閉じる
古 賀 志 山

2003年(平成15年) 1月12日(日)


コース・タイム
 自宅 ⇒ 赤川ダム駐車場
  駐車場(9:26) → 北登山口(9:41) → 中尾根東端(10:03) → 中尾根分岐(11:18) → 富士見峠(11:33) → 山頂(11:52) → (昼食-12:35) → 御岳山(12:44) → 東稜見晴(13:02) →東尾根 → 北登山口(13:44) → 駐車場(14:02)
 赤川ダム駐車場 ⇒ 天然温泉「リフレ」 ⇒ 自宅

同行者
 チコ

 今年2回目の古賀志山。今日は, 奥日光でスノーハイクでもしようかと思っていたが,それは次回にまわし, 古賀志山中尾根 を登ることにした。
 中尾根は,今まで2回ほど下ったことがあるが,登るのは初めてだ。 中尾根の東端 には高さ100m近い岩場がある。いつも,近くを通りながら眺めていたが,昨年の11月3日にたまたま,その岩場を登っている人の姿を見た。 とても,登れそうにない岩場だったので,ちょっとびっくりしたと同時に,ルートがあるのなら登ってみたいという気持ちが湧いてきた。 自分は登れる自信はあった。妻も,それなりの経験があり,登れるだけの技術は十分にあると思っていた。今日は,妻がそこを登ってみようと言う。

 中央の岩の左側にそって登る

 さっそく,北登山口の橋を渡ったところから 沢沿いに登り始め,岩場の真下 まで進んだ。遠くから見たのでは分からなかったが,ルートにはロープ が設置されていた。これならば,意外と簡単かも知れない。しかし,さすがに傾斜はきつく,両手で綱と岩をつかみ,文字通りよじ登った。 息が切れたが,一気に高度が稼げるのが快感だった。垂直に切り立った50mほどの岩の頂上付近で,トラバース気味に登る所があった。 ロープは設置されているが,足場の確保が難しく,このコースで最も難しい所だった。 岩場の頂上で小休止をしたが,この爽快感は何とも言いようが無く,癖になりそうだ。
 この外にも何カ所かロープの設置されているところがあったが,特に難しい所はなかった。 
  ロープを頼りに岩場を登る

 前回,中尾根を下ったときには, 東端の岩場まで行かずに,途中から北側に回り込み, 細野ダム の上に降りた。その分岐がどこだったかはっきりした記憶がない。 下ってきて,最後のピークを前にした鞍部で左に下ったように記憶しているが,はっきりしない。地図にある 496ピーク の前だったのか,後だったのか・・・・。今度は,地図を見ながら,コースを確認しながら登ることにしよう。
富士見峠まで,駐車場から2時間と少しかかった。思ったより早く着いた。 富士見峠からはいつものコースで,久しぶりに いつものピーク で昼食にした。そのあと,御岳山 まで行ったが,御岳山頂 は多くのハイカーで賑わっており,ここで昼食にしなくて正解だった。 このあと東稜見晴らし まで戻り,東尾根を下った。 赤川ダムの梅の木は,蕾も随分膨らんでいたが,開花にはもう少しかかるだろう。

 帰路,姿川第二小学校の近くの「リフレ」 という温泉に行ってみた。時間が早いこともあり,あまり混んでいなかった。きれいで,何よりも家に近いのがなによりだ。また来よう。

 ページトップへ