閉じる
男 体 山 ヤッホー宇都宮歩荷訓練

2004年(平成16年) 7月4日(日)



コース・タイム
 宇都宮(自宅)発 (5:10) ⇒ 二荒山神社駐車場(6:00)
  登山口(7:15) → 1合目(7:22) → 2合目 → 3合目(7:57-8:10) → 4合目(8:30-45) → 5合目(9:08-26) → 6合目(9:35) → 7合目(10:10-20) → 8合目(11:02) → 9合目(11:40-53)→ 頂上(12:33-13:35) → 登山口(16:57)
 駐車場(17:10) ⇒ 宇都宮(18:30)

同行者
 赤トロさん,ちぃにぃさん,けいこさん,岳岳さん,他

  今日は「ヤッホー宇都宮」の歩荷訓練を 男体山でやるという。ノルマは, 男性30kg以上女性17kg以上 である。自分はとてもそんなに担げないが,一緒についていくことにした。
 この週末は,前からの予定では,浅草岳にヒメサユリを見に行くはずだったが,チコの足の具合が思わしくなく,これは断念した。 それではということで,私一人男体山の歩荷訓練にいくことにした。

 1週間前の天気予報では,この週末の天気はあまり良くなかったが, 当日が近づくにつれてだんだんと良くなり,当日は朝から良い天気だった。 宇都宮からは霞んでいて男体山 は見えなかったが,夏の朝としては良くあること。かえって夏らしい天気の証拠でもある。
 二荒山神社登山者用駐車場 に6時30分集合ということだったが,自宅を早く出たので,6時には駐車場に着いた。間もなく, 赤トロさんがやってきて,少しすると ちぃにぃさんが,けいこさん 岳岳さんと一緒にやってきた。 ちぃにぃさんのグループのメンバーも到着して, 総勢11人 になった。

宇都宮組は私と岳岳さんと赤トロさんの3人あとはちぃにぃさんたちのグループが8人だった。 けいこさん とは初対面なのであいさつをしたが,お互いにはじめてのような気がしないといって笑った。


 全員が揃ったところで自己紹介などをしたが,初対面の人たちの名前は一度聞いただけでは覚えられなかった。
 私のザックは11kg で,いつもと変わらない。先日のセルフレスキュー講習会で習った, 膝を保護するテーピング をやってみた。結果として,上り下りとも膝の痛みが出なかったので,効いていたのかも知れない
 社務所で入山料500円 を払い,登山安全のお守りをもらった。鳥居をくぐり登山道に入ると,まず,階段の登りだ。
 間もなく1合目に着く

 ここを,下山時の集合場所にするということを確認して先に進んだ。
 私は列の最後尾を歩いた。32kgを背負っている岳岳さん は,さすがに苦しそうで,少しずつ遅れてきた。私は岳岳さんの後ろを歩いた。 最後尾が私で,その前が岳岳さんという順は,今日一日殆ど変わらなかった。
  2合目の標石

 登りでは気づかずに通り過ぎてしまいこの写真は帰路に写したもの。

 登山道は,3合目で林道に出る。 ここから 4合目までは舗装された林道歩きだ。

 そこで,会長から「じゃんけんしよう」 と提案があった。勝った順に好きなザックを背負うのだ。 会長からは「つかさんは除外して」という有り難い提案があったのだが, 試しに背負ってみると何とかなりそうなので,仲間に入れてもらうことにした。
 ところが,もともとじゃんけんの弱い私が予想通り最下位 。一番重いザックを背負わなければならないことになったのだが, みなさん優しい人たちで,30kg以上のザックはみんな他の人が選んでくれた。
  私は約20kgのザックを背負うことになった。

 傾斜は緩く,舗装した道路なので,20kgくらいならば背負って歩くのはたいした苦労ではなかった。そんなわけで 4合目にはトップグループで到着した。
 先に4合目に到着したグループが後続を待つ。

