閉じる
古 賀 志 山 馬蹄形縦走

2003年(平成15年) 12月7日(日)


コース・タイム
 自宅 ⇒ 西登山口
  西登山口(9:23) → 432.7(9:58) → 赤岩山(10:30) → 御岳山(11:21) → 古賀志山(11:33-45) → 富士見峠(11:53) → 岩稜(12:28-14:30) → 林道(15:57) → 登山口(16:30)
 西登山口 ⇒ 自宅

同行者
 山のぼMLメンバー

 今日は,「山のぼML」 の人たちと, 「古賀志山馬蹄形縦走」 をしてきた。1月に行うMLオフ会の下見を兼ね,忘年会を兼ねた登山だ。
 参加者は,MLオーナーの岳岳さん,ボッカさん,ハイジさん,Sさんご夫妻,それに私を含めて6人。
 集合場所は赤川ダム駐車場  9時集合ということで少し前に着いたら,駐車場の端で立ち話をしている人がいた。近づくとその中に顔を知っているボッカさんがいた。 車の中から挨拶をし,車を駐車場の外の道ばたに停め,準備をしてから改めて挨拶した。 ボッカさん以外は初対面だが,写真で見ていたので,直ぐに分かった。
 ボッカさん夫妻は,ボッカさんの腰が十分に回復していないので,馬蹄形縦走は止め, こちらから登り,山頂で合流することにした。
 4人は,岳岳さんの車で西登山口に向かった。 県道70号線文挟 方面に進み,宇都宮市から今市市 に入って700mほど進んだところで右側の林道に入る。分かりづらい所だが, 奥の駐車スペースがあまり大きくないので, この方がいいのかも知れない。
 林道を少し進むと,既に車が3台ほど停まっていた。ここが登り口だ。 身支度をして歩き始めたが,道らしい道はない。
 ところどころ踏み跡らしいものはあるのだが,作業用の脇道も多く,案内がいないと分からないかも知れない。 しかし,高いところを目指し方角を決めて歩いていけば,何とかなるのだろう。
 明るい陽射しがヒノキの植林越しに差し込んでくる。

 途中に,プレハブ小屋が あり,ここが目印になる。ここからは 急登 になるが,その分ルートがはっきりしてくる。急斜面を両手を使いながら登ると,最初のピーク( 432.7 )に着く。ここは小休止にいい場所で,ここからは日光連山 がよく見えた。しかし,奥白根山 は雲の中で見えなかった。
 432.7ピークからは日光連山が近くに見える

 ここからは尾根伝いに歩いて30分で赤岩山 ,さらに50分で 御岳山に着く。赤岩山 から先は,何度か歩いたことがあるコースで,岩の出た尾根道だが,安心して歩けた。 御岳山頂はたくさんのハイカーで混雑していたので,休憩も取らずに 古賀志山頂まで進んだ。古賀志山頂 では,既に到着していたボッカさんたちがコーヒーを沸かして待っていてくれた。コーヒーをごちそうになり,昼食場所である 弁当岩を目指して出発した。  中尾根分岐への登りと,559 手前の登りが空腹には応えたが,なんとか登り切って,12時半に昼食場所の弁当岩 にたどり着いた。
 2人の先客がいたが,なんと,岳岳さん達の知り合いの方だった。座る場所を譲ってもらい,さっそく大宴会の開始だ。 と言っても,私や,岳岳さんなどは,車を運転して帰らなければならず,アルコールはがまんした。  ハイジさんがチーズフォンジュの準備を始めた。まず, ウインナソーセージを茹で,その後で チーズ を溶かした。思ったより簡単にできたが,とてもおいしかった。チーズをワイン で溶かしたので,ワインの香りがして,大人向けの味になった。そのほか,岳岳さんの 「ピリ辛タコ炒め」 や,いろいろなものをごちそうになり,自分が持っていったおむすびは,食べず終いだった。
 最高の味 チーズフォンジュ

 2時間ほどの大宴会を終えて出発したのは午後2時半だった。
 補助ロープを使って岩場を下る

 ボッカさん達はここから,来た道を戻る予定だったが,ここからだと,西登山口へ下っても大きな違いはないということで, 私たちと一緒に西登山口へ下ることにした。
 帰路は,ここから西に,岩尾根伝いに下っていくのだが,急な崖も何カ所かあり,慎重に下っていった。
 急な斜面では,岳岳さんが持ってきていた補助ロープ を設置し,安全を確保しながら下った。特に危険な場所は無かったが, 踏み跡が定かではない所もあり,ルートを間違えないように気を付けなければならない。
 冬の陽は傾くのが早い。 岩の上に立ち今日のルートを振り返る。

 尾根を下り,ヒノキの植林 に入るとさらにルートがわかりにくくなったが,低い方を目指して下れば,林道 に出るので,心配は要らない。
 林道に出たら,左に下っていくと,出発点に戻ってくる。
 かなりハードなコースだろうと覚悟して行ったが,好天気に恵まれ,楽しく歩くことができた。
 とても面白い魅力的なコースなので,記憶が薄れないうちに, もう一度このコースを歩き,ルートを確認しておきたい。

 ページトップへ