閉じる
尾 瀬 テント泊

2006年(平成18年) 7月8日(土)-9日(日)


コース・タイム
7月8日(土)
 宇都宮(4:00) ⇒ 御池(P)(6:30) 御池(7:00) ⇒ 沼山峠(7:20)
  沼山峠(7:30) → 長蔵小屋(8:50-9:20) → 沼尻(10:10-25) → 見晴着(11:50) 見晴(13:10) → 竜宮 → 見晴(15:30)
7月9日(日)
  見晴発(6:00) → 赤田代(6:45-55) → 平滑の滝(7:00-05) → 三条の滝(7:45-55) → 兎田代(8:45) → 駐車場着(11:51)
 御池 ⇒ 檜枝岐(アルザ尾瀬の郷) ⇒ 宇都宮

同行者
 キクさん

 ほぼ1年ぶりの尾瀬テント泊だ。昨年の6月25日に 鳩待峠からアヤメ平を経由して見晴に幕営,翌日,東電小屋,ヨッピ橋を経て鳩待峠に戻るコースを辿った が,好天に恵まれ楽しい山行だった。このときはチコと2人だったが,今回はキクさんと2人, それぞれがテントを担いでの山行となった。

 7月8日(土)
 宇都宮を4時に出発し,鬼怒川温泉経由で御池 に向かった。途中は雨が降ったり止んだりだったが,2時間半ほどで御池に着いたときには雨は降っていなかった。軽く朝食を食べて 7時発のシャトルバス に乗った。バスは,ハイカーでいっぱいだったが,私たちのように大きな荷物を持った人は他にはいなかった。  沼山峠では同じバスに乗っていた人たちを見送り,最後に歩き出した。
 沼山峠の展望台にある看板は,雪のためか大きく傾いていた。


