妙高山・火打山

期日 2004年(平成16年) 10月10日(日)〜11日(月)


コース・タイム
 10月10日(日)
  宇都宮(4:00) ⇒ 燕温泉(8:05)
     駐車場(8:25) → 麻平分岐(10:10) → 天狗平(11:25-45) → 妙高山南峰(13:30-14:00) → 燕新道分岐(15:20) → 黒沢池ヒュッテ(16:40)
 10月11日(月)
     黒沢池ヒュッテ(6:45) → 高谷池(7:35) → 火打山(9:30-10:00) → 天狗の庭(10:50-11:05) → 高谷池ヒュッテ(11:15-30) →
       → 黒沢池ヒュッテ(12:15-40) → 三ツ峰分岐(13:40) → 大倉沢(15:05-15) → 麻平分岐(15:40) → 燕温泉(16:15)
  燕温泉 ⇒ 宇都宮

同行者
   キクさん,Tさん,他2人

 今年の体育の日を含んだ9日(土)10日(日)11日(体育の日)の3連休には,弟と飯豊山にいく計画を立てていた。ところが,また,台風が来襲し,3連休初日に東日本を直撃することになった。そこで,日程を1日ずらし,10〜12日に変更して実行することにした。9日に登山口の川入まで入り,キャンプ場の駐車場で夜を明かし,10日に登り始める計画だ。駐車場で台風をやり過ごすわけだが,台風の通過速度によっては,朝まで影響が残るかも知れない。
 ところが,8日夜に,
ある事情が発生して9日の出発が不可能になってしまった。その後も,予定が立たないので飯豊山山行は中止とすることにした。
 問題は9日に解決した。あと2日間休みが残っており,台風一過で天気も良さそうと言うことで,どこかに出かけたくなった。
キクさんに電話すると,いつものメンバーで妙高山に行くという。4人なのであと一人増えてもいいから一緒に行こうと誘われた。日帰りを考えていたので躊躇したが,妻が「行って来たら」というので,思い切って行くことにした。
 早速,装備を準備した。
飯豊山行のために準備したザックの中から,寝袋と食料を取りだし,あとはそのままにした。不要なものもあったが,トレーニングを兼ねて,少し重いものを担いで登ることにした。出発の時点で16kg弱だった。

10月10日(日) 
 キクさんの家に私の他,3人が集合し,
午前4時に5人で出発した。東北道を佐野藤岡ICで降り,下道を走り,伊勢崎ICから再び高速道に乗った。北関東道,関越道,上信越道と乗り継いで,妙高高原ICで降り,赤倉温泉を通り燕温泉に向かった。駐車場には8時少し過ぎに着いた。宇都宮から4時間かかった。

 駐車場は,燕温泉街の手前の路肩にあり,舗装され,ラインで区画されている。ここだけで40台程度停められる。きれいなトイレもあり,登山基地としては最適だ。私達が着いたときには,既に満車に近い状態だった。最も手前の空きスペースに車を停めた。ここが満車の場合には,更に手前に数十台停められる駐車場がある。

 駐車場から温泉街の中央を通る舗装道路は,傾斜が急なので,ここを急いで歩かないようにしなければならない。 途中に駐在が立っており,「日が暮れるのが早いから,12時になったら引き返すように」と注意された。
 温泉街を通り抜けたところで,標識に従って左に入る。スキー場に付けられた作業道をゆっくりと登る。


 作業道から分かれ,山道に入る。少し登り,左にカーブすると称名の滝が見えてくる。滝の後の岩壁がオレンジ色になっており,鮮やかな美しさだ。
 岩壁では紅葉が進んでおり,赤・黄・緑のコントラストが美しい。



 北地獄谷に沿って登っていくと,称名の滝の下に,光明の滝が見えてくる。二つの滝とも,岩壁が鮮やかなオレンジ色になっている。この色は,流れている水の色のためではなく,どうやら岩そのものの色のようだ。二つの滝を見ながら,急な斜面を登っていく。


 二つの滝を過ぎた辺りから,沢に沿って登っていく。この河床もオレンジ色になっている。

 高度を上げて行くに従って,紅葉が美しさを増していく。植物の名前がはっきりと分からないのが悔しいが,ダケカンバやブナ,ウルシなどがそれぞれの色に染まっている。


 対岸の斜面は,また,違った美しさだ。緑色のクマザサの中に,黄色と赤の対比が美しい

 光善寺池は小さな湿原の中の小さな池だ。ここまで登ってくると,紅葉も最盛期だ


 妙高山の山頂南峰と北峰の二つに分かれている。まず,南峰山頂につく。
 ここには馬に乗った「将軍地蔵」というちょっと変わったお地蔵様が祀ってある。 この将軍地蔵にはその由来が次のように書かれている。

