地 蔵 ヶ 岳

期日 2004年(平成16年) 8月26日(木)〜29日(日)
 


コース・タイム
 8月26日(木)
    自宅(13:25) ⇒ 壬生IC ⇒ 川口JCT ⇒ 大泉IC ⇒ 調布IC ⇒ 韮崎IC ⇒ 青木鉱泉P(18:10)(車中泊)
 8月27日(金)
    青木鉱泉(6:22) → 南精進ヶ滝(8:35-9:00) → 白糸の滝(11:00) → 五色の滝(12:00) → 鳳凰小屋(13:10 泊)
 8月28日(土)
    鳳凰小屋(6:15) → 地蔵ヶ岳(7:00-05) → アカヌケ沢ノ頭(7:15) → 鳳凰小屋(7:45)
    鳳凰小屋(8:20) → 燕頭山(9:55) → 御座石鉱泉(12:25)
    御座石鉱泉 ⇒ 青木鉱泉 ⇒ 御座石鉱泉 ⇒ 白馬(林檎の樹)
 8月29日(日)
    白馬 ⇒ 松本(松本城) ⇒ 宇都宮

同行者
   チコ

  今年の夏山の締めくくりとして鳳凰三山を計画した。鳳凰三山というと,夜叉神峠から縦走するコースが一般的だが。車で行くとなると,ちょっとルートがとりにくい。そこで,青木鉱泉からドンドコ沢をピストンすることにした。ドンドコ沢は,色々なレポートを読むと,高度差と距離があり,かなり厳しいコースのようだが,急がなければ十分登れると判断した。
 当初,8月22日の夜に出発し,23日に登る計画を立てたが,天気予報がが思わしくないので延期し,26日に,仕事が終わりしだい出発することにした。
 ところが,チコの足が,3日ほど前から再び痛み出した。8月9日には
奥白根山にも登り,何とか歩けるだろうと考えていたのだが,このまま実行すべきかどうか迷った。本来ならば,山行を中止すべきなのだろうが,行けるところまで行ってだめなら戻るつもりで,出かけることにした。
 
韮崎方面から鳳凰小屋に行くコースとしては,青木鉱泉からドンドコ沢を登るコースと,御座石鉱泉から燕頭山コースの2つある。また,中道を通って薬師小屋に行くコースもある。これらの中から登り道と降り道を選べばいい。実際に歩いた人のレポやアドバイスを参考に,急登だが滝を見ながら登れるドンドコ沢コースを登ることにした。一応,2日目には観音,薬師を廻り,中道を下る計画を立てたが,これは多分無理だろうと思っていた。チコの足のことを考えると,鳳凰小屋まで行ければそれで十分だと思った。

8月26日(木)
 仕事は午前中で終わったので,自宅に戻って荷物を積み込み出発した。中央高速の韮崎ICまで,どういうコースをとったらいいか考えたが,オーソドックスに東北道から外環に入り大泉から下を走って調布ICから中央道に入った。韮崎ICで高速を降り,青木鉱泉のHPで見た「新しくできた道」を通って青木鉱泉の駐車場まで進んだ。18時10分,暗くなる前に到着した。
 車の後部座席を倒して寝る場所を確保して夕食の準備にかかった。夕食は,途中のコンビニで買ってきた弁当を,カンビールを飲みながら食べた。今回は寝袋を持ち込んだので,寒いことはなかった。トイレは駐車場から少し離れたところにあったが,
水洗できれいだった。駐車場に停まっている車は自分のを含めて4台,うち1台は近くにテントを張ってその中で寝ていたが,残りの3台は,車内で夜を明かした。

8月27日(金)
 朝は5時少し前に起きた。まず,湯を沸かしテルモスに入れ,残りのお湯でスープリゾットを作りパンと一緒に食べた。
 身支度をして,
6:10 駐車場を出発した。青木鉱泉で登山計画書をポストに入れ,登山口を出発したのは6:20 過ぎ。天気は,雲は多めだが陽射しはあり,暑くなりそうだった。
 チコの足の具合を確認するようにゆっくりと歩き始めたが,もう既に痛みがあるという。今日は
鳳凰小屋まで行くのは無理だろうと思った。とりあえずは,南精進ヶ滝まで行って戻るつもりで登り始めた。
 コースは,
ドンドコ沢の左岸に沿って付けられている。2.5万分の1地形図では,一度右岸に渡るようになっているが,実際には左岸だけを登っていく。
  約2時間と少しで,南精進ヶ滝まで来た。50mほど脇に入ったが,木の枝がじゃまをしていて滝の姿はよく見えない。チコの足は少しずつ調子が上がってきて,ゆっくり行けば鳳凰小屋まで行けそうだという。そこで目標を鳳凰小屋の改め,先に進むことにした。

