閉じる
備 前 楯 山

2005年(平成17年)
下見10月30日(日) 当日11月3日(木)


コース・タイム
10月30日(日)
 自宅(7:50) ⇒ 粕尾峠 ⇒ 田元 ⇒ 赤倉 ⇒ 舟石駐車場(9:25)
  駐車場 → 山頂 → 駐車場
 駐車場 ⇒ 銀山平 ⇒ 粕尾峠 ⇒ 宇都宮(自宅)

同行者
 チコ

 11月3日の文化の日に,元の職場の仲間とハイキングに行くことになったので, 10月30日に下見に行った。
 備前楯山 自体は1時間も掛からないで登れる山なので,ゆっくりと自宅を出た。日光は混むだろうと思い, 粕尾峠を越えて足尾 に入った。案の定,カーラジオでは日光の渋滞を告げていた。
 粕尾峠 は紅葉の最盛期だった。特別なポイントはないが。粕尾側では対岸の紅葉がきれいで,何処かに車を停めて見物したいと思ったが, 適当な場所はない。足尾側では,紅葉のトンネルの中を走っていく。やはりここは隠れた名所だ。
 足尾の原向 で足尾バイパスに出たが,いつもは左折するところを今日は右折し,田元 交差点に向かった。田元の交差点を直進し,間藤から 赤倉に向かった。赤倉で左折するところを見逃し, 足尾砂防ダムまで入ってしまった。
砂防ダムを渡った対岸には,「銅(あかがね)親水公園」 があり,足尾環境学習センター がある。後日訪れてみたい。
 少し戻って,赤倉で松木沢を渡り,山道に入る。 松木沢を渡る橋の手前に新しい公衆トイレ がある。これを確認するのも,この下見の大切な目的だった。

 赤倉から,備前楯山の登山口である 舟石駐車場を通り,銀山平 に抜ける山道は,最近整備され,普通車でも通れるようになったが,赤倉と舟石の間は道幅が狭く,対向車との交換には苦労する。 11月3日にも,このコースを通る予定だったが,運転者が慣れていないだろうから, このコースを止めて銀山平からの往復にすることにした。
 舟石の駐車場 は,砂利引きだが,広く,かなりの車を停めることができる。通常では満杯になることはないだろう。 ここには,名前のいわれになった「 舟石」とその説明板が設置されている。

 駐車場から登り始めると,いきなり階段の急登だ。一気に登って尾根に取り付くと,視界が開ける。対岸の 山腹が見事に紅葉している。

 足元には,真っ赤に紅葉した葉を付けた幼樹が目立つ。特徴的な葉の形と,幹の緑色で, ウリハダカエデだと言うことが分かった。

 尾根づたいに少し行くとカラマツの林になる。 カラマツ の葉も色づき始めている。カラマツの葉が,風に吹かれ,一斉に落ちてくる様子は見事なものだが,まだ少し早いようだ。

 頂上までの道は尾根づたいで,明るく気持ちがいい。急な斜面には, 土留めの階段 が作られている。土が流れ去ってしまい,丸太だけがむき出しになっているところもあるが,概ねは歩きやすい。

 ゆっくり歩いたが,45分ほどで山頂に着いた。山頂は岩がむき出しになっており,反対側は切れ落ちている。 岩の上に腰を下ろすと,眼下に 松木沢と周辺の山々,そしてその奥には, 男体山を初めとする日光の山々が一望に見渡せる。 男体山の手前には社山 がそしてその左には黒桧岳 に続くなだらかな稜線が続く。更に左を見ると,皇海山 の三角おむすびのような山頂が手前の稜線から顔を出し,その左には庚申山 の岩壁がそびえている。

 山頂では即席麺 を作って食べた。陽が当たると暖かいが,陰ってくると途端に寒くなる。温かな麺が,特に美味しかった。
 時刻も正午に近づき,登山者が増えてきた。頂上には1時間ほど居て下山を開始した。


 駐車場には,足尾町の案内図 があった。分かりやすいので載せることにする。




11月3日には,予定通りハイキングを実施した。天気にも恵まれ,楽しいハイキングができた。
   自宅 ⇒ 集合場所 ⇒ 粕尾峠 ⇒ 銀山平 ⇒ 舟石駐車場 
     駐車場  → 山頂 →  駐車場 
   駐車場 ⇒ 銀山平(かじか荘・入浴) ⇒ 日光 ⇒ 宇都宮




 ページトップへ