閉じる
古 賀 志 山

2006年(平成18年) 1月9日(月/祝)


コース・タイム
 自宅 ⇒ 赤川ダム駐車場
  駐車場(9:05) → 北登山口 → 中尾根東端 → 559(11:20-30) → 東稜見晴(昼食) → 北登山口 → 駐車場(14:40)
 赤川ダム駐車場 ⇒ 自宅

同行者
 チコ

 今日は,良い天気に誘われて,古賀志山 に登ってきた。決して早い時間ではなかったのだが,駐車場 はまだ,ガラガラだった。

 赤川ダム湖の水面には氷が張っていた 。これは,かなり珍しいことだ。

 北登山口の橋を渡ったところから,右に入り,少し登ると 細野ダムのコンクリート堰堤の脇にでる。ここを登ると, 中尾根東端の岩場 にでる。今日は,その岩場を避けて,数十メートル左の斜面を登った。このルートの方が登る人が多いらしく,踏み跡もしっかりしている。 少し登ると,クサリが下がった岩場があり,これを登ると稜線にでた。おもしろみはないが,このコースの方が安全で一般的だ。
 稜線上を少し進むと,その2分の1ほどが崖からせり出している大岩 がある。 手がかり足がかりは少なく,高度感もあり,決してやさしくない所だが,かなり安定して登っている チコ


 中尾根分岐の手前で右側にトラバースし,559ピーク に東側から登った。 誰もいなく静かだったが,やがて2人ほどやってきた。
 559ピークから見た 日光連山  こんなふうにすっきりと見えるのは,ひと冬に幾日もない。

 奥白根山が,文字通り真っ白に見えた。


 559から斜面を南におり,少しヤブこぎして,尾根のルートに出た。更に,富士見峠から東稜見晴らしに出た。

 東稜見晴らし にはハイカーが多かったが,それでも今日は,少ない方だった。 東稜見晴で昼食にしたが,せっかく作ったラーメンを,半分ほどこぼしてしまった。火傷をしなかっただけ良かったが,注意しなければ。

 東稜見晴から,いつものコースを下った。二つめのくさり場を降りたところから, 更に南に進んで 南稜岩場 を下り,岩場の下から斜面をトラバースし,東稜コースに戻った。
 東稜の中程に「反省岩」 と呼ばれる展望ポイント がある。岩の上に立つと 中尾根の全体像が見える。正面左奥が 「クランクピーク」そこから右側のピークを通って手前に降りてくるルートがある。  この展望ポイントから,そのルートを通る人を見ることができる。

 いつも楽しみにしている赤川橋の袂にある梅の木はまだ蕾が固かった。

 ページトップへ