閉じる
庚 申 山

2003年(平成15年) 11月1日(土)


コース・タイム
 自宅(5:30) ⇒ 宇都宮市内集合場所(5:50-6:10) ⇒ 粕尾峠 ⇒ 銀山平かじか荘駐車場(8:10)
  駐車場(8:35) → 一の鳥居(9:45-10:00) → 鏡岩(10:50-11:05) → 庚申山荘(昼食11:30-12:50) → 庚申七滝 → 一の鳥居 → 駐車場(15:10)
 かじか荘(15:15- 入浴) 銀山平(16:10)  ⇒  宇都宮(17:50)

同行者
 上戸小ハイキング同好会

 今日は,職場の仲間とのハイキングだ。前回,7月に奥日光の西の湖 に行ったが,好評だったので第2回を計画した。
 紅葉を見に日光へ行ければいいのだが,この時期,日光 は近づかない方が良い。ということで,いろいろ考えたが,足尾の庚申山 へ行くことにした。今までの経験では,この時期に紅葉の最盛期 を迎えるはずだった。
 宇都宮から足尾ま では,日光を経由して日足トンネル を抜けるのが最も良いが,時間が遅くなると渋滞に引っかかる。清滝 を7時前に通過できればそれほど混まないと思われるが,それも確実ではない。そこで, 粕尾峠 を抜けて足尾に入ることにした。 慣れていない運転者にはちょっと大変だが,紅葉もそこそこ見られるはずだし,ゆっくり走れば何とかなるだろう。
 集合場所には自分を含めて9人が集合した。最初の予定ではもう少し多かったのだが,都合が悪くなり,結局10人の参加となり, 現地に直接向かうWさんを除いた9人が集まった。私の車に5人,もう一台に4人が乗って出発した。途中,コンビニで食料を調達し, 足尾 に向かった。追いつく車があれば先に行かせることにしてゆっくりと走ったが,交通量は少なく,その心配はいらなかった。 粕尾峠付近は色づいた葉も多かったが,落ち葉になっていたものも多かった。
 Wさんとは,8時に銀山平 の駐車場で待ち合わせたが,私たちが駐車場に着いたのは8時を10分ほど過ぎていた。 途中で携帯電話で連絡しようとしたが,足尾の町付近を除いては 「圏外」のため通話できなかった。
 林道から見上げた斜面の紅葉

 軽く食事をし,「かじか荘」 でトイレを借りて出発した。みんな元気が良く,傾斜の急な舗装道路をかなりのペースで歩いていく。 あまり頑張りすぎると後が心配だが,まあ,まかせよう。
 この時期にしては暖か く,長袖のシャツで歩いたが,汗が出てきたので,それを脱ぎ,半袖のTシャツ で歩いた。空にはところどころ薄雲が懸かっているが,陽射しもあり,風も殆ど無かった。
 鮮やかな紅葉

 一の鳥居 まで70分かかったが,まあ予定通りだ。紅葉は既に峠を過ぎてはいたが,特に鮮やかな紅葉が散り残っており, 十分に楽しませてくれた。登山道は落ち葉で埋め尽くされており,落ち葉の上をガサガサと音を立てながら歩いた。
 足元にあったゲンノショウコのさく果


 鏡岩の手前で3匹のサル に出会った。改めて,鏡岩に伝わる, 「父のためにサルに嫁いだ娘」の伝説を読んだ。

 庚申山荘 まで90分ほどで着いた。庚申山荘も痛みが出始めており,2階のベランダの手すりが,ロープで天井に縛り付けられていた。 山荘の前には先客は殆どいなかった。

 予定通り,ここで昼食とした。今回は,湯を沸かしてカップのみそ汁を飲んだ。前回のような「豚汁」は作らなかった。 おむすびを食べ,コーヒーを飲んで,かなりゆっくり休んだ。
 庚申山荘

 後から登ってきたグループにベンチを明け渡し,下山にかかった。いつも思うことだが,下ってみて初めてその傾斜に驚くことが多い。 こんな傾斜を良く登ったものだと我がことながら感心させられる。
 水面沢 に沿って下っていく。沢沿いの道は既に日陰になり,寂しさを漂い始めていた。秋の日は短い。 庚申七滝を見て,一路銀山平 に向かった。
 銀山平のかじか荘 で温泉に入った。入浴料は1人600円。すいており,ゆったりとした気分で入ることができた。
 帰路は,日光を通って帰った。日足トンネルを抜け,清滝から 日光道に入り,北道路 を通って,宇都宮まで帰ってきた。
 良い天気に恵まれ,楽しい一日だった。

 ページトップへ