閉じる
切 込 ・ 刈 込 湖

2002年(平成14年) 11月30日(土)


コース・タイム

 宇都宮(6:58) ⇒ 湯元駐車場(8:23)   湯元(8:29) ⇒(バス)⇒ 光徳温泉(8:43)
   光徳駐車場(9:00) → 山王峠(10:23-37) → 涸沼(11:10) → 昼食(11:24-12:08) → 切込湖(12:40) →
    → 刈込湖(13:03-12) → 小峠(13:52-14:07) → 湯元登山口(14:38) → 駐車場(14:47)
 湯元(14:57) ⇒ やしおの湯(15:35-16:38) ⇒ 自宅(17:50)

同行者
    チコ

 明日12月1日は,ハイキングクラブの釈迦が岳 登山がある。参加しようかどうか考えていたところ,仕事が入り,結局参加できなくなった。
 と言うわけでもないが,かねてから雪のある山を歩いてみたいと思っていたので,日光の 切込刈込湖に行くことにした。今まで雪のある山には殆ど登らなかったが,今年3月, 黒斑山に登り,雪景色に魅せられてしまった。
 切込湖刈込湖 には今までに何度も訪れたが,勿論この時期には訪れたことはない。雪のある時期としては,1999年の4月末に 光徳から湯元 に抜けたことがあるが,かなりの積雪で,しかも雨にたたられ,かなり厳しい経験をした。 今回も,積雪がどのくらいか分からないので,行ってみるまでは不安だった。 スノーシューまでは必要ないと思ったが,一応 軽アイゼン は持っていった。服装も,なにを着ていこうか迷った。そこで,今までの山行記録を読み返してみたのだが,これまでの山行記録には, 服装についての記述がないのに気がついた。 これからは服装や持ち物についても記録しておくことにしよう。

 宇都宮出発は午前7時。空は曇っており,陽射しはない。好天は期待できないと思いながら日光に向かった。しかし,雲は高く,宇都宮から 男体山女峰山 がはっきり見えている。案の定,日光に近づくに従って雲が切れ始めた。いろは坂 は日陰の路面には雪が残っており,タイヤをスタッドレス に替えて置いて良かった。明智平からトンネルを抜けて 中善寺湖畔に出ると,頭上にはすっかり青空が広がっており,陽が射してきた。
 いつものことだが,切込湖刈込湖を廻るコースを歩くとき, 光徳から湯元 に抜けるか,湯元から 光徳 に抜けるか,どちらから廻るか迷ってしまう。 たいした違いはないのだが,車を置いてある場所に戻る方法まで含めて考えると,色々な方法が考えられる。まず, 光徳に車を置いておき,湯元 から廻る場合でも,車道を湯元まで歩いていく方法,逆川から 戦場ヶ原を歩く方法,さらに,湯の湖 の西岸を歩く場合など,かなりのバリエーションがある。光徳 に車を置いておく場合でも,光徳から 湯元に抜けてから,光徳 に戻ることもできる。さらに,湯元・光徳 間は路線バスも通じており,これを利用することもできる。
 今回は,路線バスを利用することにした。バスの時間の関係で,湯元 に車を置いておき,湯元から 光徳までバスで移動し,光徳 から湯元 まで歩くことにした。初めにバスで移動し,歩いて駐車場に戻る方が,時間に追われずに歩けるので,気分的に楽で良い。
 湯元 の駐車場に着いたのは8時23分頃。8時29分発のバスがエンジンをかけて停まっていた。このバスには間に合わないものとして計画していたのだが, 何とか間に合いそうなので,急いで靴を履き換え,バスに駆け込んだ。湯元から光徳まで一人 400円,時間は15分ほどだった。光徳 「アストリアホテル前」でバスを降り,隣の 県営駐車場で身支度を整え出発した。

 昨夜降った雪が,車道の上に積もっている。新雪が朝日を反射してまぶしい。


  「登山口」」から登山道に入ったが,踏み跡が全くない。

 500mほど進むと,シカの足跡 の足跡が道の上に交錯して付けられていた。

 さらに少し進むと,やっと人の足跡が見つかった。峠から下ってきた人の足跡で,登山靴ではない特徴的な靴底のパターンだった。 滑り止めの突いたゴム長靴だ。 山王峠までは,唯一この靴跡だけが続いていた。

