紅 葉 の 尾 瀬

期日 2005年(平成17年) 10月10日(月)〜11日(火)


10月10日(月)

  宇都宮(3:50) ⇒ 御池駐車場(6:20)     御池(7:00) ⇒ 沼山峠(7:20)

    7:30     8:40-9:00     9:55    11:40-12:30    13:00
   沼山峠→(1:05)→長蔵小屋→(1:00)→沼尻→(1:30)→見晴→(30)→温泉小屋

10月11日(火)

   7:40      8:00      8:40-45      8:55-9:05      9:30      9:40
  温泉小屋→(20)→平滑ノ滝→(25)→三条の滝→(10)→御池方面分岐→(25)→うさぎ田代→(5)→段吉新道分岐→

        10:35       10:55       11:17    11:25    11:40-12:30   13:00 
   →(30)→シボ沢橋→(10)→渋沢温泉分岐→(30)→西田代→(15)→横田代→(15)→上田代→(25)→駐車場

  入浴(尾瀬御池ロッジ)  御池(14:00) ⇒ 宇都宮(16:45)


メンバー

   チコ,私


 毎年,10月になると,涸沢の写真が雑誌や新聞で紹介され,生の姿がTVで中継される。今までは,指をくわえて眺めることしかできなかったが,今年はぜひとも出かけようと,早くからその計画を立てて準備を進めた。山小屋が混雑するということで,テント泊をしようとテントを購入し,装備も必要な物を揃えた。
 しかし,事情により涸沢に行くことが難しくなったので,その代わりに
尾瀬でテント泊をすることにした。ところがこんどは,私が風邪をひいてしまい,計画は挫折してしまった。
 10月にはいると
TVの旅番組では紅葉の尾瀬を連日のように放送している。これを見て,平日ならば山小屋の予約も取れそうなので,平日小屋泊まりという計画で尾瀬行きを復活させた。

10月10日(月・体育の日)
  今日は3連休最後の日,明日は平日なので,温泉小屋の予約が取れた。しかし,紅葉期の尾瀬は,平日でもかなり混雑することは知っている。大半は日帰りハイカーであり,駐車場は早くから満車になる。御池駐車場が満車になると,麓の七入で止められ,七入からバスに乗らなければならなくなる。
 そこで,確実に,御池駐車場に駐車するため,宇都宮を4時に出発した。御池駐車場に着いたのは6時20分頃で,この時間では駐車場は2割程度が埋まっているに過ぎなかった。宿で一緒になった人の話などを聞くと,結局
この日は遅い時間でも全部御池駐車場まで上がることができたようだ。

 御池駐車場 

 御池駐車場から沼山峠へは,シャトルバスで向かう。通常の始発は7:00となっているが,混雑期は臨時ダイヤで運行しているようで,6:30にもバスが1台出て行った。私たちは7:00発のバスに乗った。バスの中では,ボランティアが,「ブナ林」について解説をしてくれた。「ブナもみじ」「ブナあらし」など知らないことも聞くことができ,よかった。
 沼山峠で身支度を調え,バスで一緒に来た人たちが出発した後,ゆっくりと出発した。尾瀬では木道の整備が進み,ほとんど土の上を歩かなくてもいいほどになった。おかげで,今日のような長雨の後でもぬかるみを歩くことが少なくなり,とても楽になった。しかし,濡れた木道はとても滑りやすく,注意しながら歩いたにもかかわらず,何度も足を滑らせ,尻餅をつきそうになった。かかとに重心を置くと滑りやすくなる。足の平全体で着地し,足を上げるときも,地面を蹴るのではなく,足の平全体で押すようにするとすべらないことがわかった。
 
シラタマノキ(左)                マイヅルソウの実(中)               ツルリンドウ(右)  

 もう
花の時期は終わり,咲いているものはツルリンドウなど僅かだった。シラタマノキの真っ白な実(これは萼片が肥厚したもので,本当の実はこのなかにある)と,ゴゼンタチバナの真っ赤な実が目立っていた。マイヅルソウの実は赤く透き通っており,思わず口に入れたいほど美味しそうだった。
 
大江湿原の草紅葉は終わりに近づいており,茶色を濃くしていた。ガスのかかった尾瀬沼を背景に立つ大江湿原三本唐松の姿は,いつ見ても絵になる。湿原の周囲の林にはカエデなどの色鮮やかな紅葉もあり楽しませてくれた。
 
大江湿原と,そのシンボル三本唐松

 途中で見つけたカエデ
       ツリバナ

 長蔵小屋で休憩した。いつもネットで見ている「尾瀬沼ライブカメラ」をみつけ,毎時11分に画像が更新されるので,それに写ろうかと思ったが,時間が中途半端だったので,諦めて沼尻に向かった。
 
白砂湿原   

 林間の道

 沼尻の少し手前を歩いているとき,沼の方からモーターボートの音が聞こえてきた。尾瀬沼では緊急時以外ボートの使用は禁止されているはずだ。何事かあったのかと見ていると,沼尻に着いたボートからスノーボートを脇に抱えた数人が降りてきて,そのまま尾瀬ヶ原の方に向かった。けが人がでたらしかった。
 
