閉じる
谷 川 岳 中退

2006年(平成18年) 4月9日(日)


コース・タイム
4月8日(土)
 宇都宮 ⇒ 高崎(Sさん宅)
4月9日(日)
 高崎(Sさん宅) ⇒ 谷川岳ベースプラザ 土合口駅 ⇒(ロープウエイ)⇒ 天神平駅 
  天神平(7:30) → 田尻尾根の肩(8:20) → 引き返し点(9:20) → 天神平(10:50)
 天神平駅 ⇒(ロープウエイ)⇒ 土合口駅  谷川岳ベースプラザ ⇒ 風和の湯 ⇒ 高崎(Sさん宅) ⇒ 宇都宮

同行者
 Sさん

 今日は,Sさんの案内で 平標山 に登る計画を立てていたのだが,数日前から新雪が積もり,無理な状況となった。更に, 三国峠のライブカメラ によると,路面には雪が積もりシャーベット状態になっていた。登山口までの安全も考え,行き先を 谷川岳に変更した。高崎の Sさん宅を5時過ぎに出発, 谷川岳ロープウエイの駐車場には7時少し前に着いた。
 谷川岳 も今年は雪が多く,更に新雪が積もっていると言うことで 西黒尾根はとても無理と判断し, 天神尾根を往復することにした。
 前橋ICから関越道 に乗り北上してくると, が降り出してきた。水上ICで関越をおり 谷川岳に向かうと雨が みぞれ になり,に変わった。
 とにかく,ロープウエイ 天神平 まで行き,そこで判断することにしてロープウエイに乗った。
 新しいロープウエイには,駐車場から連絡通路 を通れば外に出ないで乗り込むことができる。

 ゴンドラも,進行方向の窓には雪がへばりつき, 何も見えない 状態だ。 こんな天候なので,乗客は殆どいない。

 天神平 で新しくできた駅舎の外に出てみると, 視界はかなりあり,風もかなりあるが歩けないほどではない。そこで,まず, 熊穴沢避難小屋 まで行ってみることにし,その後はそこで判断することにした。

 先行者が10人ほど,ゲレンデを横切って 田尻尾根の肩を目指して登っている。まだ スキーヤー は滑り始めていないので,我々もその後に続いた。
 ときどき強い風が吹き,先行者のトレースを消してしまう。 僅かに残ったトレースや地形を判断し,Sさんが慎重に進んでいく。私はその後に従った。
 途中で,東京から来たという単独行の男性 と一緒になった。66歳といっていたこの男性とは,この後行動を共にした。
 田尻尾根の肩 に出ると,風が一段と強くなる。この付近で 新雪が40cm ほど積もっている。トレースを外すと,腰まで潜り,はい上がるのに一苦労する。

 先行者との距離はそれほど離れているわけではなく,その姿は確認できるのだが, 強風のためトレースは殆ど消えてしまっている。
 風が収まると視界が開け,かなり先まで見通せるようになる のだが,それでも 山頂を見ることはできなかった。

 尾根の最上部は風が強く,新雪がとばされ 古いトレース が有るのだが,そこは雪庇 に近く,そこを歩くのはチョット危険だ。Sさんの判断で,尾根の最高点から少し下がった 樹木の生えている所を進んだのだが,雪が深く,ほとんど腰まで潜った。風雪がますます強くなり, ホワイトアウト になる時間が長くなってきた。
 先導していたSさんが手で× 印を作り,これ以上の進行を止めると判断した。私も,適切な判断だと思い同意した。


 退却を開始したが,自分たちが付けた足跡さえ,見えなくなっているところもある。 少し戻ったところで,10人ほどの 中高年グループとすれ違った。彼,彼女たちは, 雪庇に近いところにある 古いトレース の上を歩いてきた。殆ど潜らないので快適に歩いてきたようだったが, その場所の危険をどのくらい分かっていたのだろうか。
 それからも,何組かのグループ とすれ違った。スキーを履いたり,スキーやスノーボードを背負っているグループが多く,中には, 空身でスノーボードを小脇に抱えた若者のグループもあった。彼らがどこまで行こうとしているのかは分からなかったが, 強風が吹き付け,ときどきホワイトアウトになる山に登るには,あまりにも無謀だと思った。
 殆ど飲まず食わずで天神平 まで戻ってきた。 ロープウエイ駅 の前でザックを降ろし,パンを食べ,暖かい紅茶を飲んだ。 やはり,じっとしていると寒さがこたえる。早々に駅舎に逃げ込んだ。

 ページトップへ