赤 岳 ・ 阿 弥 陀 岳

期日 2003年(平成15年) 8月21日(木)〜22日(金)
 


コース・タイム
 8月21日(木)
   宇都宮(12:05) ⇒ 伊勢崎IC ⇒ 高崎JCT ⇒ 藤岡JCT ⇒ 佐久IC ⇒ 麦草峠 ⇒ 美濃戸(17:20)
 8月22日(金)
    赤岳山荘駐車場(5:05) → 行者小屋(7:23-42) → 地蔵の頭(8:50) → 赤岳(9:40-50) →
     → 中岳(10:45-59) → 阿弥陀岳(11:35-42) → 中岳コル(12:04-24) → 行者小屋(13:05-15) → 駐車場(15:20)
  駐車場(15:33) ⇒ 八ヶ岳山荘( -16:30 入浴)⇒宇都宮(20:40)

同行者
   チコ

  明日22日は,天気予報では久しぶりにというよりこの夏最初の夏型の天気を伝えている。この機会に何処かに出かけようと考えていたのだが,せっかくの好天を近くの山ではもったいないということになり,赤岳をやることにした。
 かねてから,
赤岳は,行者小屋か稜線の小屋に一泊しての計画を考えていたのだが,日程を詰めてみると,夜行日帰りでもできないことはないことがわかった。前夜に,美濃戸まで入って車中で夜を明かし,夜明けとともに歩き出せば,赤岳,阿弥陀岳を廻っても午後3時くらいには戻ってこられる。かなりきつい行程だが,今の体力なら何とかなる。仮に,途中で動けなくなっても,行った道を帰るコースなので,登頂を諦めて戻ればいいだけの話である。年の功で,引き返すだけの器量も持ち合わせている。と言うことで,赤岳に出かけた。

8月21日(木)
 赤岳には,上信越道佐久ICで降り,あとは白樺湖を通って美濃戸まで行けばいいのだが,これが,かなりの時間がかかる。2時間たっぷり見なければならない。自宅から5時間はかかってしまう。
 21日の17時20分には
美濃戸にある3軒の山小屋のうち真ん中の赤岳山荘の駐車場に車を止めた。駐車料金は1日1000円で,美濃戸口の駐車料金が500円なのに比べると2倍であるが,美濃戸口からの約1時間の道のりを歩かなくて良いことを考えると,やむを得ないと思った。50台駐車可能という駐車場には約10台が駐車していた。この時間,殆どの車は無人で,唯一,テントを張っていたグループだけに人影があった。
 早々と夕食を済ませ,午後7時には横になった。今回は,乗用車の後部座席をたおし,荷台と一続きになった空間に横になることにした。これまでの山行では,前部の座席をたおし,後部座席と連続させてそこに横になったのだが,なんとしても寝心地が悪い,そこで,今回は少し工夫してみた。結果としては,床が固くて痛かったことと,明け方に寒くなったことを除けば 快適だった。次回は,このところをもう少し工夫しよう。
 宵のうち霧が懸かっていたが,間もなく霧も晴れ,星が見えてきた。やがて,下弦を過ぎた月も顔を出し,空が明るくなった。南の空には,何万年ぶりかで大接近の火星も顔を出し,一晩中輝いていた。

 8月22日(金)
 
明るくなったら歩き出そうと言うことで,3時半過ぎには起きだして準備を始めたが,結局,歩き出せたのは5時になってからだった。前回の剱岳の時には4時半には歩き出せたのに,3週間で,確実に日の出は遅くなっていた
 
美濃戸山荘の前で赤岳鉱泉に行く北沢コースと,行者小屋に行く南沢コースに分かれる。私たちは南沢コースを進んだ。沢沿いの明るいコースだが,まだ夜が明けきらず,木陰の道になるとかなり暗い。それでも,道は広くしっかりとしており,歩くのに不安はない。このような道ならば,夜中にヘッドランプをたよりに歩くこともできるだろう。
 道に沿っていろいろな花が咲いている。ギンリョウソウの透き通るような白さが,薄暗さの中で目立っていたが,いつも見慣れたギンリョウソウとはちょっと様子が違う。花が上を向いているのだ。写真に撮り,帰宅してから調べると,ギンリョウソウモドキというらしい。また,晩夏から秋にかけて咲くのでアキノギンリョウソウとも言うと書いてあった。
 ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)