白砂乗越の少し先で先ほどの救助隊員がけが人の手当をしていた。スノーボートの上に乗せたけが人の左足に添え木をして固定していた。けが人の顔色は蒼白で苦痛に耐えていた。これから沼尻辺りまで移動し,ヘリコプターにでも収容するのだろうか。
 救助隊員が,「
木道がたいへんに滑りやすくなっているので十分に注意してください」と声をかけてくれた。あるいは,けが人も滑って転倒したのかも知れないと思った。
 見晴らしの手前まで来ると,時々晴れ間も見え,陽も射してきた。陽が当たると,紅葉が一斉に輝き出す。
 
見晴では,6月にテントを張ったテント場まで行ってみた。見えるところにはテントが1張り張ってあったほか,到着してこれからテントを張るのかと思われるグループが2グループほどいた。
 
原の小屋の休憩所に入り,「キノコ汁」を注文した。キノコ汁にはめずらしい「カノシタ」が入っていた。独特の香りがあるキノコで美味しかった。
 昼食を摂り,出発した。予定では,これから
竜宮まで行き,ヨッピ橋から東電小屋を廻って温泉小屋に行くことになっていたが,空模様が怪しくなってきたので,温泉小屋に直行することにした。
 
弥四郎小屋の前まで来ると,若い娘さんに声をかけられた。山仲間のボッカさんの娘さんだ。彼女が,山の鼻の至仏山荘に手伝いに来ているということは聞いていたが,まさかここで会えるとは思っていなかったのでびっくりした。
 下田代の草紅葉とシラカバ                                 温泉小屋の窓から眺めた紅葉
 温泉小屋には1時に着いたが,受付は1時半からということで,小屋の中で時間を潰した。温泉小屋には本館と別館があり,本館は全て個室で,個室料金が必要だ。ちなみに,今日は満室だという。
 別館の8畳間をあてがわれた。やがて船橋から来たという御夫婦が到着し,この部屋は
4人になった。十分に伸び伸びできた。
 温泉は,
自然に湧き出した鉱泉を加熱しているということで,入浴時間は3時30分から8時までということだった。沸くのを待って一番に入ったが,きれいな温泉で気持ちよかった。やはり,石けんやシャンプーは使えない
 夕食は,TVで放送していたものと同じで,
ブリの照り焼きが付いた。そのほかも美味しかった。熱燗の日本酒が600円だった。これからは生ビールではなく熱燗の季節だ。この温泉小屋の営業も10月15日までだという。冬がすぐそこまで近づいている。

10月11日(火) 
 夜は,小屋の周囲はガスに覆われていたが,夜明けとともに晴れていき,出発の頃には見通しが良くなった。
 温泉小屋のホームページに「
御池駐車場のコインを差し上げます」と書いてあったので,受付に言うとコインをくれた。御池駐車場は1回1000円なので,戸倉の駐車場が1日1000円なのに比べると安いが,コインをもらったので無料となった。自家用車族にとっては有り難いサービスだ。コインは水芭蕉をかたどった可愛いものなので,記念に写真を撮った。

 段吉新道三条の滝への分岐から先は道が細くなり,傾斜もになる。
 決して急いでいたわけではないが,ここまでに何組かを追い越し,ついに団体に追いついてしまった。 木製の階段が濡れており,滑りやすい。 ロープを使いながら一人ずつ後ろ向きで降りていくので,渋滞している。ここでは追い越すこともできないので,我慢してついて行った。
 紅葉は,三条の滝より平滑の滝の方がきれいだ。


 三条の滝は滝見台から眺めるが,標準レンズでは1枚の写真に納まらない。この写真は,2枚に分けて写したものを,「フォトステッチ」と言うソフトでつなぎ合わせたものだ。

 三条の滝から段吉新道までは,急な登りだ。しかし,滑りやすい木道よりは安心して歩けるだけ楽だ。

 途中で,団体に道を譲ってもらい,追い越してきたので,前後に人影が無く,静かにあるくことができた。 ブナの大木に混じったカエデがほどよく色づいて,とてもいい雰囲気だった。 紅葉は,陽の当たった葉を裏側から見るのがきれいだ。オオカメノキがきれいに色づいていた。

 シボ沢に架かる吊り橋。この橋の上から下流方向に平が岳を望むことができる。

 横田代
 写真が傾いているように見えるが,これは
湿原が傾いているためであり,写真はほぼ水平を写している。 
 上田代
 ここで
即席麺を作って食べた。先ほど追い越してきた団体が,木道を通りながら「おいしそう」と声を掛けて通り過ぎていった。どういうわけか,山で食べる即席麺はおいしい。



 上田代から駐車場はすぐだ。
 駐車場の車は,いっそう少なくなっていた。「
はとバス」の黄色い車体が3台停まっていた。東京から直行したのかと思い,運転手にたずねると,昨夜は何処かのホテルに停まってきたという。はとバスには,「尾瀬散策」コースもあるらしい。
 
尾瀬御池ロッジで入浴した。天然温泉ではないが,広い浴場でゆっくりすることができた。1人500円。 入浴後,帰路についた。

ページトップへ