閉じる
奥 白 根 山

2006年(平成18年) 7月26日(水)


コース・タイム
 宇都宮(6:00) ⇒ 菅沼(P)(7:30)
  菅沼P(7:45) → 弥陀が池(9:50-10:15) → 山頂(11:25-35) → 昼食(11:55-12:40) → 弥陀が池(13:30) → 菅沼P(15:15)
 菅沼 ⇒ やしおの湯 ⇒ 宇都宮

同行者
 forestさん夫妻,チコ

 2003年夏に劔岳に登ったとき,剣山荘で同室になり, その後おつき合いを続けてもらっている人がいる 。静岡県の富士宮市の近くに住んでおられるforestさん だ。
 forestさんご夫妻 は,毎年7月下旬に夏休みを取り,御夫婦で山歩きをされている。昨年は 立山室堂から薬師岳,雲の平,野口五郎岳を廻り高瀬ダムに降りて来る という大縦走をやっている。今年は,南アルプスの縦走を計画していたのだが,梅雨明けが遅れ, 長雨で道も荒れているという情報から,山行を中止し,ドライブ旅行に出た。
 白馬のペンションに宿泊しているforestさんに電話をし,ぜひ, 我が家を訪ねて くれるようお願いした。早速,翌日,forestさんご夫妻が我が家を訪ねて来られた。
 その晩は,我が家に泊まってもらい,翌日,奥白根山に案内することにした 。前日までの予報では,この日が唯一傘マークが無い日 だった。チコは,先日痛めた肋骨がまだ治ってはいないが,行けるところまで同行することにした。

 宇都宮の自宅を6時に出発したが,素晴らしい天気だった。登山口についても,雲一つ無い青空が上空一杯に広がっていた。
 登山口には10台 ほどの車が停まっていた


 少し登ると,足元に菅沼が見える。 forestさんご夫妻


 弥陀ヶ池はいつものように静かだった。

 陽射しが強力に照りつけていた。 いよいよ山頂を目指してガレた斜面 を登る。

 ハクサンシャクナゲは花期を過ぎていたが,少しだけ散らずに残っていた。

 高度を上げていくと,遠くの山が見えてくる。 中央左よりの高い山は, 燧ヶ岳 


 パノラマ写真 (写真をクリックすると拡大します)



 山頂での記念撮影。


 いつもは,写真撮影の順番待ちをするほど混雑する頂上だが,この日は誰もいなかった。
 カメラのシャッターを切ってもらうため,次の人が登ってくるまで少し待たなければならなかった。
 予想外の良い天気に恵まれ,久しぶりに会えたMさんご夫妻と楽しい山歩きができた。 チコも,足の痛みはあったが,一緒に歩くことができた。

 帰路,「やしおの湯」で汗を流し,我が家に戻った。

 良い天気の中,forestさんご夫妻と楽しい山歩きができ,それも, 栃木県の最高峰(群馬県との県境だが)に案内できて満足の一日だった。
 今度は,私たちがforestさん宅を訪れてみたい。たのしみにしていることがたくさんある。

 ページトップへ