閉じる
筑 波 山 裏筑波

2004年(平成16年) 4月11日(日)


コース・タイム
  自宅(7:35) ⇒ 筑波山キャンプ場(P)(8:55)
    登山口(10:00) → 女体山頂(10:55) → 御幸ケ原(11:25) → 周回路(昼食11:45-12:40) → 御幸ケ原(13:00) → 登山口(14:25)
  キャンプ場(14:45) ⇒ 自宅(16:00)

同行者
   ムギさん,ヒバリさん,しげピーさん,おさむさんとリクちゃん,あやさんとママさん,ちぃにぃさん,kimuraさん,チコ

 ML仲間のムギさん 裏筑波に行かないかという呼びかけに,私達も参加することにした。 ちぃにぃさんも参加するということなので楽しみだ。
 3月13日の黒斑山 以来,1か月ぶりの山行になる。やはり,年度末,年度始めは山に出かける回数を減らさざるを得ない。 チコが,足が痛いと言っていたので,参加できるか,直前まではっきりしなかった。
 登山口の筑波山キャンプ場駐車場 まで,自宅から1時間半くらいかかると見て,9時半集合だから,自宅を8時前に出ればいいと考えていた。 少し早めに出ることにして,7時35分に自宅を出た。  予報では「晴」のはずだったが,上空は雲に覆われている。宇都宮から 真岡,二宮,下館を経て登山口まで1時間20分かかった。
 駐車場 にはすでにかなりの数の車が停まっている。 その中には,たぶん今日一緒に登る人もいるのだろうが,顔を知らないのであいさつのしようもない。
 しばらくして,ムギさん がやってきた。ムギさんと一緒に何にかの人がやってきたのであいさつし,身支度のために自分のくるまに戻った。
 身支度をしていると,1台の車がやってきて脇に止まった。運転している人を見て直ぐに分かった。 ちぃにぃさんだった。
「はじめまして」 というあいさつをしたが,初めてという感じがしない。何とも不思議な感じだ。
 全員揃ったところで,ムギさんからあいさつがあり,お互いに自己紹介してミーティングを終了した。今日は, 「山のぼろう会」「かわうそ山岳会」 の合同オフ会ということになった。「かわうそ山岳会」 は,ネットを利用した山岳会で,かなり積極的に山行を行っているという。
 まず,キャンプ場周辺の花 を観察してから,山頂へ向けて歩き始めた。キャンプ場周辺にはカタクリ が大小いくつもの群落を作っており,丁度今が花の真っ盛りだった。
 いろいろなカタクリの写真を見ていると, 花弁の内側の文様 の大きさに違いがあることに気づいた。その文様が殆ど見えないものも有れば,線画のような文様がはっきり見えるものもある。花弁の 反り返る程度 によっても,見え方に違いがあるようだが,最近,このことに興味を持っている。


キクザキイチゲも薄いブルーの花を咲かせており,とてもきれいだった。
 白花のキクザキイチゲ

 キクザキイチゲイチリンソウ の仲間であるが,アズマイチゲはどちらかというと ニリンソウの仲間に近い。
 イチリンソウの仲間では,葉の切れ込みが大きく, イチリンソウでは花びらが5枚であるのに対し, キクザキイチゲでは花びらが8〜13枚と多い。
 また,ニリンソウの仲間では葉の切れ込みが浅く幅広で, 花びらが5枚あるのがニリンソウ で,8〜13枚あるのが アズマイチゲである。
「花びら」と書いたが,花びらのように見えるのは正しくは 「がく片」で,この仲間では花びらはない。
  これはニリンソウ
 ハルトラノオも,小さい花を咲かせていた。虎の尾にしては小さくてかわいい花穂だ。

  エンレイソウも花びらのない花である。この仲間の シロバナエンレイソウ オオバナエンレイソウには白い花びらがある。

 山頂は多くのハイカー・観光客で賑わっていた。
 狭い女体山頂 は写真撮影の順番待ちだったが,なんとか写真だけ撮って御幸ケ原 に向かった。
 御幸ケ原に向かう途中で「カタクリ祭」 と書いたのぼりの立っているところがあった。 一角に綱を張り,カタクリを保護し育てているところで,多くの観光客がその中に作られた遊歩道を歩いていた。
 御幸ケ原から男体山を廻る 周回道に入った。空きっ腹にコンクリートの階段はつらい,歯を食いしばりながらやっと 昼食場所 にたどりついた。 この周回コースは,普段は人通りが少ないのだが,今日はかなり多くの人が歩いている。 これも,カタクリのためなのだろうか。
 巡回コースの途中でエイザンスミレ をみつけた。葉の形に特徴があるので区別できる。葉が細かく切れ込んでいるスミレは2種あるが,東日本で見られるものは,殆どがこの エイザンスミレである。 薄いピンク色の花びらが美しい。

 1時間程かけてゆっくり昼食を食べた。 暑くなく寒くなく,丁度よい気候で,天気もだんだん良くなってきた。
 昼食後は周回コースを進んで御幸ケ原に戻ったが,ここでは丁度「がまの油売り口上」 の実演が行われていた。珍しかったし,けっこう面白かった。
 下山は,ユースホステル跡 の方に下った。道は広く,午後1時を過ぎたのに,登ってくるたくさんの人とすれ違った。
途中,黄色い花が房状に垂れ下がるキブシ の花がきれいだった。秋には赤い実が垂れ下がる
クロモジの花も咲いていた。クロモジ の材は香が良く,これで爪楊枝を作る。

 舗装道路に出て10分も歩くと駐車場に戻る。
 キャンプ場の駐車場には,野菜の直売場もでき,賑わっていた。
 今日は,チコの足が気になったが,痛みがひどくなることもなく,楽しく歩くことができた。
 カタクリの花もいっぱい見ることができたが,ハイカーもまたいっぱいだった。
 ムギさんはじめ,ヒバリ さん,しげピーさん,おさむ さんとリクちゃん,あや さんとママさん,ちぃにぃ さん,kimuraさん,皆さんお世話になりました

 ページトップへ