至 仏 山

期日 2005年(平成17年) 5月3日(火・憲法記念日)
 


コース・タイム

  宇都宮(5:00) ⇒ 鳩待峠(7:25) 
    鳩待峠(7:55) → オヤマ沢田代(9:40-55) →
           → 山頂(10:50-12:10) → 鳩待峠(13:55)
  鳩待峠(14:30) ⇒ 白根温泉(15:30-16:30) ⇒ 宇都宮(18:00)

同行者
  キクさん,Tさん,チコ

 昨年は,5月1日に大清水から尾瀬沼に行った。好天に恵まれて楽しい雪歩きができたのだが,この日きくさんたち至仏山に登っていた。雪の至仏山の素晴らしさを聞き,来年はぜひこの時期に至仏山に登ろうと考えていた。
 この時期の至仏山に登るには,いくつかの条件をクリアーしなければならない。
一つは,鳩待峠までの交通である。戸倉から鳩待峠までは冬季閉鎖される。除雪が済み開通するのは例年4月末であり,それ以降でないと鳩待峠まで入るのは容易ではない。二つめは,5月中旬から,環境保全のため至仏山が入山禁止になることである。
 今年は,
鳩待峠まで開通したのが4月28日10時で,至仏山の入山禁止は5月11日から始まる。残雪期の至仏山にはこのわずか12日間しか登ることができない。

 天気予報と,同行者の都合などを考えて,
5月3日の祝日に登ることにした。この時期は,マイカー規制が実施されて居らず,マイカーで鳩待峠まで行ける。駐車料金が2500円と,少し高いが,4人で行けば,タクシー代金よりずいぶん安上がりだ。
 今日は,
きくさんの車で,きくさんの運転で鳩待峠に向かった。開通したばかりの金精峠も,思ったより雪は少なかったが,菅沼付近で雪解け水が凍結している場所が何カ所かあり,緊張させられた。峠まで路面には雪はなかったが,峠直前の駐車場入り口周辺が,雪解け水が凍結しアイスバーンになっていた。駐車場は既に満車で,先行車が何台か,係員の指示でUターンしていった。既に路上には多くの車が駐車している。我々もUターンしなければならないかと思い,係員にたずねると,山荘前に1台分のスペースがあるから,真っ直ぐ行っていいという。ところが,そこへ行くには,目に前のアイスバーンを通過しなければならない。案の定,坂の途中で車輪が空回りして登ることができない。3人が車を降り,運転者だけで再度アイスバーンの坂に挑戦したが,ノーマルタイヤのFF車では,なかなか通過できない。困っていると,先ほどの係員が来て,2ndギアでアクセルをふかして行けば通過できるという。空転している前輪をそのまま高速回転させ続けると,車体が少しずつ前進していき,何とか通過することができた。路面に薄く氷が張っているだけなので,車輪の摩擦で氷を溶かしグリップ力を得るのだ。話には聞いていたが,さすがに地元の経験豊富な人のアドバイスは確実だった。 身支度をし,朝食を食べ,出発した。

鳩待休憩所前の駐車場  駐車場には雪はなかったが,周囲には雪の壁が。登山口の標識は半分以上雪の中。

 早速,雪の上を歩き始める。アイゼンは持ってきたが,付けずに歩いた。今日一日,アイゼンの出番はなかった。

 高度が上がって行くに従い,燧ヶ岳の姿が見えてくる。いつ見てもきれいな姿だ。

 更に高度が上がっていくと,至仏山の山頂が見えてくる。左のピークが小至仏山で,その前面をトラバースし,正面奥の山頂に向かう。

 先行者のトレースを辿る。木の根元は大きく穴が空き,春の到来を示している。


 思わず景色に見とれる。予想以上に快調なペースで登ってきたので,ゆっくりと時間をかけて景色を堪能した。
 後方には,日光白根山(奥白根山)の荒々しい姿が異彩を放っている。頂上付近には全く雪が見られない。

 山頂へ向かう多くの登山者が,砂糖に集る蟻のように見える。

 先行者のトレースに沿って,小至仏山の山頂から降る大斜面を慎重に横断する。足を踏み外せばどこまで滑っていくか分からない。

 山頂の手前で景色の中にとけ込んでいるきくさん
 山頂での記念撮影。山頂は岩が露出しており,雪は無い。


 山頂からの眺め。尾瀬ヶ原と,その奥の燧ヶ岳。左奥には会津駒ヶ岳



 真っ白な雪原真っ黒な川が蛇行している。川に沿って拠水林が続く。

    山の鼻の小屋群。望遠レンズで捉えると箱庭のように見える。


 山頂では,昼食を取りながら360度の大パノラマを心ゆくまで楽しんだ。1時間以上も山頂に留まり,十分満足して下山にかかった。しかし,そのまま一気に下ってしまうのが惜しいので,立ち止まっては景色を眺め,名残を惜しみながら下った。
 下りでは,登りのときより
更に雪が柔らかになり,海岸の砂浜を歩いているようだった。傾斜の急なところでは,靴のかかとをしっかりと食い込ませながら下らないと,雪と一緒に崩れ落ちてしまいそうだった。
 今日の
至仏山は登山者が多く,山頂で40〜50人が休んでいたことを考えると,今日一日の登山者は100人前後と想像された。登山者の過半数はスキーヤーで,スキー板やスノーボードを担いで登っていた。中には,シールを貼ったスキーでヒールリフターを立て,そのまま登っている人もいた。
 今日も,チコの足が心配だったが,雪道は意外と
足にかかるショックが少ないのか,少し痛んだ程度で山頂まで行くことができた。下山後も特に痛みはひどくならなかったので,一安心だ。
 今年の夏も,長期間の縦走は無理だが,
1〜2泊程度の山歩きならばできそうな状況だ。早速,いろいろプランを考えはじめた。

ページトップへ