,念のため, 沼山峠発の最終についても確認したところ,午後5時と言うことだった。

2 山頂まで
 身支度をして駐車場を出発したのは7時を6分ほど過ぎていた。少し寒いが,歩き出せば暖かくなるだろう。
 木道の表面が霜で真っ白 になっているが,多くの泥靴で踏まれ,白い部分は僅かしか残っていない。
 肩に提げた温度計は4℃ を示している。予想はしていたが,足場が悪い。ぬかるみは深くはないのだが,多くの足で踏まれているため,一面が泥だらけである。 途中でTさんがスパッツをつけた。もう少し高度が上がれば, 岩含みの道になるはずなので,私はスパッツはつけずに歩いた。

 広沢田代はかなりの広さを持った湿原で,中央付近にいくつかの 池塘が集まっている。湿原に飛び出した途端に,鮮やかな草もみじが目に飛び込んでくる。 後ろを振り返ると,会津駒ヶ岳 大津岐山の上に姿を現してきた。会津駒ヶ岳 の山頂から中門岳 にかけてのなだらかな稜線が,とぎれとぎれに見える。もう少し高度が上がれば,もっとよく見えるようになるだろう。

 再び急な斜面を登る。途中,灌木の開けたところから広沢田代 を俯瞰する。まるで,箱庭みたいに見える。背後の会津駒ヶ岳 も背を伸ばし,その特徴ある頂を見せている。

 50分ほどで熊沢田代に着いた。 熊沢田代は,傾斜のある細長い湿原で,中央にある2つの 池塘の間を通って木道が設置されている。
 湿原の入り口に立つと,湿原全体とその奥に,燧ヶ岳の山頂 が望める。水平にも垂直にも広がりを持つ大パノラマが目の前に広がる。 燧ヶ岳の山腹には登山道もはっきり確認できる。

 左に目をやれば,懐かしい日光の山々の特徴ある稜線が確認できる。 赤薙山から女峰山,帝釈山 へのライン。小真名子山の右には 大真名子山と太郎山が重なって見える。もう少し登れば, 男体山や白根山の姿も見えるはずだ。
  ここから山頂までのコースは,岩のゴロゴロしたガレの直登があり,かなりきつい。多くの登山者が休憩をとっていたが, 途中で休むと後がきつくなるので一気に登ってしまったが,ここでTさんが調子を崩した。車に酔ったため,食べ物が食べられなかったのだ。 Tさんの状態まで気が回らず,迂闊だった。この後,山頂までは僅かな距離だったが,ゆっくり登った。山頂へは北側の シャクナゲの林の中を登る。日陰には数日前に降った が溶けずに残っていた。突然に 爼(まないた)ぐらの山頂に飛び出す。

3 山頂で
 まず,富士山 の姿を探す。すると,頂に雪の白さを持った特徴ある形が赤城山 の右肩の高い位置に浮かんでいる。間違いなく富士山である。爼ぐら 山頂は,多くの登山者で,足の踏み場もないほどに混雑している。順番待ちをして,記念写真を撮る。 燧ヶ岳の山頂には4つの峰がある。 爼(まないた)ぐら,柴安(しばやす)ぐら,ミノブチ岳,赤ナグレ岳である。最高峰は 柴安ぐらで2356m,次が爼ぐら で2346m,赤ナグレ岳2249m, ミノブチ岳2220mとなる。

 「燧ヶ岳山頂」の標識は柴安ぐら にある。そこで,私たちも柴安ぐら を目指した。荷物を爼ぐら にデポしておき,空身で往復する人の姿も目立ったが,私たちは,柴安ぐら で昼食にするつもりなので,荷物を持ったまま歩いた。片道30分もかからない道だが,Tさんの具合が良くない。 キクさんがTさんのザックを持ち,ゆっくり登った。
 山頂はここも混雑していたが, 記念写真を撮り,隙間を見つけて腰を下ろした。
 陽射しは強烈だが,気温が低く,じっとしていると汗が冷えて寒い。ポットに入れて持参したお湯でモズクスープを作って飲んだ。 食事の後,パノラマを写真に収めた。持参したカメラは SONYのP5 ,小型のデジカメで,高性能だが,操作に慣れないためか失敗作もある。露出が,極端にオーバーしてしまうことや,接写の際のピンボケなど, 操作をマスターすれば防げるのだと思うけれど。
 尾瀬ヶ原と至仏山


 尾瀬沼の背後に日光連山

 隣のマナイタグラは多くの登山者で賑わっていた。

4 下山
 さて,下山をどの方向にするか相談した。登った道を御池に下るか, 沼の方に下りて,沼山峠 からバスで御池 に戻るか。登ってきた道が,ぬかるんでいたことと,段差がかなりあり,そこを下るのは気乗りがしないことなどから, 長英新道を長蔵小屋に下り沼山峠に向かう ことにした。時間は十分にある。この選択は正しかった。道のぬかるみも殆ど無く,段差も少なかった。 傾斜も緩く,たいへんに歩きやすかった。この道ならば,登るのも楽ではないかと想像できた。
 下山途中,ミノブチ岳から 柴安ぐらを振り返った

 葉を落としたダケカンバが白い幹を光らせている。

  長英新道を降って,尾瀬沼畔の歩道に出た。

 大江湿原の草紅葉



 ゆっくり歩いて2時間20分で長蔵小屋 に着いた。小屋付近はいつもながら混雑している。都会の雑踏と大差ない。
 一休みして沼山峠 に向かった。途中に展望所があるが,樹木が伸びてしまい,かつてほどの展望は得られない。このコースは, 沼山峠休憩所の手前50mほどを除き, 全部に木道が敷設されている。
 1時間ほどで沼山峠 に着いた。バスは,朝に確認したとおり,座席が埋まり次第に発車するピストン輸送をしており, 私たちが乗ると間もなく出発した。私たちが乗ったバスは, 御池を経由して七入 の駐車場まで行く。御池の駐車場 に戻ったときには,駐車場の車は半分ほどになっていた。
 好天に恵まれ,すばらしい一日だった。

 ページトップへ