閉じる
古 賀 志 山

2004年(平成16年) 2月15日(日)


コース・タイム
 自宅(8:50) ⇒ 赤川ダムP(9:15)
  駐車場(9:20) → 東尾根突端(9:44) → 東稜見晴(10:38) → 富士見峠(10:55) → 中尾根分岐(11:12) → 昼食場所(11:38-12:30) → 北コース道(13:05) → 駐車場(13:28)
 駐車場(13:40) ⇒ 自宅(14:05)

同行者
 チコ

 今日は少し早いのだが,マンサク の花に出会えるかなと思い,東尾根に出かけた。
 今日は,ゆっくりと8:50に自宅を出た。赤川ダムの駐車場 まで約25分かかる。
 釣り堀の北の橋のたもとから東尾根に登る。時期さえ合えば, 東尾根の東端の辺りでマンサク の花を見ることができるのだが,残念ながら今日はまだ早かったようだ。 尾根筋に何本かのマンサクがあるのだが,いずれもまだ花を付けてはいなかった。
 東稜見晴らしに登って北の方を見ると, 高原山も那須連山も雲の中で見ることができない。今日は, 那須岳で県山岳連盟主催の冬山訓練が行われているはずだが,どんな様子なのだろうか。 日光連山も見えない。時々,白い物が舞ってくる。 日陰には,昨夜降ったという雪が,融けずに残っている。
 正面に高原山 が見えるはずなのだが,今日は見えない。

 東稜見晴 雪が残っていた。


 富士見峠への道も白かった。



 せっかく来たのだから,中尾根に廻り,途中から バリエーションルートを下ってみることにした。
 中尾根分岐から中尾根 に入り,500mほど進んだところで,ルートは直角に左に曲がり,496 に進むのだが,今日はそこから降りてきた。巻き道 を左に見送り,まっすぐ登ると,広い尾根 に出る。ここで昼食を食べた。風もなく,暖かだ。ここから,東稜コース を登る人の姿が見える。

 昼食を食べてゆっくり休んでから出発した。中尾根縦走コース を外れ, 正面の尾根 を下っていく。踏み跡はしっかりしており,迷うことはなかった。岩場もある急斜面で,かなり楽しいルートだ。 当然のことだが,クサリやロープの設置は一切無く,自然のままだ。それだけに楽しさを味わえる。
 岩場を下り,檜の植林帯に入ると,ルートが分かりづらくなったが,適当に下ると 北コースの登山道 に出た。迷っても問題はないが,逆にこのコースを登るとなると,登り口が分かりづらいことになる。
 北コースから「新道コース」の登り口。目印はない。


下山ルート詳細図   (「日本一精緻な古賀志山案内」→「北コースから中尾根概観」と辿って下さい。図で「新道コース」と書かれているコースです。)


 ページトップへ