閉じる
太 平 山

2005年(平成17年) 2月11日(金/祝)

 穏やかな冬の日,もとの職場の仲間達と,太平山 を歩いてきた。先月末に痛めた足が完全には治っていないが, 山靴を履いて歩くのはそれほど苦痛ではなかったので,なんとか歩けるだろうと出かけてきた。

コース・タイム
 宇都宮 ⇒ 遊楽々館(集合・車デポ) ⇒ 大曲駐車場 
  大曲駐車場(10:05) → 太平山神社(10:15-20) → 太平山頂(10:40-50) → ぐみの木峠(11:10) → 晃石山(11:45-13:00) → 桜峠(13:25) → 馬不入山(14:10-15) → 遊楽々館(15:10)
 遊楽々館 ⇒ 謙信平 ⇒ 大曲駐車場 ⇒ 宇都宮

同行者
 上戸小ハイキング同好会

 太平山(オオヒラサン)は,北東端の 太平山から,南西端の 馬不入山(ウマイラズサン) まで尾根が繋がっており,楽しく縦走できるコースだ。ところが,縦走するには下山口に車をデポしておく必要がある。下山口には 岩舟町が作った入浴施設「遊楽々館(ユララカン)」があり,ここで汗を流し温まることとした。
 2月11日には栃木市 が主催する太平山周回駅伝が行われるという情報を, taniさんのHPで知った。早速,taniさんにメールを出し,詳細を教えてもらった。
 当日は,謙信平駐車場 が中継地点となるため,一般車は駐車できないらしい。そのときは, 大曲の駐車場に停めることにした。

 今回の参加者は10人なので,4台の自動車で 遊楽々館に集まり,そこに2台をデポし,2台に乗って登山口に向かった。 六角堂から謙信平 に向かって登っていくと,駅伝の先導車とすれ違い,そのあと,続いてランナーが走ってきた。予想通り, 謙信平駐車場には停められなかったので,そのまま進んで, 大曲の駐車場に停めた。 駐車場から車道を歩き, 随神門から石段を登り太平山神社 に向かった。

・ 太平山神社
 太平山の「太」は,中に点がある。しかし 大平町の「大」には点がない。 太平山神社 も中に点がある「太」の字だ。それぞれ謂われがあるのだろうが,面白いことだ。


・太平山頂の浅間神社
 「太平山」は別名「 富士山」で,頂上には 浅間神社が祀ってある。


・ パラグライダー基地
 晃石山(テルイシサン)の手前の尾根に, パラグライダー基地 がある。南向きに開けたところで,見晴らしが良い。北側の樹木が風を遮り,暖かな場所だ。ここで小休止。

・ 晃石山頂
 晃石山頂には一等三角点 がある。数少ない一等三角点の一つだ。

 山頂で記念撮影したあと,晃石山神社 まで降り,境内で昼食とした。ここには「自由にお使い下さい 」と書かれたブルーシート が備え付けられており,使わせてもらった。お湯を沸かし,みんなでカップ麺を食べた。陽射しが暖かく,眠くなるような時間だった。
・ 馬不入山を過ぎ,「陽だまり」を歩く
 今日一日,風も強くなく,暖かなハイキングを楽しむことができた。 私の足は,斜面を登るときは全くと言っていいほど痛まない。 反対に,斜面を降るときには指先が圧迫されて痛い。馬不入山からの降りは,かなり急なところもあり,痛みを我慢して歩いた。


・ 遊楽々館の駐車場から馬不入山を望む
 正面奥が馬不入山 。尾根から直接に駐車場方面にくだることができたのだが,道が不明瞭なので,今日はグレープロードに降り,道路を歩いて 遊楽々館までたどりついた。
 遊楽々館は,昨年4月にオープンした入浴施設で,天然温泉ではない が,明るくきれいな施設で,十分リラックスできた。


 たっぷりと時間をとって入浴した後,登山口の大曲駐車場 に向かった。途中,お土産を買うために,謙信平 の開いている土産屋を探した。やっとのことで開いている店を見つけ,それぞれ, 団子や,焼き鳥,卵焼き を注文した。できあがるのを待っっている内に陽は落ち,眼下に夜景が広がっていった。
 図らずも,素晴らしい夜景を見ることができ,満足して帰途についた。


 ページトップへ