三 ツ 峠 山

期日 2003年(平成15年) 3月21日(金)
 


コース・タイム
 3月21日(金)
  宇都宮(4:30) ⇒ 壬生IC(4:38) ⇒ 栃木JCT ⇒ 川口JCT ⇒ (東京外環道) ⇒ 大泉IC(5:53) ⇒
                  ⇒ (環八通り) ⇒ 調布IC(6:37) ⇒ 大月JCT(7:40) ⇒ 河口湖IC(8:05) ⇒ 三ツ峠登山口(8:30)
      駐車場(8:50) → 登山口(9:15) → 三ツ峠山荘(10:45) → 開運山(11:07-12:20) → 登山口(13:30) → 駐車場(13:40)
  登山口 ⇒ 東富士五湖道路 ⇒ 御殿場 ⇒ 芦ノ湖スカイライン ⇒ 湯河原パークウエイ ⇒ 湯河原(宿)
 3月22日(土)
  清健荘 ⇒ 真鶴道路 ⇒ 西湘バイパス ⇒ 134号線 ⇒ 鎌倉 ⇒ 葉山 ⇒ 城ヶ島 ⇒ 久里浜(昼食) ⇒
          ⇒ 久里浜駅 ⇒ 佐原IC ⇒ (横浜横須賀道路) ⇒ (金沢支線) ⇒ (湾岸線) ⇒ ベイブリッジ ⇒
          ⇒ 鶴見つばさ橋 ⇒ 浮島 ⇒ 湾岸線 ⇒ 東北道 ⇒ 宇都宮

同行者
   チコ

登山口まで
 宇都宮出発は5時を予定していたが,早く起床したので,4時30分出発となった。北関東道路壬生ICから高速道に乗り,東北道から東京外環道路大泉ICまでは1時間20分とほぼ予定通りだった。環八はこの時間から混んでいたが,大泉から環八を通って調布ICまで45分で着いた。調布ICから先の中央道は断続的に渋滞しており,大月JCTまでの66kmを1時間かかった。
 中央高速道から
三ツ峠山を眺める。

 河口湖ICから,国道137号線に入り,御坂トンネルの手前で県道708号に入った。 富士山の姿が大きくなった。 


 県道の入り口には,天下茶屋の先は通行止めの表示があった。国道には雪はなかったが,県道にはいると日陰は路面が凍結している。前夜に降雪があったらしく,凍結面に白く雪がかぶっている。一応,タイヤは「マッドアンドスノー」を履いてはいるが,凍結道路には役に立たない。最徐行で慎重に通過した。
三ツ峠登山口」のバス停のあるところには,10台程度駐車できるスペースがあるが,既に満杯だった。もっと広い駐車場はこの先の林道を少し登ったところにあるが,その林道は,路面凍結のため通行止めになっていた。道路は広く,路肩に駐車しても差し支えなさそうだったので,路肩に車を停めた。

山頂まで
 身支度をして歩き出したのは8時50分。暖かかったので,チョッキは脱いで,長袖シャツにウインドブレーカーを着た。林道では傾斜のあるカーブで路面が凍結しており,4駆の車でもない限り登ってはこれない状態だった。大きなカーブを2つほど廻ると,登山口に出る。林道の途中や,登山口周辺に何カ所かに分かれて駐車場が用意されており,積雪期でなければ利用できる。登山口にはきれいなトイレも作られており,ここまで上ってきた車が何台か停まっていた。この先の登山道は真っ白で,傾斜もきつくなっている。 ここで軽アイゼンを付けることにした。雪はかなり積もっており,踏み固められた表面が凍ってアイスバーンになっている。アイゼンは,下山するまではずせなかった。

