閉じる
庚 申 山 コウシンソウ

2006年(平成18年) 6月10日(土)


コース・タイム
 宇都宮(4:10) ⇒ 銀山平(P)(5:10)
  銀山平(5:25) → 一の鳥居(6:15-35) → 鏡石(7:00) → 猿田彦神社跡(7:35) → (お山巡りコース) → 分岐(9:35) → 山頂(10:40-50) → 庚申山荘(11:35-12:15) → 一の鳥居(13:05) → 銀山平(13:50)
 銀山平(14:05) ⇒ 宇都宮(15:20)

同行者
 単独

 この週末は,尾瀬に行く計画があったのだが,天気予報が悪いことと,同行者の都合が悪くなったことで,中止した。
 ところが,天気予報が良い方に変わってきたので,足尾の庚申山 に「コウシンソウ 」を見に行くことにした。チコは脚の具合が思わしくないので,今回は私の単独行となった。 
 宇都宮市内から環状道路,宇都宮北道路,日光バイパスを通り,日足トンネル を抜けて銀山平までちょうど1時間だった。
 駐車場 には既に3台ほどの車が停まっていた。身支度中の若いカップルがいたので声をかけたら,これから沢に入るのだという。 大きなザックを背負っており,途中でビバークでもするのだろうか。
 ゲートを抜けて舗装道路を歩き出す。いつも感じるのだが,この歩き始めがきつい。 舗装道路ではあるのだが,傾斜がきつく,かなり疲れてしまう。 今日は荷が軽いので,快調に歩くことができた。道が右側に大きくカーブすると,正面奥に 尖った山が見える。この山は,鋸山から少し南に下がった所にある, 1835.9m三角点 のあるピークで,このピークを南に降った所が六林班峠だ。

 一の鳥居の先にある「 庚申七滝」のベンチでおむすびを2個食べ,朝食とした。
 水ノ面沢(ミズノツラサワ) に沿って登っていく。初めのうちは傾斜も緩く,新緑を全身で味わいながら楽しい山歩きだ。
  鮮やかだが,優しい緑色

 猿田彦神社跡から右に折れ,「 お山巡りコース」に入った。
 急な斜面を一登りすると,尾根に出る。尾根ではシロヤシオ が出迎えてくれた。  

 高度が上がってくると,視界も開けてきて,雲海の上に筑波山 が浮かんでいた。



 鉄ハシゴや階段が出てくるようになると,ピンクの可愛い花が目に飛び込んでくる。 ユキワリコザクラだ。別名「 雪割草」ともいう。 
 ユキワリコザクラは垂直の岩壁に,僅かな 水分を見つけて根を生やしている。  花の形は,ハクサンコザクラと同じだ。


 右側の岩壁 に沿って進んでいくと,突然道が崩れて通れなくなっている。ここを渡るのは命がけだ。 少し下に巻き道らしい踏み跡があるので行ってみたが,岩の壁で行き止まりだ。やはり,あの場所を越えなければならないのか。 少し戻ってさらにまわりを見渡してみると ,遙か下に吊り橋 が見えた。どうやら,そこが本来のルートのようだ。

 来た道を戻りながら分岐点 を探した。分岐点は見つかったが,標識らしいものは何もなかった。 一度降り,岩壁の基部を巻いて再び登っていく ようにコースが作られていた。このコースを下山に使う場合には,間違うことはないのだろうが, 登りに使う場合,どうしても分岐点では 登っていくコース を選んでしまう。例にもれず,間違い道の方も踏み跡はしっかりと付いている。
 コウシンソウ は岩壁に付いているため,どうしても岩壁に近づく道を選んでしまう。この後ももう一度ミスコースをしてしまった。 
 十分に注意をしながら,丹念に見て歩いたのだが,「お山巡りコース 」では,コウシンソウ を確認することはできなかった。もう一カ所,山頂に向かう登山道の近くに コウシンソウ の生育場所があるので,そこに行ってみることにした。そこは,数年前に,ある人に教えてもらった「 秘密の場所 」だったのだが,今はそこへ行く踏み跡もしっかりとできており,もはや秘密の場所ではなくなっていた。 荒らされないことを祈るしかない。 
 コウシンソウは, ムシトリスミレ の仲間で,内側に巻き込んだ葉の内側に粘液を分泌し,小さな昆虫などを捕らえて栄養にしている。  図鑑によれば,庚申山など,北関東の一部に生育する固有種で,同じものは他にはない。 葉の長さは7~15mm,花茎の長さは2cm~8cmとなっているが,この写真に写っているものはもっと小さい。 葉の長さは5mm,花茎は10mm程度 だ。開花するまでに,もう少し伸びるだろうが,それにしても小さい。 

 カメラの「スーパーマクロ 」という機能を使い。最大3cmまで近づいて撮影した。 










 庚申山 には何度も来ているので,ピークを踏むことにこだわってはいないが,せっかく来たのだから,一応山頂まで行くことにした。 山頂では満開の アズマシャクナゲが迎えてくれた。


 良い天気に恵まれ,楽しい山歩きをすることができた。目標とするコウシンソウの写真も撮れたし,満足した山行だった。 何度か歩いた道でも,歩いてみることで新しい発見があるのには,自分自身驚いた。これが,自然の魅力の一つなのだろう。

 ページトップへ