 4合目の標石

 いよいよここからが本格的な登り になる。歩荷のペースに合わせて登るので,自分にとってはあまり苦しさは感じなかった。
 5合目の標石

 6合目の標石

 大きな石の上にある。下を見て歩いていると気づかずに通り過ぎてしまう。
 7合目で休憩中







  8合目には滝尾神社がある。



 岳岳さんに,8合目と9合目の間で,ヒカリゴケ を教えてもらった。ヒカリゴケは,自分からは光を出しているわけではなく,表面に並んだ レンズ状の細胞 が光を反射して光っているのだ。夜に,猫の目や鹿の目が光るのと同じ原理だ。木の根の下の土が流されて空洞になった奥に ヒカリゴケ があった。写真に撮ろうとカメラを構えて近づくと,光を遮ってしまうので,光らなくなってしまう。 それにしても,緑色に神秘的に光っている。
 9合目で休憩するちぃにぃとけいこさん

 羨ましいほど仲のいいすてきなカップルだ。けいこさんのタイガースのタオルがかっこいい。

 頂上直下のザレ場 には階段状の土留めが作られ,歩きやすくなっていた。しかし,重い荷物にはこの段差が厳しい。

 歩き始めて約5時間かけて頂上に着いた。岳岳さんは体力が十分に回復していなかったため,とても苦しそうだった。 でも,意地でも荷は軽くしないといってがんばった。本人も言っていたが,これは 自分との戦いなのだということがよく分かった。
  山頂の剣が峰

 この場所は,三角点 のある場所より高い。男体山の標高は三角点の標高 2484.5mとされていたが,最近になって,この 剣が峰の標高2486mが男体山の標高になった。
 ゴゼンタチバナ



  マイヅルソウ


 ハクサンシャクナゲ

 ハクサンシャクナゲアズマシャクナゲ の最も明確な違いは,葉の付き方だ。
 ハクサンシャクナゲでは,葉の基部が鋭角に葉柄に繋がっているが, アズマシャクナゲでは,基部が滑らかに葉柄に流れている。
 山頂では,栃木県山岳連盟主催の清掃登山 に参加した30人ほどのグル-プが休んでいた。ラリグラスHCのメンバーだ。清掃登山に参加していた キクさんと会うことができたので, 岳岳さん,ちぃにぃさん,けいこさん,赤トロさんに紹介した。キクさんも今日は 20kg背負ってきたという。
 山頂では,荷重として背負ってきた,水の入ったポリタンクやペットボトルを取り出して並べた。壮観だった。
 時間もかなりすぎているのであまりゆっくりもできない。各自昼食をとった後 剣が峰の太刀の前 で記念写真を撮り,下山のための撤収にかかった。 山の上では貴重なはずの水を,ペットボトルから惜しげもなく捨てている姿は異様だった 。通りかかった外国人2人連れに,岳岳さんが流暢な英語で水は要らないかと声を掛けた。 欲しいというのでペットボトル2本をあげた。
 帰路は,それぞれ荷を軽くしてスタートした。ちなみに,私の場合は腹に詰め込んだ分だけしか軽くならなかった。メンバーは 太郎山神社 まで行ったが,私と岳岳さんは一足早く下りはじめた。でも,直ぐに追いつかれてしまった。途中,女性が 足をひねったというので,ちぃにぃさんが テーピングで固定 してあげた。その後は私達より早いスピードで下山していったので,程度は軽かったようだ。 間もなく荷物の軽いグループ(私を除いて)は,どんどん下っていき,私達との間隔が開いた。しばらくは, ちぃにぃさん,けいこさん,赤トロさん,と私達の5人 で下っていった。決してゆっくり下ったわけではないが,私も足をかばい,ストックを使いながら下っていった。
 十分に注意しゆっくり歩いたせいか,テーピングが効いたせいなのかは分からないが, この山行では,足は痛くならなかった。
 登山口に降り立ったのは午後5時少し前だった。今日一日十分に男体山を楽しむことができた。 他のメンバーはやしおの湯に行ったが,私と赤トロさんは駐車場でみんなと別れて帰宅した。
 登り5時間強,下り3時間半。 通常荷とは言っても,標高差1200mを往復したのだから,自分としてはかなりいいトレーニングになった。

 ページトップへ