茶 臼 岳

期日 2004年(平成16年) 2月21日(日)
 


コース・タイム
 宇都宮(自宅)(7:30) ⇒(高速道)⇒ 那須大丸(8:35)
     大丸(9:04) → ロープウエイ駅(9:36) → 峠の茶屋(9:55-10:00) → 峰の茶屋(11:00-07) → 山頂(11:55-12:15) →
       → 峰の茶屋(12:50-55) →休憩(13:30-14:00) → 峠の茶屋(14:08) → ロープウエイ駅(14:20) → 大丸(14:38)
 大丸 ⇒ 宇都宮 

同行者
   チコ

 那須峰の茶屋付近の強風はすさまじい。私も2年ほど前の9月に朝日岳に登ろうとして,あまりの強風に途中で引き返したことがある。特に,冬季の強風はものすごく,遭難者が出ることもあるくらいだ。
 今年も,2月15日に行われた,栃木県山岳連盟主催の冬山安全教室でも,中の茶屋跡まで行けず,峠の茶屋付近で雪洞訓練をせざるを得なかったという。
 冬型の天気の時には,三斗小屋方面から抜けてくる風の通り道となり,風速が倍加する。
移動性高気圧に覆われたときがチャンスなのだが,そんな天気はひと冬に幾度もない。
 ところが,この週末,
日本全土が大型の移動性高気圧に覆われると言う予報が出た。千載一遇のチャンス到来と言うことで,那須に出かけることにした。茶臼岳には今までに何度も登っているが,積雪期に登ったことはない。初挑戦だ。

 大丸の駐車場に着いたのは8時35分。自宅から65分で着いた。さすがに,高速道を使うと速い。大丸の駐車場に停まっている車は,まだ少ない。正面に朝日岳が朝日を受けてが輝いている。

 大丸より上の道路は閉鎖中だ。いつも駐車している峠の茶屋駐車場までは,ここから40〜50分かけて歩かなければならない。


 準備をして,アイゼンを付けて出発した。ルートがよく分からないが,車道を横切りながら,踏み跡をたどって登っていった。傾斜もかなりあり,汗をかいた。
 シーズン中賑わっているロープウエイ駅も今は静かだ。

 峠の茶屋は冬期閉鎖中だが,小屋の前で休憩にした。登山口の左にある鳥居も,1mほどを残して雪に埋もれていた。ここには風が当たらないので,雪がたっぷりとあった。


 ここから急な斜面を一気に登り,稜線へ出る。灌木が生えているところで,まだ風は殆ど吹いてこない。
 徐々に高度を上げていくと,灌木もまばらになり,正面から吹き付けてくる風も強くなってきた。
 ここで,
奇妙なものを見た。踏み跡に沿って,雪が固まって土手のようになって続いているものだ。踏みつけられた雪は固まり,風で飛ばなくなるため,土手のように盛り上がって残ることになる。いかに風が強いかを証明するようなものだ。


 ここまで来ると,ミミズクの耳のような2つの尖塔が見えてくる。見慣れた双耳峰も,雪をかぶると,また違った雰囲気になる。

 正面に峰の茶屋が見える。ここから峰の茶屋までは雪は殆どない。強風で吹き飛ばされてしまったのだ。岩がむき出しになっている。


 登山口より峰の茶屋まで60分かかった。無雪期は45分程度で来られる道だが,今日はアイゼンを付けての歩行なので,まあまあの時間だった。
 今日は穏やかだといっても,時々,体を持って行かれそうな風が吹きつけてくる。
 
登ってきたルートを振り返る。雪はあまり見えない。


 朝日岳に登るため,剣が峰を登る人が見える。夏道は剣が峰の右側をトラバースするのだが,積雪期は落石や雪崩で危険なため,剣が峰を越えて行くのだ。逆に,無雪期は,剣が峰は崩壊がひどく,登山禁止になっている。



 山頂へ向かうが,この道も雪は少ない。山頂へ向かうルートから山頂を望む。



 山頂付近は,強風と地熱のため,雪が殆ど無い。峰の茶屋から45分で山頂に着いた。夏時間と大差なかった。

 山頂は風が強いためエビのしっぽ」が発達していた。しかし,今日は気温が高く,山頂の祠についたエビのしっぽも,融け始まっていた。



 山頂から見る景色はさすがに一級品だ,残念なことに,今日は気温が高いため,遠方は霞んでしまい,よく見えない。しかし,近くの,流石山から大倉山(三倉山)にかけての稜線は真っ白に輝いている。


 今日は,初挑戦ながら無事に山頂を踏むことができた。今日は土曜日でもあり,もっと多くの登山者がいるものと思っていたが,予想外に少ないので驚いた。今日一日で出会った登山者は10人程度だった。アイゼンを付けている人が多かったが,軽アイゼンの人もいたし,アイゼンを全く付けていない人もいた。
 もっとも,今日歩いたコースの状態ならば,アイゼンは付けなくとも歩くことはできた。
大丸から登山口を経て中の茶屋跡までは雪が多かったが,凍結はして居らず,防水の効いた登山靴なら十分に歩けた。また,中の茶屋跡から峰の茶屋まではレキがむき出しで,アイゼンを付けているとかえって歩きにくい。峰の茶屋から山頂までも,一部を除いて雪は少なく,アイゼンを付けない方が歩きやすい。ただ一カ所,山頂直下の雪渓をトラバース気味に登るところだけは,スリップすると大事故になるので,足元はしっかりした方がいい。

ページトップへ