サラシナショウマの白い穂も,たくさん見られた。

 アカバナシモツケの赤い花も1本だけ見つけた。


 南沢を,右にまた左にと幾度か渡りながら登っていく。徐々に高度が上がっていくと,沢の水量は少なくなり,傾斜が緩くなると河原を歩くようになる。ここまで来て,やっと陽が射してきた。陽に照らされると何となくうれしくなるのだが,いよいよ暑さとの戦いが始まった。河原沿いの道ではミソガワソウホタルブクロが見られた。ここのホタルブクロは色の薄いものが多い。
 ソバナ(左・・・・「蕎麦菜」ではなく「岨菜」     ミソガワソウ(中)              ホタルブクロ(右)


行者小屋の近くで,イワアカバナキツリフネを見つけた。
 イワアカバナ(左)              キツリフネ(中)                トウヤクリンドウ(右)


  行者小屋まで,標準タイム2時間のところ,2時間20分ほどかかった。特にゆっくり歩いたわけではないので,標準タイムの設定そのものがかなり厳しいと感じた。帰路も,標準タイム1時間30分のところ2時間5分かかった。他のところは標準タイムに近い時間で歩けたので,このところだけ,標準タイムの設定が厳しすぎるのではないかと思う。
 
行者小屋では登山者が数人休憩しているだけだった。意外と少ないのに驚いた。行者小屋の水道のところから,歩いてきた南沢に沿って遠くを見渡すことができる。何気なく見てみると,まず,槍ヶ岳の穂先が天を突いているのが目に飛び込んできた。焦る気持ちを抑えながら目を横に移していくと,大きくU字形に切れ落ちている大キレットを挟んで,北穂,そして涸沢岳から奥穂,更にその左には西穂高の稜線がはっきりと見える。槍ヶ岳から右に稜線を辿ると,常念岳の三角形を越えて近景の山すそに消える。もう少し登れば3週間前に登った剱岳が見えるかも知れない。
北アルプス南部の稜線
  行者小屋からは地蔵尾根を登った。クサリやハシゴが設置されており,急斜面を一気に登るコースだ。クサリ場やハシゴはきつい登りには違いないのだが,一気に高度が稼げるので,ザレた斜面を登るよりずっと登りやすい。高度が上がり,峰の松目が低くなってくると,その左の稜線から,立山がそして剱岳が姿を現した。そして右の稜線からは鹿島槍ヶ岳五竜岳が半分を雲に隠しながら見えてきた。もっと上に上がればよく見えるようになるのだろうが,雲がわき上がってきており,あとは時間との勝負だ。事実,地蔵の頭に着いた頃には,北アルプスの稜線は,雲に隠され,とぎれとぎれになってしまった。展望は朝が勝負だと言われているが,正にその通りだ。
 地蔵の頭からは展望山荘赤岳阿弥陀岳がよく見える。しかし,赤岳は,東斜面から湧いてきたガスに覆われがちで,なかなかその全容を現さない。反対に,阿弥陀岳の方は極めてよく見える。夏の陽射しを受けて輝いており,夏山の典型的な姿を見せている。
 阿弥陀岳

 ガレキ地にはトウヤクリンドウがたくさん見られた。また,タカネツメクサが多いのも,赤岳の特徴かも知れない。剱岳や穂高ではタカネツメクサよりもイワツメクサの方が多く見られる。
 タカネツメクサ(左)                 イブキジャコウソウ(右)
 赤岳展望荘には風力発電の風車が並んでいる。行者小屋から見上げたとき,小屋の脇に何本かのポールが立ち,その先に光るものがついているのが見え,不思議に思っていたものだ。最近では,どこの山小屋も自然環境に対する取り組みに力を入れ,風力発電や太陽光発電などを積極的に取り入れている。行者小屋では,屋根に太陽電池パネルが取り付けられていた。展望山荘から頂上までは急な斜面を一登りだ。