  峠に向かう登山道

 登山道の積雪は,登山口付近で約10cm,徐々に深くなり,峠付近では20〜25cmになった。 歩くのに難渋するほどではないが,多少歩きづらい。
 山王峠 まで1時間30分ほどかかったが,これは,汗をかきたくなかったので,ペースを落としてゆっくり登ったためで,必ずしも雪のためではない。

 歩き始めの服装は,下はタイツに冬用の ズボンスパッツ を付け,上はTシャツに冬用の 長袖シャツ,それにウインドブレーカー を着ていた。フリースの上着は持っては来ていたが,ザックに縛り付けていた。靴は軽登山靴で, 軽アイゼンは持ってきたが付けてはいない。
 登り出すと暑くなり,途中でウインドブレーカーを脱いだ。しかし立ち止まると寒くなり,  山王峠 で再びウインドブレーカーを着た。その後は,多少暑くなっても,前をはだける程度でウインドブレーカーを脱ぐことはなかった。 山王林道 の峠付近は風当たりも強く,頬を切るような冷たい風が吹き付け,ウインドブレーカーのフードをかぶった。

 山王林道から涸沼 への下りは雪も深く,滑らないように慎重に下った。

 途中から涸沼全体を俯瞰できる。

 涸沼はしっかり整備され,休憩用のベンチもたくさん用意されていた。

 涸沼を通り過ぎ,樹林帯の入り口で, 涸沼の見渡せる場所で昼食とした。 クマザサの上に積もった雪を踏み固め,シートを敷いた。先日,ICIスポーツで買った「座布団」を初めて使ったが,効果は絶大で, お尻は冷たくなかった。風の当たらない日当たりを選んだのだが,徐々に木の影に入ってしまった。 ラーメンを作って食べたが,寒いときのラーメンは格別においしい。
 食事をしているとき,2人連れが刈込湖 方面からやってきた。このコースで初めて出会った人で,その後も湯元に着くまで誰にも会わなかった。 刈込湖周辺の積雪量を聞いたが,この付近とあまり変わらないと言うことだった。
 ゆっくり時間をかけて昼食をとり,刈込湖 に向けて出発した。積雪は25cm程度だがトレースがあり,歩きやすい。先ほど出会った2人の足跡がしっかりと付いている。 足跡から,2人とも軽アイゼンを付けていたことが分かった。温度計は4℃を示しており,足元の雪は踏みつけると「ギュッ」と音がする。 刈込湖 の休憩所の手前で,突然,例の足跡からアイゼンの跡がなくなった。先ほど出会った人は,ここまでアイゼンなしで来て, ここでアイゼンを付けたのだ。と言うことは,これから先の方が歩きやすいということになる。
 刈込湖では湖畔まで下りてみた。

 持っていったデジカメで,セルフタイマーを使い写真をとろうとしたが, 何度やってもシャッターボタンを押すと電源が切れてしまう。良く見ると 「電池マーク」が点滅 し,電池切れを示している。昨夜フル充電したので,まさか電池切れになるとは予想もしていなかった。 今までも,日帰りの山行で電池切れになったことはなかったので,予備電池は持ってきていなかった。たぶん, 低温のために性能が劣化したのだろう。これからは,横着せず, 予備電池を持ってくることにしよう。しかし,その後も,手押しでは何コマか撮影できた。
 刈込湖から三岳林道 までの登りには階段 がたくさんある。この階段は,雪が積もると歩きにくくなる。ステップに積もった雪が踏み固められ,足を乗せる面が傾いている上にとても狭い。 アイゼンを付ければ良いのだが,なんとかそのままで登ってしまった。アイゼンで歩く練習になったので,付ければ良かった。 三岳林道 は日陰なので比較的積雪量が多い。しかし,トレースがあり,歩きにくいと言うほどではない。

 小峠に近づくに従って雪が弛み,底の方がシャーベット状になっている所もあった。
 小峠から少し下ると,木の葉が落ちて見通しが良くなった樹間を通して 金精道路が見える。その手前に「蓼の湖」 (たでのうみ)が見えた。今まで,こんなにはっきり見えたことはなかった。木が倒れたのか伐採されたのかどちらかで, 木の葉が落ちたためばかりではないように思えた。 金精道路は12月25日から4月25日(予定)まで冬季閉鎖になる。
 金精道路を横切り,湯元源泉 の登山口まで下った。下ってくるにしたがって,少なくはなったが,登山口まで積雪があった。

 湯元駐車場


 好天に恵まれ,静寂の中を,楽しい雪歩きができた。 

 ページトップへ