閉じる
古 賀 志 山 中尾根~東稜

2003年(平成15年) 3月8日(土)


コース・タイム
 自宅 ⇒ 赤川ダム駐車場
  駐車場(9:23) → 中尾根登山口(9:41) → 中尾根東端(9:55) → 496(10:50) → 中尾根分岐(昼食11:21-51) → 富士見峠(12:07) → 東陵見晴(12:25-59) → 東尾根 → 北登山口(13:59) → 駐車場(14:15)
 赤川ダム駐車場 ⇒ 自宅

同行者
 チコ

  今日は古賀志山 中尾根 から登る。昨日までの雨で,岩場が滑るだろうと言うことで,中尾根東端の岩場をパスし, 裏から, 第1の岩場との鞍部に出ることにした。細野ダム の上流の橋を渡ったところ(A)から,直ぐに斜面を登りはじめる。登り口の標識はない。 以前に来たときには, 小さな標識があったのだが,今はそれもない。
 急な斜面は滑りやすく,草の根や立木に掴まりながらやっと登った。夢中で登ったので,意外と簡単に稜線(B)に出られた。 岩場を登ってきた人に会ったので,「岩場は濡れていませんでしたか」と訪ねると。「滑りやすく大変だった」と言っていた。 岩場をパスしたのは正解だったようだ。

 直ぐに2番目の岩場がある。できるだけロープに頼らないで登ろうとしたが,何カ所かでロープに掴まってしまった。 危険は犯したくないからやむを得ない。ちょっと下って,3番目の岩場(C)がある。ここを登ると大きな岩のある見晴らし(D)に出る。 ここからは西を除く3方が開け,眺めがいい。 高原山の姿が美しい。

 南西に目をやると,富士山 が真っ白に光っているのが見えた。ラッキーだ。とても幸せな気分になる。


 ここからなだらかな尾根を少し歩くと,少し下って,再び登り返す。ここは,正面の岩は登れないので,右側から巻いて登る。 なだらかなピークを1つ越え,やや多めに下り,登り返すと, 中尾根最高点 の496ピーク(G)に着く。しかし,ここには標識は見当たらない。 ここから再び下って登り返すと,道は直角に右に折れ(H),なだらかな尾根の下り道となる。
 小さなコブを2つほど越すと, 「ミズナラ峠 」と札の付いている鞍部(I)に出る。 ここから少し登ると, 北尾根との分岐点(J)に出る。
 分岐から古賀志山の方に少し下ったところで昼食にした。 木漏れ日が暖かそうな場所に腰を下ろしたのだが, 風の通り道だったのか,座っているとだんだん寒くなってきた。 大きな雲が頭上を通過して行き,陽射しが遮られる時間が多くなってきた。天気は下り坂なのか。
 ここから2つほどコブを越えると富士見峠 (K)である。ここから下ることもできるのだが,今日は東陵 から東尾根 を下ることにした。 富士見峠から古賀志山への最後の登りがきついのだが,最近は随分と慣れ,苦にならなくなった。
 東陵見晴し (L)では何組かの先客が昼食をとっていた。私たちは,湯を沸かしコーヒーを入れて飲んだ。 空気が澄んでいるのか,新宿やさいたまの高層ビルがよく見える。富士山も雲と区別しにくいがまだ見えている。
 東陵見晴しから下ると直ぐに 岩場 がある。(M)ここは,ロープやクサリを使わないで降りることにしている。 最初は無理だと思っていたが,今は,簡単に降りられるようになった。

 東尾根では,前回(2月23日)来たときにマンサク が咲いていたので, 今日はどうなのか,探しながら下った。 前回見られたところの外にも,何カ所かでマンサクの花を見ることができた。 マンサクの次は, アズマイチゲだ。(カタクリよりも先に咲く)


 赤川ダム湖畔 紅梅は満開になっていた



 ページトップへ