 
ドンドコ沢コースは,このような枝沢をいくつか越えていく。

 鳳凰の滝はパスした。
 
白糸ノ滝は「どこが白糸?」と思いたくなるような立派な滝だった。

  タカネビランジをこの山行で初めて見た。

 登っていくと五色ヶ滝の分岐標識があったので,そこから沢に降りていった。ところが,かなり進んでもなかなか滝が見えてこない。沢を飛石伝いに反対側に渡って初めて全体が見えてきた。道は更に奥まで続いていたが,ここで引き返した。 

 登山道に戻って更に登っていくと,再び
五色ヶ滝の標識が現れた。ここからだと,斜面を少し下っただけで全体が見渡せた。先ほどの標識から入る必要は無かったのだ。時間と体力をかなり無駄遣いしてしまった。

 チコの足の具合はだんだんと悪くなっていた。休憩をとればその後少しの間は痛みが和らぐが,歩くと痛んでくる。やはり,小屋まで行くのは無理だったのか。小屋まで行けると判断した自分の判断ミスかも知れないと思ったが,ここまで来てしまったのだから,何とか小屋までたどり着かなければならない。
                                            鳳凰小屋の周囲にはヤナギランがいっぱい
 休み休みで,何とか鳳凰小屋にたどり着くことができた。 青木鉱泉発6:25,鳳凰小屋着13:10で,7時間弱で登ることができた。とにかく,小屋までたどり着けて良かった。明日の降りのことが頭をよぎったが,休養することで回復することを願った。
 とりあえず今日はここまでということで,受付をすませ,小屋に入って自分の寝場所を確保した。今日の宿泊客1番乗りだった。部屋には電気が点いておらず,真っ暗で,ヘッ電を点けないと作業ができない。

 着替えてテラスに出,ビールで乾杯。残りのおむすびを食べた。 このテラスからは携帯電話が繋がる。時々ガスがかかるが晴れ間もある天気で,気分がいい。
 夕食は5時30分。ここのメニューは
カレーライスと決まっているが,お代わりができる。あまり空腹でもなかったので,お代わりは遠慮した。トイレは別棟で,古典的なもの。夜中には行きづらい。この晩の宿泊者は15人で,女性はチコ1人だった。
 
南アルプスの山小屋は,北アルプスの山小屋とは大きな違いがある。南アルプスでは数十年前のスタイルがいまだに残っている。南アルプスでは,北アルプスと違い,まだまだ登山が一般化して居らず,マニアの世界なのだろう。したがって山小屋は,食べて寝られれば良く,快適さなどはあまり求めないようだ。もっとも,登山者が少なく,設備の改善などは,経営的にも難しいのだろう。
 小屋の主人の態度も特徴的だ。(北アルプスでも一部には残っているようだが)主人の態度は
極めて横柄高圧的で,「泊めてやるから言うことをきけ!」という姿勢で接してくる。確かに,ルールを無視する輩には厳しく接することは必要だが,私など,気が弱いから,びくびくしながら,顔色をうかがうことになってしまう。
 夕食時,主人が得意げに話を始めた。
他の山小屋の悪口や愚痴が多く,聞いていて楽しくない。現在はこれだけ多くの情報が流れており,山小屋の親父の話を有り難がって聞く時代ではない。燕山荘の赤沼オーナーの話はとても面白かったのと対照的だった。
 そんなことを含めて,この山小屋は極めて印象的だった。


 8月28日(土)
 前日夕刻から土砂降りの雨,そんな雨が一晩中続いた。登頂を断念し,カッパを着て雨の中を下山しなければならないことを覚悟した。
 しかし,夜明けとともに雨や止み,一面濃いガスに包まれた。
 朝食を食べ,下山の準備をしていると,一瞬ガスが晴れ,青空が顔を出した。この調子なら,地蔵ヶ岳に登れるかも知れない。急遽
地蔵ヶ岳をピストンしてから下山することにした。
 チコは,足の具合から,下山に備えて小屋で待機することで,私だけが行くことにした。
 軽身の単独行は意外とペースが掴みにくい。スタートの飛ばし過ぎで直ぐに息が切れた。それからは無理をせず,自分の身体の言うままに登った。
 20分ほど登ると山頂が見えてきたが,それからのザレ場が苦しい。それでも,昨夜の雨のせいで,砂が締まっており,いつもよりは歩きやすかったらしい。

