瑞 牆 山

期日 2003年(平成15年) 11月23日(日)
 


コース・タイム
  宇都宮(4:26) ⇒ 足利 ⇒ 伊勢崎IC(5:48) ⇒ 高崎JCT ⇒ 藤岡JCT ⇒ 佐久IC(7:00) ⇒ 瑞牆山荘(登山口)(8:18)
     瑞牆山荘(8:35) → 富士見平(9:19-30) → 天鳥川出合(9:57) → 瑞牆山(11:10-12:10) →
        → 天鳥川出合(13:03) → 富士見平(13:27) → 瑞牆山荘(13:50)
  瑞牆山荘(14:06) ⇒ 浅科温泉(15:40-16:35) ⇒ 佐久IC ⇒ 伊勢崎IC(18:31) ⇒ 足利 ⇒  自宅(20:10)

同行者
   チコ

 天気も良さそうなので何処かに出かけたいと考えた。遠出は今年はもう最後になるだろうから,可能な範囲で足を伸ばしてみたいと思い,奥秩父の瑞牆山を選んだ。夏の頃から気になっていた山で,この機会に思い切って出かけることにした。
 
宇都宮から登山口の瑞牆山荘までは車でたっぷり4時間はかかる。登山口から山頂まで登り3時間,下りは2時間かかるが,日本百名山に選ばれており,登山道は良く整備されていると聞く。
 宇都宮はできるだけ早く出発したかったが,結局4時半近くになってしまった。まだ周囲は真っ暗で,星がきれいに光っている。夜が明けたのは上信越道に入ってからで,佐久平SAから見た北八ヶ岳は,中腹に雲をたなびかせながらも,朝日を受けて輝いて見えた。上空は厚い雲に覆われ,まだ夜が明けないかと思うほどの暗さで,朝日を受けたその部分だけが異常なくらい明るく光っていた。

 佐久平SAから見た蓼科山
佐久平SAから見た夜明けの蓼科山
 佐久ICで高速を下り,R141を南下して登山口に向かった。R141は何台かの車と一緒に走っていたが,海ノ口から川上に向かって左折すると,一緒に走る車は無くなり,急に淋しくなった。もしかして,この時期に瑞牆山に登る人などあまりいないのかと思った。
 しかし,登山口の
瑞牆山荘に着いてみると,周囲にはたくさんの車が停まっており,少し奥にある駐車場も満車状態に見えた。さすがに人気の山だけに,多くのハイカーが集まってきていた。私たちは路肩の空き地に車を停めて,支度を始めた。
 歩き出しの時刻が遅いためか,一緒に歩くハイカーは少なかった。登山道は,しっかりと踏み固められており,歩きやすかった。途中で休んでいたいくつかのグループをクリアーし,約45分で富士見平に着いた。

 天気は良く,抜けるような青空が広がっていた。気温は高くはないのだが,風も殆ど無く,暖かい。夏用の長袖シャツさえ袖をまくって歩いた。
 富士見平小屋の前から左に入り小さな尾根を越えると,右前方に瑞牆山の岩峰が木の枝越しに見えてくる。写真を撮りたいのだが,木の枝がじゃまになり,いい撮影ポイントがない。やっとの事で,木の枝が開け,写真の撮れる場所を見つけた。さすがに岩峰の迫力に圧倒される。

 木の枝越しに瑞牆山が見えてきた

 天鳥川を渡ると,桃太郎岩と呼ばれる大きな岩が現れる。大きな球形の岩が真二つに割れている。

 ここからは傾斜が急になり,岩が大きくなってくる。両手を使ってよじ登る場所や,ロープを伝って登る斜面も出てくる。
 天気は良いが気温は低く,高度が上がるに従って寒さを感じるようになってきた。
 足元の霜柱は融けずに残っており,浸みだした地下水がツララになって下がっている。
 地下水が大きなツララを作っていた
 左手に,「大ヤスリ岩」と名付けられた垂直に立った大きな岩が現れる。その右をすり抜け高度を稼いでいくと,黒森からの登山道と合流する。山頂へは,ここから右へ回り込み,岩峰の裏側から登る。

 山頂は大きな一枚岩だ。決して狭くはない頂上だが,既に到着した多くのハイカーで埋め尽くされ,座れる場所はもう無かった。

 山頂から見た「大ヤスリ岩」

 山頂標識の前で写真を撮り,岩の上に立って周囲の景色を堪能した。八ヶ岳南アルプスの山々も,山頂部分を残し既にわき上がってくる雲に覆われ始まっており,その全体が覆われてしまうのは時間の問題だろう。富士山は見えなかった。さすがに直ぐ隣の金峰山はよく見え,山頂の五丈岩まではっきりと確認できた。

 山頂から浅間山を望む

 山頂から眺めた八ヶ岳



 南アルプスはわき上がる雲に隠されようとしていた

 岩を下り,日当たりの良い地面にシートを広げ,昼食にした。風はなく暖かだったが,気温は低く,汗をかいたシャツが冷えて冷たい。50分ほどかけてゆっくり休み,下山にかかった。
 下山する時には山頂もガスで覆われてきた。日が陰るとさすがに寒くなる。この時刻でも登ってくる人がかなりおり,登る人に道を譲るため,度々立ち止まらなければならなかった。そのため,
富士見平まで休憩を取らずに下りることができた。富士見平小屋の前には多くのハイカーが休んでいたが,ここでも休憩を取らず,結局,登山口までノンストップで下りてきてしまった。後ろから6〜7人のグル−プがついてきたので,追いついたら道を譲ろうと思いながら,ついつい足が速くなり,自分としてもかなりのスピードで歩いてしまった。
 瑞牆山荘で記念のバッチを買ったが,400円にしっかりと消費税を20円取られた。山でバッチを買い消費税を取られたのは初めての様な気がする。この近くの温泉は,増富ラジウム温泉が有名だが,帰る方向と反対方向なので諦め,前回の蓼科山の帰りに入った浅科温泉「穂の香乃湯」に入った。前回と違い今日はかなり混んでいた。しかし,300円は安い。
 帰路,
上信越道で渋滞にはまったが,それほどひどいものではなかった。上信越道往復4線化工事はかなり進んでおり,対面交通は無くなった。1車線の部分は,下りではほんの一部だけになったが,上り線ではまだかなり残っている。そこが渋滞のネックになっている。

ページトップへ