尾 瀬 沼

期日 2006年(平成18年) 4月26日(水)
 

沼の上を歩くのは,基本的に危険な行為です。
実行する場合は,氷の状況を的確に
判断し,安全のための準備をし,
個人の責任によって実行してください。

コース・タイム
  宇都宮(5:20) ⇒ 金精峠 ⇒ 大清水(7:20)
   大清水(7:55) → 一の瀬(9:10-20) → 岩清水(10:00-10) → 三平峠(11:00-05) → 三平下(11:20-25) → 長蔵小屋(12:23)
   長蔵小屋(13:15) → 三平下(13:40) → 三平峠(14:10-15) → 岩清水(14:45) → 一の瀬(15:15-20) → 大清水(16:15)
 大清水(16:25)⇒寄居山温泉センター(16:50-17:40)⇒金精峠⇒宇都宮(19:30)

同行者
  キクさん,チコ

 尾瀬沼は,冬季全面結氷する。結氷というより,雪で埋まると言った方が適切なのかも知れないが,この時期には,沼の上を歩いて渡れるようになる。
 このことは,ずいぶん前から知っていたが,今までそのチャンスが無く,実現できずにいた。
 
尾瀬沼に入るには,大清水まで車で入るのだが,大清水までの道路が開通する時期と前後して,尾瀬沼の氷が弛み,上を歩けなくなる。どちらが先になるかは,その年の積雪量や気温の変化によって変わってくる。ここ数年は地球温暖化の影響か,暖冬のために,氷の弛みが早く,GWには渡れなくなることが多かった。私が一昨年の5月1日に行ったときには,沼の表面には,雪が解けた水たまりがたくさんできており,危険な状態だった。
 尾瀬沼には福島県側の
沼山峠から入ることもできるが,沼山峠まで車が通れるようになるのはもっと後になる。ちなみに,今年は5月19日開通の予定である。
 今年は,大清水までの道路が開通したのが
4月21日(金)で,金精道路が開通したのが4月25日(火)だった。我が家のある宇都宮から大清水に行くには,金精道路が通れないと,関越道経由で大変な遠回りになる。
 天気予報も確認しながら,
4月26日実行と決めた。

 宇都宮の自宅を5時20分に出発し,金精峠を抜けて大清水の駐車場に着いたのは7時20分だった。ちょうど2時間かかった。金精峠の栃木県側の雪は少なかったが,群馬県側には最高で2mほどの雪の壁ができていた。壁の近くでは溶け出した水が凍っており,緊張させられた。
 大清水までの道路では,勿論,路面には雪はなかったし,周囲の斜面の雪も殆ど溶けていた。 大清水の駐車場には10台ほどの車が停まっていたが,人影はなかった。私たちが準備をしていると,1台の車がやってきて,私たちより先に出発していった。


 大清水から一の瀬に向かう林道には雪がたっぷりと残っていた。  平均して1m以上の積雪だった。

 一ノ瀬の休憩所は屋根まで雪に埋まっていた。
 一ノ瀬の橋にもたっぷりと雪が載っており,雪の重みに必死で耐えているようだった。橋の上で3m程度の積雪量だ。 橋を渡るといよいよ山道になる。

 山道に入って直ぐ,雪の斜面をトラバースする。足を滑らせれば,下の流れまで落ちるのは確実で,緊張させられた。

 再び林道に出たところが,岩清水だ,この湧き水も今は雪の下だ。 

 岩清水から急斜面をよじ登り尾根に出ると樹間に燧ヶ岳が見えてくる。
 この稜線上で1カ所だけ
至仏山が見えるところがある。頂上だけが僅かに見えるのだが,真っ白な,見覚えのある山の形を確認した。
 三平峠の看板は雪の下で杭の頭だけが僅かに顔を出していた。 

 三平下まで降りると,目の前に真っ白な尾瀬沼が広がっている。なんとも荘厳な光景だ。

 このような状態ならば,問題なく歩けると判断したのだが,練習の意味もあり,アンザイレンして歩くことにした。 先行者と同じ場所を踏まないようにするため,横一列に並んで歩いた。

 沼の真ん中で記念撮影
 長蔵小屋は営業をしていた。 小屋の前の雪はほぼ屋根の高さまであった。 

 小屋の前に腰を下ろし昼食にした。
 環境省の「インターネット自然研究所」が全国各地のライブ画像を提供している。その中に,尾瀬沼ビジターセンターから燧ヶ岳方向を写した画像がある。カメラは,ビジターセンター隣の建物の壁に取り付けられており,一年中1時間おきの画像を送り続けている。私も毎日一度はチェックするサイトで,画像もきれいで素晴らしいものだ。毎時11分に撮った画像が送られるので,きょうは是非とも写ろうと考えた。12時11分には間に合わなかったが,13時少し前に食事の片付けも終わったので,カメラの前に移動し,その時間を待った。念のため13時12分までそこにいて,帰路についた。
 長蔵小屋から沼の縁に沿って三平下まで歩いたが,途中で不気味なものを見た。氷が直径10mくらいの円形に陥没したところだ。中央で1m以上落ちている。ここは,沼の周囲の湿地帯で,地熱のため(あるいは流れがあり)氷の下が溶かされて空洞になり,陥没したらしい。「ドボン」と水の中に落ちるような場所ではないが,危険であることに変わりはない。



 三平峠から降りてくる途中で,スノーボードで下ってきた10人ほどの若者のグループと出会った。私たちが長蔵小屋から戻るとき,沼の中央付近にいたグループだった。話を聞くと,前日に大清水から長蔵小屋に入って一泊し,今日はボードを担いで燧ヶ岳に登り,ボードで滑って下ったあと,沼を横断し,三平下から三平峠を越えてきたのだという。最後尾には一人だけスキーを履いた年長者がついており,どうやら彼が指導者らしい。グループとしての統率も取れており,メンバーの装備もしっかりとしていた。滑る姿はもちろんだが,彼らの姿そのものが爽やかだった。

 鎌田にある「
寄居山温泉センター」で汗を流して帰宅した。こぢんまりとした温泉だが,清潔で気持ちいい温泉だった。
6時頃に金精峠を越えたが,雪が舞っていた。

ページトップへ