 風もなく暖かかったので,ウインドブレーカーも脱いで歩き出した。 登山道は自動車の登れる幅があり,車の轍もあった。

 登っていくと徐々に積雪量が増えてきた


 登山道は道幅も広く,車の轍が刻まれている。どこまで行っても道幅は広く,轍が続いている。地図では点線で書かれているので,普通の登山道のはず。もしかして,道を間違えたのかと不安になった。もしかしたら大幡八丁峠の方に向かっているのかも知れない。後ろから追いついてきた2人連れがいたので聞いてみると,これで良いという。でもまだ信じられなかった。
 道幅は依然として広かったが,つづら折りになり,傾斜が増してきた。朝食をとらずに歩き出したので,さすがに空腹が我慢できなくなり,立ったままでパンを食べた。更に少し進むと,行く手の左前方の山頂に
無線アンテナが見えてきた。三ツ峠山の山頂らしい。傾斜が緩くなった路肩に4輪にチェーンを巻いた4駆のジープが停まっていた。ナンバーは付いてなく,この登山道だけで使う車らしい。傾斜は徐々に緩くなり,三ツ峠山荘方面と,四季楽園との分岐に出た。早く富士山を見たいので,三ツ峠山荘へ向かった。三ツ峠山荘の脇には,除雪用のブルドーザーが停められており,これで登山道の除雪をしていたのだ。登山道がきちんと除雪されていたわけが分かった。
 三ツ峠山荘は,断崖の上に建ててあり,前方の眺めは抜群である。私たちがそこに着いたときは,富士の大部分に雲が懸かっており,良く見ることはできなかった。しかし,雲は刻々と変化しており,少し待っていれば,よく見えることもあるだろうと期待できた。 

三ツ峠山荘の前を通り,四季楽園の前を通って山頂に向かった。最後の斜面をゆっくりと登ると,三ツ峠山の山頂に着く。
 南アルプスを背景に記念撮影


 山頂で
 山頂には7〜8人の先客がいたが,みなカメラを持ってシャッターチャンスを待っていた。 まず,富士の写真を撮ってから,適当な場所にシートを広げ,昼食にした。そうしている間にも,刻々と富士の状態は変化し,そのうち,山容全体が姿を現した。何とも表現のしようがない,圧倒的に壮厳な姿だ。静かでありながら,強い力で迫ってくる。富士山の本当の姿を見たような気がし,何者かに操られるように夢中でカメラのシャッターを押し続けた。
 富士山に懸かっていた雲がとれてきた。


 南アルプス    (写真をクリックすると,山名の入った大きな写真が見られます。)


 三角点


                     山頂には黒御影石の方位盤があった。



 突然「良いときに登ってきたね」と声をかけられた。柁原春男さんとおっしゃる地元の方で,写真を撮るために度々登っているという。この時期は風の強い日が多く,今日のように穏やかな日は珍しいらしい。きれいな富士山を撮した写真名刺を頂いた。御坂トンネルから国道を河口湖方面に少し下った道路脇に「お立ち台」と呼ばれる展望台があり,そこから撮影した富士山で,「2段笠雲」といわれる珍しい雲が写っていた。その場所は,富士山撮影の絶好ポイントで,ぜひみていくように勧められた。
 即席麺を作って食べたりしながら,1時間以上も山頂に留まった。その間にも,刻々と変化していく富士山の姿をカメラに収めた。


 下山途中,四季楽園でバッチを買おうとしたが売り切れていた。三ツ峠山荘にはあるかも知れないということで,再び三ツ峠山荘に向かった。2種類のバッチがあったので,両方とも購入した。

下山から宿まで
 下山の道は,雪が弛み,アイゼンを付けてもすべりがちだった。途中,登ってくる何組かの登山者とすれ違ったが,その中に,どこかのハイキングクラブと思しき団体があった。15人ほどのグル−プ2つに分かれて登ってきており,これから山頂を目指すらしい。人ごとながら,ちょっと遅い時刻なので気になった。
 登山口でアイゼンを外し,駐車場に戻った。駐車場には,先ほどのハイキングクラブが乗ってきたと思われる大型バスが止まっていた。


 県道708号を下っていくと,富士の姿が,頂上で見るものと違った形で見えてくる。路肩に車を停めて写真を撮った。さらに,国道に出て,例の「お立ち台」でも写真を撮った。時間経過に伴い,頂上で見た富士山とは異なり,向かって右側から光が当たっている。水蒸気が多いためかやや霞んで見えるが,河口湖と,河口湖を挟んで手前と対岸に広がる町並みが変化を与え,正に「絵はがき」のような風景だ。



 河口湖から東富士五湖道路を通り,御殿場から県道401号で長尾峠に抜け,箱根スカイライン,芦ノ湖スカイライン,湯河原パークウエイを通って,今日の宿のある湯河原に着いたのは午後4時30分だった。

ページトップへ