本山ニ鎮座マシマス将軍地蔵ハ西暦千九百四十二年大東亜戦争時代国民一致団結必勝祈願天下泰平世界平和五穀豊穣ノ神ト祀ル
 「
将軍地蔵」は「蓮華三昧経」という経文の中に出てくる地蔵菩薩であって,金剛智という仏が持つ強い力で悪業煩悩の軍を切り開くという意味から,信仰の強さを武器に譬えて説いたお経の中のお地蔵様だ。そのため,この経文の意味を像に表すために,一風変わった武将の姿になったと言われている。
 北峰には三角点の他に,誰かが作って置いた山頂標識がある。
 北峰山頂の三角点 メンバー5人の手


 山頂から下っていくと,長助池が見えてくる。湿原とダケカンバなどの紅葉が,いい対比をしている。


 山頂の溶岩ドームを下りきると分岐がある。右へ進むと,長助沼を通り,大倉池黒沢池の方から来た道と合流する。私達は,左に進み,大倉乗越を目指した。大倉乗越までの登りはそれほどの登りではないのだが,疲れた足にはつらかった。
 
大倉乗越で自宅に電話を入れた。ここからは携帯電話が繋がる。ここからだらだらと下って,黒沢池ヒュッテについたのは4時40分だった。
 今日のコースは足元の悪いところが多く
足が泥だらけになった。あまりにひどいので,流しのたまり水で靴の泥を落とした。

 黒沢池ヒュッテは,カボチャのような面白い形をしている。1階が食堂と厨房などで,2回と3階が寝室になっている。
 私たちは最初2階に割り当てられたが,敷き布団1枚に2人の割合で,かなり混雑していた。
 部屋に荷物を置くと直ぐに外に出て
ビールで乾杯 直ぐに日が暮れ,暗くなってきたので,ヘッドランプを付けて小宴会を行った。日が暮れると,急に寒くなった。
 夕食は,ごはん,味噌汁,コーンスープ,煮物。ごはんと味噌汁はお代わりができる。


 ヒュッテは傾斜した8本の太い柱に支えられた8角形の面白い形をしている。これは,深い雪の重みに耐えるための構造なのか。


 夕食後に,団体のキャンセルがあったということで,3階に移るように言われた。
 3階では布団1枚に1人ずつで,まだ余裕があった。おかげで
ゆっくり眠ることができた

10月11日(月)
 今日は,火打山を往復してから,燕新道を通って燕温泉に下る。

 朝食は,クレープ,黄桃1/2,コンソメスープ,コーヒー。クレープには,野菜サラダ,ベーコン,各種ジャムなどを挟んで食べる。コーヒーはポットで出てくるので,2〜3杯飲める。物足りないかと思ったのだが,かなり満腹感はある。

 サブザックに雨具と水,行動食を入れて出発した。



   高谷池から天狗の庭にいく途中にある,岩混じりの湿原

 天狗の庭  火打山の山頂はガスの中


 天狗の庭には,たくさんの池塘がある。


 山腹から俯瞰した天狗の庭

                                       火打山の山頂。気温が低く,あわててシャツを着た。


 火打山の山服では,植生の復元が行われていた。 



   ハイマツに覆われた尾根を,ガスが通り過ぎていく。


 高谷池と高谷池ヒュッテ。 高谷池ヒュッテは三角屋根のきれいな建物だ。


 黒沢池ヒュッテまで戻ってきた。 黒沢池ヒュッテは,8角形の変わった形の建物だ。ログハウス風で,内部は3階になっている。


 ヒュッテで預けていた荷物を受け取り,下山にかかった。 ヒュッテから下る道には,最近刈払われた笹の葉が積もっていて歩きづらい
 高度が下がるに従ってガスが濃くなってきた。妙仙橋は大きな吊り橋。ガスに霞んで対岸が見えない。



 この山行では,テストの意味で少し重いザックを背負って歩いた。決して背負えない重さではなく,事実,重くて歩けないと言うことはなかった。しかし,その重さは筋肉疲労として筋肉の中に蓄積していった。そのため,1日の行程の後半で動くのがつらくなった。
 また,登りが続くと
左の股関節が痛くなった。少し休むと,歩き始めてもしばらくは痛みがなくなるが,徐々に痛みが出てくる。下りでは痛くならない。今まで痛くなったことがないところだ。
 下りでは,
右膝の痛みが出た。ストックを使い,段差を慎重に降りたので,痛みがひどくなることはなかった。
 登りでも,下りでも,みんなに付いていくことができず,足を引っぱってしまった。重いザックを背負ったのは全く個人的な問題なので,そのことでみんなに迷惑をかけてしまい申し訳なかった。

ページトップへ