谷 川 岳

期日 2005年(平成17年) 4月23日(土)
 


コース・タイム
  宇都宮(4:00) ⇒(関越道)⇒ 土合駐車場(6:00)  
   駐車場(7:00) ⇒ (ロープウエイ) ⇒ 天神平(7:25)
      天神平(7:35) → 稜線(8:10) → 熊穴沢避難小屋(8:50) → 天狗岩(9:45) → 肩の小屋(10:40) →
              → 山頂(トマノ耳)(10:55) → 肩の小屋(11:05-45) → 熊穴沢避難小屋(12:45-13:05) → 天神平(13:50)
   天神平(14:00) ⇒ (ロープウエイ) ⇒ 土合(14:15) 
  土合駐車場(14:45) ⇒ 上牧温泉「風和の湯」(15:15-45) ⇒関越道⇒ 宇都宮(17:05)

同行者
   キクさん

雪の谷川岳に登ろうなんて,数年前までは考えても見なかった。「あそこ」はプロの世界であり,素人が足を踏み入れる場所ではないと考えていた。ところが,少しずつ残雪の春山に行くようになり,経験が増えてくると,雪の締まった時期ならば,もしかしたら自分でも行けるかも知れないと思うようになった。今年は,山岳会の「雪山訓練」なるものにも参加し,いよいよ雪の谷川岳を実行することにした。
 昨年霧降から女峰山往復を一緒に歩いた
きくさんに声をかけ,一緒に行くことにした。宇都宮を早朝に出発すれば,十分に日帰りが可能ということで,自宅を4:00に車で出発した。まだ金精道路が開通していないので,南回りで関越道経由で土合駐車場に向かった。途中の交通状態も良く,2時間ちょうどで土合駐車場に着いた。
 身支度を調え,
7時営業開始のロープウエイに間に合うように,駐車場を後にした。外に出てみると,雲は多めだが,陽射しもあり,良い天気だ。
 
ロープウエイに乗って高度が上がってくると,後方に白毛門の勇姿が見えてくる。今日は天気が良く,陽が射しているが,山の頂は雲の中だ。

 まず,天神平のロープ駅を出てから,どっちへ行けばいいのかが分からない。当然のことだが,スキー場のゲレンデの案内はあるが,登山ルートの案内表示などはない。ロープウエイの下をくぐる夏道のところには雪が積み上げられており,歩くことはできない。

 岳岳さんに教えてもらったように,峠方向に向かう道を探してみた。ロープウエイ駅を出てから,時計回りに駅舎を回り込み,天神峠に向かうリフト乗り場を過ぎると,先行グループが斜面を登っているのが見えた。北東に伸びる枝尾根に登り,そこから天神尾根に至るのだ。

 スキー場の境界を示すロープに沿って登っていくのだが,この登りが,いきなりの急登で苦しい。

 稜線に出ると正面に谷川岳の迫力ある姿が見える。しかし,山頂は雲の中で見えない。 山頂から右に伸びる西黒尾根の稜線は,たっぷりと雪を残し,はっきりと見える

 トレースは1本ではなく,かなり広がりっているが,最近の降雪のため,その上を5〜10cmの新雪が覆っており,注意しないとルートを見失うことになる。



数回の小さなアップダウンを繰り返し,熊穴沢避難小屋に着いた。



 避難小屋は完全に雪の下で,積雪量を量る鉄の柱だけが出ていた。
 積雪は310cmを示しており,穴の奥に屋根の一部が見えている。もうじき屋根が顔を出すだろう。



 天狗岩では,先行者が休んでいたが,風と横殴りの雪がひどくなったので,ザックカバーと雨具を付けた。さすがに風は冷たく,ほおに当たる風と雪粒が痛い。

 肩の広場と肩の小屋の分岐に立つ標識強風のため「エビのシッポ」が発達している。

 山頂は強風と雪が吹き付け,視界はゼロ。しかたなく,写真だけ撮って肩の小屋に向かった。

 肩の小屋は,一昨年に新しく建てられたもので,春から秋までは食事付きで泊まることができる。
 (詳しいことは水上町観光商工課「谷川岳肩の小屋の利用について」を参照)

 靴を脱いで上がるのが面倒だが,内部は快適で,外とは別世界だ。40分ほど居て下山にかかった。

 下ってくるに従い,天気も回復し,見通しが良くなってきた。  幅の広い尾根では,ルートを示す赤い旗が頼りだ。登りの場合は,原則的に高い方へ進めばいいのだが,降りではそうはいかない。

 「マナイタグラ」の岩場がすぐ隣に見える。中央奥に見える三角形の頂は,小出俣山(オイズマタサン)

 下山ルートを見渡す。正面の山が「天神山」で,ルートはその山の登り口で左の枝尾根にトラバースし,そこから天神平に降る

 風も弱くなり,青空も出てきた。名残惜しい気持ちで,緩やかな尾根を降る。

 西黒尾根の,今にも崩れ落ちそうな雪庇を望遠レンズで捉えた。 斜面にも,大きな割れ目が幾筋もできており,いつ雪崩がおきても不思議では無い状態だ。

 稜線から天神平を俯瞰する。

 雪が
シャーベット状態に近くなり,降りの急斜面では,一歩ごとに雪が崩れていく。 降りではさほど問題ではないが,これを登るとなると苦労するだろう。

 山頂を振り返ると,谷川岳の山頂付近にも陽が射してきたが,山頂を覆っている雲は,最後まで取れなかった。


 無事,ロープウエイ駅まで降りてくることができた。
 新しいロープウエイの建設が進んでおり,新しい鉄塔が見えている。新ロープウエイは今年(2005年)9月開業とのこと。

 麓ではさくらが咲き,春真っ盛りだが,山の上はまだ冬だ。真冬の厳しさがどれほどなのかはまだ知らないが,気温が氷点下2℃で強風と雪の世界は,十分に冬の領域だ。
 こんな中で,谷川岳の頂上に立つことができたことは,やはり感激だ。夏の岩場縦走と違い,一歩一歩に危険は感じないのだが,もし足を滑らせたら数十メートルあるいはもっと落ちてしまうだろうと思われるところもあり,そう言う意味で,雪山は「危険」なのだと思った。また,天候の変化も,冬山では命に関わる場合もある。標高の違いによって気温や風の強さ,雪質ががらりと変わる。これも良い経験になった。
 来年もぜひ,この時期の谷川岳に登りたい。


ページトップへ