天 狗 岳

期日 2006年(平成18年) 3月5日(日)
 


コース・タイム
 3月4日(土) 
   宇都宮⇒伊勢崎IC⇒佐久IC⇒渋ノ湯(泊)
 3月5日(日) 
    渋ノ湯(7:15) → 八方台分岐(8:13) → 唐沢温泉分岐(8:35) → 黒百合ヒュッテ(9:20-40) →
      → 中山峠(9:51) → 東天狗岳(11:05-10) → 西天狗岳(11:35-45) → 天狗の奥庭分岐(12:16) →
      → 黒百合ヒュッテ(13:05-14:05) → 渋ノ湯(15:35)
   渋ノ湯 ⇒ 佐久IC ⇒ 伊勢崎IC ⇒ 宇都宮

同行者
   forestさん夫妻と娘さん,チコ

 Forestさんとは,2003年に剣岳に登ったときに同宿になって以来,おつき合いを続けてもらっている。おつき合いと言っても,それ以来会ったこともなく,もっぱらネット上のおつき合いだが,全てのことに前向きな生き方に感銘することがたくさんある。
 今回,一緒に行けることになり,ワクワクしながらその日を待った。

 
天狗岳へは,渋ノ湯温泉からのピストンが一般的であり,私たちもそうすることにした。宇都宮から登山口の渋温泉までは,車で4時間半から5時間かかる。なんとか日帰りができない距離ではないのだが,チョット贅沢に,渋御殿湯で前泊をすることにした。Forestさん富士宮市の近くに住んでおり,早朝出発で日帰りの予定だ。
 途中,八ヶ岳がきれいに見える場所があったので,路肩に車を停めて写真を撮った。今日は良い天気だが,明日も良い天気が続いてくれると良いのだが。
(写真をクリックすると大きな写真が見られます。)


 渋御殿湯は 天下の霊湯として知られ,年間を通じて営業し,定期バスも乗り入れている。小さな部屋にはコタツがあった。

 東館(本館)の温泉は伝統的な檜造りで三つの湯船がある。
長寿湯は31℃,御殿湯は26℃で,他に加温した上がり湯がある。三つの湯船全部に入ったが,長寿湯,御殿湯とも,入れないほどの温度ではなく,31℃の長寿湯などは,じっとしていれば,ほのかな暖かささえ感じることができる。まさに,霊湯だ。


 翌朝,「渋御殿湯」の前で,2年半ぶりにforestさんと再会。

 装備を調えて出発した。Forestさんの薦めもあり,Forestさんを除く4人はスタートから
アイゼンを付けて歩いた。

 登山道はしっかりと踏み固められており,足が潜るようなことはなかった。
 しかし,急傾斜で凍結したところもあり,アイゼン無しで歩くのは厳しい。



 尾根に出て,八方台からのパノラマコースに合流する。


 数日前に降った雪が解けてつららとなって下がっていた。春は,確実に近づいている。


 更に尾根伝いに進んで,唐沢鉱泉からの道を合わせる。



 高度が上がってくると,雪を被った遠くの山が見えてきた。 これは乗鞍山


 これは御嶽山


 素晴らしい景色に,しばらく撮影タイム


 黒百合ヒュッテ


 黒百合ヒュッテの前は,多くの登山者で賑わっていた。休憩を長く取ると寒くなるので,早々に出発した。

 中山峠


 中山峠を過ぎて稜線に出ると,途端に風が強くなる。


 雪に覆われたむき出しの斜面を,一歩ずつ,慎重に登る。風は容赦なく吹き付け,頬や鼻が凍傷になるのではないかと心配するほどだ。日射があるので,気温はそれほど低くはないのだが,風があるため,体感温度はかなり低い。

 妙高連山が見えた。左から,高妻,焼山,火打,妙高


 浅間山も姿を現した。浅間山は存在感のある,すばらしい山だ。

 蓼科山北横岳が見えた。足元には,黒百合ヒュッテの屋根が見える。


 東天狗岳へは,天狗の鼻を巻いて登る。雪の下に隠れている岩にアイゼンの爪を引っかけないよう,慎重に歩かなければならない。

 天狗岩を巻くと,東天狗岳の山頂が見える。もう少しだ。

 木の枝に雪が付いて,オブジェのようだ。
 東天狗岳の山頂はあまり広くない。


 南アルプスの名峰 左から,北岳,甲斐駒ヶ岳,千丈ヶ岳

 西天狗岳へは,一度鞍部に下ってから登り返す。西天狗岳は岩のゴツゴツした東天狗岳と異なり,穏やかな丸い頂を持つ。


 西天狗岳から東天狗岳を望む。
 西天狗岳記念撮影。左後ろに見えるのは阿弥陀岳


 西天狗岳から,赤岳,阿弥陀岳を望む。赤岳は八ヶ岳の主峰にふさわしく,厳しさを持って存在している。

 西天狗岳山頂から北八ヶ岳を望む。左端が蓼科山


 西天狗岳山頂を後にして,東天狗岳に向かう。

 再び鞍部まで下り,登り返す。


 鞍部から東天狗岳と天狗の鼻を望む。

 天狗の鼻は,東天狗岳の荒々しさを象徴する岩峰だ。

 天狗の奥庭から黒百合ヒュッテに下る斜面は,「シリセード」にもってこいの斜面だ。でも,今回はパス。お腹がすいていて早く昼食にしたかった。

 ヒュッテ前のテン場に腰を下ろし,遅い昼食にした。Forestさんが,わざわざ手作りし,持ってきてくれたビーフシチューをごちそうになった。絶妙な味と,口の中でとろけてしまう肉のおいしさを十分に堪能させていただいた。
 楽しい時間はあっという間に時間は過ぎた。1時間ほど居て,名残は尽きなかったが下山にかかった。




 風が吹くと,木の枝に乗っていた雪が落ちてくる。雪の粒に太陽の光が当たって,キラキラと輝いた。

 下りはあっけないほどに早い。登山口に着いたのは3時30分を廻っていたが,まだ日は高かった。


 Forestさんたちと,今日一日の山行をねぎらい合い,再会を約して分かれた。forestさんは静岡へ,私たちは栃木へと車を走らせた。

ページトップへ