閉じる
燕 岳-常 念 岳 縦 走

2004年(平成16年) 7月27日(火)-31日(土)


コース・タイム
7月27日(火)
 宇都宮(18:00) ⇒ 壬生IC ⇒ 伊勢崎IC(20:00) ⇒ 高崎JCT ⇒ 藤岡JCT ⇒ 豊科IC(22:00) ⇒ 中房温泉駐車場(23:00)(車中泊)
7月28日(水)
  中房温泉駐車場(5:25) → 登山口(5:35-45) → 第1ベンチ(6:23) → 第2ベンチ(7:07) → 第3ベンチ(7:51) → 冨士見ベンチ(8:50) → 合戦小屋(9:25-51) → 合戦の頭(10:20) → 燕山荘(11:20-12:25) → 燕岳(12:47-13:25) → 燕山荘(14:00)
7月29日(木)
  燕山荘(6:25) → 大天井岳(10:24-30) → 大天荘(10:50-11:00) → 東天井岳 → 横通岳 → 常念小屋(13:00)
7月30日(金)
  常念小屋(6:20) → 常念岳(7:50-8:00) → 常念小屋(9:00-20) → 最後の水場(10:15) → 一の沢ヒエ平駐車場(13:45)
 駐車場(14:30) ⇒ 白馬(16:00)(ペンション林檎の樹)
7月31日(土)
 白馬 ⇒ 長野善光寺 ⇒ 宇都宮

同行者
 キクさん,T子さん,チコ

1 計画から登山口まで
 今年の夏のメインは,から 表銀座を縦走し, まで行く計画を立てた。弟(キクさん)から,夏のメインは一緒に行きたいと言われていたので,姪(T子さん)も誘い,4人で行くことにした。
 チコの足の状態が完全ではなく,一緒に行くことができるか,出発の直前まで心配だった。
 しかし,出発までにかなり回復したので,完全に不安が消えたわけではなかったが,ダメならば引き返す覚悟で一緒に行くことにした。
 出発が近づくと,台風 が南方海上に発生し,その動きが気になってきた。移動速度が遅いので,進路を予想することが難しい。 とりあえず1~2日間は天気は持つだろうと判断し,予定通り出かけることにした。

 7月27日(火) 
 19時に同行者2人と宇都宮の自宅で待ち合わせ出発。宇都宮からは上信越道路を通り,更埴ジャンクションから長野道に入り, 豊科インターで高速を降りた。順調に走り,23時過ぎに 中房温泉第一駐車場到着した。駐車している車は 30台程度でまだ余裕がある。女性2人は車で,男性2人はテントに分かれて朝まで仮眠した。

2 燕山荘まで
 7月28日(水)
   駐車場を出発


 5時出発の予定が,準備にとまどり,登山口から登りだしたのは5時30分 を廻っていた。登山者は少なくなかったが,列を作るほどではなく,自分のペースで登ることができた。
 合戦尾根は「北アルプス三大急登」 の一つと言われている。名前通りの急登だが,登山道は良く整備されており,歩きにくい所はない。

 ちなみに  「北アルプス三大急登」は,
     ・ブナ立尾根(烏帽子岳)  ・ 赤岩尾根(鹿島槍ヶ岳)  ・ 合戦尾根(燕岳) の3つ
 一方   「日本三大急登」は,
     ・ブナ立尾根(烏帽子岳)  ・ 黒戸尾根 (甲斐駒ヶ岳)  ・ 西黒尾根 (谷川岳) の3つ

 第一ベンチ

 第二ベンチ 

 第三ベンチ


 冨士見ベンチ

 合戦小屋名物のスイカにかじりつく

 合戦小屋を出発

 第一ベンチ,第二ベンチ,第三ベンチ,冨士見ベンチと,順調(自分としては)に登っていった。 合戦小屋到着は9時25分。名物のスイカ は1切れ800円とチョット高いが,大きな切り身で,甘く,十分に満足した。
 小屋から少し登ると,槍ヶ岳の穂先が見えてくる。 

 合戦の頭は小さな広場で,ここまで来ると周囲の山々が見えてくる。


 進行方向に燕岳山頂が見える。

 ここから燕山荘 までの登りは,天気が良かった分,体力の消耗が激しく,急に速度が落ちた。燕山荘 に着いたのは11時25分だった。

 小屋の前に飛び出すと,突然,目の前に北アルプス の心臓部が姿を現した。野口五郎岳から 鷲羽岳,双六岳へと続き,左端には,周囲を押さえ,一際鋭く, 槍の穂が天を突いて聳えている。思わず,時間の経つのを忘れ,見入ってしまった。 
  燕山荘前からのパノラマ写真