 かつては,この展望台から 尾瀬沼 が大きく見渡せたのだが,今は樹木が生長してしまい,見晴らしは良くない。


 ゴゼンタチバナ  

 マイヅルソウ

 マイヅルソウの群落があった。

 ウラジロヨウラク 花柄や萼に白毛があるのが特徴

 エンレイソウ

 オオバタケシマラン  タケシマランより大型で,花の付き方が違う。

 ワタスゲとニッコウキスゲ   ニッコウキスゲは,まだ少し早かったのか,数輪しか咲いていなかった。

 タテヤマリンドウ   曇っているときや雨のとき,朝夕の時間は閉じてしまう。

 ツマトリソウ ツマトリソウ は7枚花びらという珍しい花だ。今回の尾瀬では,特に目立った。


 大江湿原のシンボル「三本唐松 」。この姿を見ると「ああ,尾瀬に来たんだ!」と思う。


 ハクサンチドリ  この時期特に目立つ花だ。色に濃淡がある。

 オオバタチツボスミレ  タチツボスミレの仲間だが,葉だけでなく花も大きい


 ウワミズザクラ シウリザクラ より雄しべが長い 

 ミツガシワ ミツガシワは花序の最高部が僅かに咲き残っていた


 レンゲツツジ ツツジが育つと言うことは,湿原が乾燥してきている証拠

 チングルマ チングルマ は殆どの花は終わってしまい,綿毛になっていた。


  ヒメシャクナゲ 尾瀬の代表的な花の一つ 

 ショウキラン ショウキランは, ギンリョウソウ と同じく,葉緑素を持たない寄生植物だ。


 オオバミゾホオズキ 

 オゼタイゲキ 尾瀬大戟 と書き,ナツトウダイ の仲間だ。尾瀬には多いのだが,あまり目立たない


 見晴 に着いたのは正午少し前。まず,テントを張り,キクさんの担いできた缶ビールで乾杯した。昼食を食べてから, 竜宮まで散歩 に行くことにした。空には黒い雲が湧き,雨の心配があったのだが, 降りそうになったら引き返すことにして,カメラだけを持ってでかけた。
 竜宮の十字路 にはベンチがたくさんある。今日はハイカーがあまり多くはなく,ベンチが満員になることはなかった。 そこで,隅の方のベンチに寝そべり,空を眺め,山を眺め,花を眺め,ハイカーの列を眺めた。 1時間ほどいて,いよいよ空模様が怪しくなってきたので帰ることにした。案の定,途中でパラパラと雨が降ってきた。 それでも濡れるほどでもなくテントに戻ることができた。テントの中でゴソゴソしていると,ひとしきり強い雨が降った。
 見晴テント場の炊事場は,昨年6月に来たときには傾いており, 倒壊しかかっていた 。10月に来たときにもそのままだったので,今回テント場を使うに先立ち,テント場を管理している「 燧小屋」の連絡先に電話をして確認した。「 使えますよ」という返事だったので安心していたのだが,来てみると 炊事場は完全に倒壊していた。
 水は,すぐ隣にある環境省の「無料休憩所」 の水道が使えるので不便ではないが,休憩所の屋根の下では火気使用禁止なので,雨のときなどは,火を使う場所がない。
 どうしようかと考えているうち,雨も上がってきたので,付近の散歩に出た。かつては「 尾瀬銀座 」と言われていたくらいハイカーで賑わうところだが,その片鱗を感じることができた。最も原に近い「 弥四郎小屋 」の前にベンチがあり,そこならば,火を使えそうなので,そこで夕食にすることにした。 実は,そこに決めた最も大きな原因は,そこで 生ビール が飲めると言うことだった。二人ともお代わりしてたっぷりと飲んだ。
 7時頃テントに戻り,早速と横になった。ところが,先ほど空気を入れたはずの エアーマット がぺちゃんこになっている。もう一度空気を入れてみると,なんと,空気が漏れているではないか。表面に 1cmほどの裂け目 がある。どこで傷を付けたのかは分からない。しかたないので,そのままそこに横になった。 この時期なので,地面の冷たさはさほど問題にならないので良かったが,寒い時期ならば大きな問題だ。 出発前の点検をしっかりしなければと肝に銘じた

 竜宮小屋 から山の鼻の方に向かって数十メートル行ったところで,2本の木道が左右に分かれるところがあるが,この木道の間に ナガバノモウセンゴケの大群落がある。
 ナガバノモウセンゴケ は,尾瀬と鬼怒沼に見られる希少種だ。 モウセンゴケはスプーン状の葉の,丸い部分にだけ繊毛があるのに対し, ナガバノモウセンゴケでは細長いへら状の葉に繊毛が生えている。

 この時期の尾瀬ヶ原の「女王」はこのトキソウ だ。その清楚な美しさは,群を抜いている。よく似たサワラン は,色が濃いことと,花が殆ど開かないことなどで,区別できる

  ヒオウギアヤメ 葉が 檜扇をイメージするので,この名前が付けられた。 アヤメ では,外に垂れ下がる3枚の大きな花びらの間に,3枚の細長い花びらが垂直に立つが, ヒオウギアヤメではそれがないか小さい。


 ワタスゲの群落 はみごとだ。もちろんこれは花ではなく,花の咲いた後の種子の綿毛だ。

  池塘に写る至仏山は,尾瀬を代表する風景だ。 池塘の ヒツジグサはまだ咲いていなかった。


 チングルマの綿毛 。 チングルマという名前は,この綿毛がイメージする「稚児車」が転化したものという。

 カキツバタ,アヤメ,ヒオウギアヤメは花びらの模様が違うので区別できる。  これは,花びらの中央のラインが白いのでカキツバタ 。 ノハナショウブの場合は黄色のライン。


 ツルコケモモ とても小さい花だが,花の形が特徴的で可愛い 

 モウセンゴケ  一般的なモウセンゴケは,尾瀬の湿原にはいたるところにある。



 7月9日(日)
 夜中に雨粒がテントをたたいたが,朝には雨は上がり,テントの撤収もスムーズに行えた。 特に急ぐつもりはなかったのだが,6時には歩き始めていた。 空模様 が怪しく,レインウエアを着ようかどうか迷ったのだが,結局,レインウエアは着けずに歩き出した。  三条の滝の分岐点に荷物をデポし,滝の展望台へ向かった。
 三条の滝は水量も多く,迫力があった。



 三条の滝分岐から,段吉新道 との合流点までが急な登りで辛かった。
 雨が降りそうでも,何とか降らずに持ってくれていたのだが,シボ沢にかかる大吊り橋を渡る頃になって,ついに 雨が降ってきた
 強い降りではないのと,樹木の下では雨が落ちてこないことなどから,レインウエアは着けずに,傘を差して歩くことにした。 雨は降ったり止んだりしながらもあまり強くはならなかった。最後は傘も差さずに歩いた。

 駐車場に着いたのは正午少し前だった。

 尾瀬アルザの郷で入浴し,隣の食堂で昼食にした。

 雨に降られるのを覚悟して出かけた割には,強い雨にも遭わず,たのしい山行だった。

 ページトップへ