 雪渓の登りのように,足をV字型に開き,内側のエッヂを効かせて小さな歩幅で登る。山頂は見えているのになかなか近づかない。山頂が見えてから到着するまで,かれこれ20分もかかってしまった。
 まず,地蔵ヶ岳の方に向かった。オベリスクにはロープが懸かっているので,登ろうとすれば登れないことはないと思った。でも,今日は時間の関係もあるので遠慮することにした


 オベリスク直下の本尊まで行って引き返した。登山者は誰もいない。地蔵ヶ岳独り占めである。

 
地蔵ヶ岳の本尊



 賽の河原は,多くの地蔵さんが立ち並ぶ独特の風景だ。小授け地蔵と言われ,一体を担ぎ降ろして祈願し,めでたく子どもが授かったらば二体にして担ぎ上げて納めるのだそうだ。古いお地蔵さまもあったが,比較的新しい物が多かったのが印象的だった。この信仰が現在も生きている証拠である。

 賽の河原から眺めた地蔵ヶ岳のオベリスク
                   地蔵ヶ岳より眺めたアカヌケ沢の頭
 思ったより早く着いたので,
アカヌケ沢の頭まで行くことにした。賽の河原から5分ほどでいける絶景ポイントだ。しかし,徐々にガスに覆われ,頭に着いた頃は一面のガスパノラマだった。甲斐駒ヶ岳と北岳の見える(はずの)方向に向けてそれぞれ写真を撮った。

 ハイマツの中のナナカマドの実が真っ赤になっていた。
                     タカネヒゴダイ(地蔵ヶ岳)

 山頂からの降りは早かった。ザレ場は大股で滑るように下った。アカヌケの頭から小屋まで30分だった。

 シラヒゲソウ(鳳凰小屋周辺) 珍しい花だ。昨夜降った雨の滴が付いている。
                    イワインチン(鳳凰小屋周辺) 


 タカネビランジ(鳳凰小屋周辺)
  ホウオウシャジン(鳳凰小屋周辺)  鳳凰山系だけに見られる稀少種 

 小屋で小休止し,いよいよ下山にかかった。御座石鉱泉に下るのは,昨日のうちに決めていた。別に山小屋の親父に言われたからではない。ドンドコ沢のコースは,昨日登ってみて,段差が大きく,下るのには膝に負担がかかりすぎると判断したのだ。事実,御座石温泉に下る燕頭山コースは歩きやすいコースだった。
                         セリバシオガマ
 白い小さな花がかわいい。特徴的な葉で区別できる。

 崩壊地に点けられた木製の階段も,崩れてくる砂で半分近くが埋まっている。

 他にも,朽ちて崩れたハシゴなどがたくさんあり,これを整備すれば更に歩きやすくなるのだが。

                     ダイモンジソウ


 燕頭山には標識があったが,西ノ平は気付かずに通りすぎてしまった。

 足をいたわりながら,(チコだけでなく私も)ゆっくり降りたが,4時間ほどで
御座石鉱泉まで下ることができた。
                       レンゲショウマ 
 薄紫の花が美しい ドンドコ沢コースでもいくつか見られたが,燕頭山コースの方が多く見られた。

 マツモトセンノウ 
 フシグロセンノウは,葉の付け根の茎が黒くなっている。これは,黒くないのでマツモトセンノウ
 御座石鉱泉で,鳳凰小屋で作ってもらった弁当を食べた。空腹だったので,残らずおいしく食べた。
 
御座石鉱泉から青木鉱泉まではバスで移動するつもりでいたが,次のバスまで1時間以上もある。そこで,温泉に入りに来た人に頼んで青木鉱泉まで乗せてもらった。
 下山後は青木鉱泉に1泊するつもりでいたが,早い時間に下山できたので,白馬まで車をとばし,なじみのペンション「林檎の樹」に泊まった。

ページトップへ