 ここで,この後のコースについて結論を出さなければならない。計画では,この日 大天井ヒュッテ まで行くことになっている。時間的に不可能ではないが,かなり遅くなることを覚悟しなければならない。それより大問題なのは, 台風の影響 がどうなるかだ。小屋で仕入れた台風情報によれば,進行速度が遅く,影響は続くようだ。 「高い山では1000kmの遠くから台風の影響が出る」と言われており,私としては, 「明日からは天候が崩れ,その状態が2~3日続く」と結論した。この判断に基づいて, 槍ヶ岳を断念し,常念岳までの縦走 に変更することにしたした。
 そうと決まれば先を急ぐことはない。この日は燕山荘 に泊まることにして,燕岳までゆっくりと往復した。
 山頂までの砂礫地にはたくさんのコマクサ が咲いていた。小さな株までもが精一杯に花を咲かせている。思わず「がんばれ」と声を掛けたくなる。

 燕山荘から眺めた燕岳山頂


 白い砂ハイマツの緑が美しい

 山頂付近には奇岩が林立している。

 をバックに大満足の私


 しかし,一方で,情けなくなるような光景も 目に入ってきた。いくつもの足跡が,張られたロープを乗り越えてコマクサの近くまで伸びているのだ。 多分,写真を取りに行ったのだろうが,あまりにも自分勝手な行動に腹が立った。
 少なくとも,この高さまで登ってくる人は,自然に対する認識は,一般の人よりあるはず。 その人がどうしてこんなことをするのだろうか。その矛盾にどうしても納得できなかった。

山頂付近から,燕山荘を眺める。


  山頂での記念撮影

 燕山荘に戻って,ビールで乾杯



今日出会った花たち



 テガタチドリ

 ハクサンフウロ

 エゾシオガマ

 チシマキキョウ

 コマクサ

 コマクサ

 コマクサの群落

 ミヤマアキノキリンソウ

 珍しい白花のコマクサ



3 常念小屋まで
 7月29日(木)
 日の出の時刻は4時50分頃。待ちきれず,4時半頃には小屋の前に出てご来光を待った。眼下には 一面の雲海が広がっており,荘厳さを感じさせる。やや強めの風が吹き, 寒い

 たなびいている雲の上端が明るい線で縁取られると,その一点が オレンジ色に光り出し ,やがて,その光が広がり,高度を増していく。カメラを構えたまま,夢中でシャッターを切り続けた。

  早朝には美しい日の出を見ることができたが,時間が経つにつれて徐々にガスが上がってきて,小屋を出発する頃には,当たり一面 ミルク色の世界になってしまった。同宿者の中には 槍を目指して出発してい くグループが多く,羨ましい気持ちが無いわけではなかったが,自分の判断を信じて 常念への路を進んだ。 

 ガスの中をまずは大天井岳を目指して 出発した。視界は10mから50m程度 で,踏み跡を頼りに足を進めた。唯一の慰みは,多くの高山植物 に出迎えられたことだ。特に,コマクサ の可憐さには心を和まされた。

 蛙岩(ゲーロ岩)