 赤岳に登るのは,実は2度目なのだ。22年前の1981年8月10日に赤岳頂上小屋に1泊している。その時は,職場の仲間との山行で,8月9日に松原湖から本沢温泉に入り,翌10日に,夏沢峠から硫黄岳,横岳と歩き,赤岳の山頂小屋に泊まった。翌日に真教寺尾根清里まで下ったのだ。山頂小屋に泊まった翌日,深い霧に覆われていたものが,歩き出す頃になると,不思議と霧が晴れ,ジリジリと照らされたことを強烈に印象づけられている。
 今日は,ほぼ予定された時間通りに歩けているので,最初の計画通り,
阿弥陀岳まで足を伸ばすことにした。赤岳からの下りは,どの方向も急斜面で,クサリやハシゴがある厳しいルートだが,その中では,阿弥陀岳方面は比較的歩きやすいルートだ。赤岳を南に少し下ったところで権現岳真教寺尾根に向かう道と分かれ,右の急斜面を下る。この分岐を左に進み,真教寺尾根道を分けると,キレットを越えて権現岳に向かう。権現岳には5年前の1998年10月に登っている。この時も好天に恵まれ,楽しい山行ができた。なんとかして懐かしい権現岳が姿を現してくれないかなと祈っていたのだが,なかなか姿を現してくれない。阿弥陀岳から戻るときに一瞬だけ姿を現してくれたが,山の形が,どうしても記憶の中にある阿弥陀岳の様子と一致しない。記憶にも曖昧さがあるし,その山に立って見る山と,離れてみる形とは違って見えることが多いのだから仕方にないことだ。赤岳と中岳の鞍部に向かう道の途中から,直接に行者小屋に向かう道が下っている。今日はこの道を下らずにまっすぐに中岳に向かう。斜面はガレており,下るのには神経を使う。しかし,楽しみがないわけではない。このようなガレキ地にはコマクサがあるのだ。辺りを注意深く探すと,案の定直ぐ近くに何株かのコマクサを見つけることができた。すでに花の終わっているものも有れば,まだ株が小さく,花を付けるには数年かかりそうな株もあった。このままそっとしておきたい。
 コマクサ(左)                    イワベンケイ(中)                 メノマンネングサ(右)


 中岳と阿弥陀岳の鞍部からは行者小屋に下る道がある。ここから阿弥陀岳に登っても,そのまま御小屋尾根を下る人は少なく,殆どの人はこの鞍部まで戻って行者小屋に下る。そのため,この鞍部に荷物をデポして空身で往復する人が多い。私たちも,私の荷物には水と食べ物等が入っているので,そのまま持って登ることにしたが,妻の荷物はここに置いておくことにした。阿弥陀岳への登りは岩場の急斜面でクサリが設置されている。私も妻も岩登りは好きなので,楽しみながら一気に登り,25分で山頂に立つことができた。阿弥陀岳の岩場にはたくさんの高山植物が花をつけていた。イワベンケイメノマンネングサといわれる多肉質の葉を持つ種類が多いのは岩質地帯の特徴である。
 山頂では,
赤岳をバックにして写真を撮ったが,赤岳に懸かったガスがなかなか晴れてくれないので,何度か撮り直しをした。山頂には長居せずに鞍部まで戻り,残りのおむすびを食べた。時刻も12時を過ぎていたので,下山にかかった。

 行者小屋まで下る途中でもたくさんの花を見ることができた。さすがに咲き終わったものも多く,もう少し早い時期にくればさぞかしきれいだったろうと想像した。オトギリソウはまだ花をつけていたし,ホソバトリカブトは今が盛りだった。  登りでは写真を撮ることが難しかったので,下りでは写真を撮りながら歩くことにした。
 オトギリソウ(左)                  ホソバトリカブト(右)

 行者小屋は,朝と違い,多くの登山者で賑わっていた。これから山頂を目指す人も多く,今夜は何処かの山小屋に泊まるのだろう。美濃戸まで下る道でも,実に多くの登ってくる登山者とすれ違った。天候の良い週末ということで,待ちかまえていた人も多かったのだろう。
 行者小屋からはもう北アルプスは見えなかった。行者小屋から美濃戸まではかなり長い道のりだ。しっかりと歩いたのだが2時間以上かかってしまった。もっとも,写真を撮りながら歩いたので,仕方なかったのかもしれない。足を酷使したせいか,右の膝が,曲げるときに痛さを感じるようになった。段差は左足で踏み切り,右足で着地するようにすれば痛くはないので,できるだけそうなるようにして歩いた。何とか痛みが強くなる前に帰着できた。
 駐車場にたどり着いたのは15時20分。靴だけ履き替えて,
美濃戸口の八ヶ岳山荘で入浴し,汗を流した。あとは,来た道を戻り,佐久ICから上信越道に乗った。伊勢崎ICから50号線に出て佐野藤岡ICで東北道に入り北関東道の壬生IC経由で自宅に戻った。
 このような強行軍ができるのも今のうちか。

ページトップへ