 木のハシゴを下る

 いくつかの登り降りを繰り返し,切通岩 小林喜作のレリーフを過ぎると,大天井岳 への最後の登りだ。


 足元を見つめながら,一歩一歩登ると,間もなく大天荘 の前に出る。まずは,ここに荷物をデポし,山頂を目指す。
  雷鳥が出迎えてくれた  

 大天井岳山頂

 大天荘の前で昼食,霧の粒が大きくなってきた 


 大天井岳でも視界は全くなく,早々に大天荘 に戻って昼食を食べることにした。燕山荘 で作った弁当は,もち米のおむすびで,おいしく,腹持ちも良いものだったが,まだ,あまり腹も空いて居らず, 半分だけ食べて,残りを途中で食べることにした。
 大天荘前で槍ヶ岳 方面に向かう道を分け,常念小屋 に向かった。霧の粒がだんだんと大きくなり,雨具を付けようかどうかで迷った。 メンバーは,それぞれ,自分の身体の状態と経験に基づいた判断で雨具を付けて,あるいは付けずに歩いた。
 景色の見えない中で黙々と常念小屋 を目指して歩いた。でも,ものは考えようで,おかげで の心配も無かったし,太陽の直射による体力の消耗もなかったので,これは意外とラッキーだったのかも知れない。
 ただ,コースの中で,何カ所か,大きな岩がゴロゴロしたところを通過するところがある。岩の上には 足跡が付きにくい ため,ルートがはっきりしない。そのため,ガスに覆われると,方向が分からなくなり, 道に迷いやすくなる 。特に,岩が雨で濡れると,足跡がますますわかりにくくなり,ルートファインディングにはかなりコツが必要になる。 このコースには殆ど「赤ペンキ」などのマーキングがない 。個人的には,このことは賛成だが,経験の浅い人には厳しいだろう。
 常念乗越までやってきて,横通岳 を振り返った。足元に,常念小屋の屋根が見える。

 辺りを包んでいたガスが薄くなり,常念岳が見えた。

 常念小屋に着く頃には,雨粒がかなり大きくなっていた。小屋では 乾燥室がフル稼働しており,濡れたものを乾かすことができた。
 雨はだんだんと強くなり,夜半には雨粒が小さな窓ガラスをたたいた。 明日は,雨の中を下山しなければならないだろうと,誰もが覚悟を決めた。


今日出会った花たち



 トウヤクリンドウ


 チングルマの実


 タカネナデシコ


 グンナイフウロ


 ヒナコゴメグサ


 イワツメクサ


 タカネヤハズハハコ


 チングルマの実


 ヨツバシオガマ


 ウサギギク


 オトギリソウ




4 常念岳へ
  7月30日(金)
  ガスっていた空が,出かける頃になってとぎれてゆき,青空が見えるようになってきた 。 真っ直ぐ下るつもりだったが,急遽,常念岳の山頂をピストン してから下ることにした。
 
 常念小屋と横通岳

 西岳の向こうに槍ヶ岳の穂先

 相変わらず,ガス が塊状となって流れていたが,そのガスの切れ間に,昨日は見られなかった山々が姿を現した。なだらかな頂を持つ 大天井岳,その左の鞍部に大天井ヒュッテ が見え,その左の山腹をトラバースしたあとは,稜線に沿って付けられた 縦走路 が見える。縦走路を左に辿っていくと西岳の左肩に ヒュッテ西岳が見える。 喜作新道 はここから向こう側に折れ曲がり,下って行くため見えなくなる。
 ヒュッテ西岳の背後には東鎌尾根 が真っ直ぐに槍ヶ岳 に向かって登っていく。かなりの急傾斜で,嶮しい様相を見せている。槍ヶ岳 から左に, 大喰岳,中岳,南岳と連なり,大きなU字形の 大キレットを挟んで北穂高岳 涸沢岳,更に白出ノコルの左には 奥穂高岳,吊り尾根を挟んで前穂高岳 まで一大パノラマが繰り広げられている。しかし,残念ながら,いずれも山頂付近はガスに覆われており,全容を見ることはできなかった。
 常念岳にも時折ガスが流れてきて,一面が真っ白になった。東には低い位置に太陽があり, 「ブロッケン現象」 も見ることができた。
ブロッケン現象

 山頂での記念撮影 

 山頂から眺めた大キレット キレットの背後の山は 白山

 いよいよ下山開始
 9時20分,いよいよ登山口に向けて下山を開始した。 一の沢 の上部は急斜面だが,一面のお花畑であり,満開の花を写真に納めながら,下っていった。

 一の沢上部
 振り返って見た登山道 良く整備されている。


 一の沢登山口

 それまで太陽の直射を受けていたものが,エボシ沢 ?の辺りから急に黒い雲に覆われ,雨が降ってきた。一時はかなり激しい降りとなり, 登山道にも雨水が流れた。20分ほどで雨も止み,また,太陽が照りつけてきた。ヒエ平に着いたのは14時10分だった。
 今回,中房温泉からヒエ平まで,自家用車の回送サービスを利用した。金額はやや高めだが,縦走をする場合にはかなり便利だ。

 このまま帰宅することも可能だが,安全のために1泊し,疲れを取ることにした。


今日出会った花たち



 オヤマノリンドウ

 センジュガンピ

 クガイソウ

 ホソバトリカブト

 シシウド

 タマガワホトトギス

 タケシマランの実


  シモツケソウ

 ヤマボクチ


 ページトップへ